休息

 一気に冬になった北海道です。12月なみの寒気が入り、15℃前後あった気温が、一気に0℃前後に。雪も降りました。とても唐突でグッと寒かった今年の初雪です。

 2日(月)、みかん夫が休みが取れたので、久しぶりに2泊3日で旅に出てきました。場所はニセコ。
 特に何も予定を立てず、場合によっては、温泉に浸かってただただお部屋でのんびりでも。。。とさえ思っていた私。それでもひとまず出かけてみた2日目、迎えてくれたのは、きれいなカラマツの黄葉でした。
d0016007_22565112.jpg




 私の中に「カラマツは美瑛」という思い込みがあったのですが、「そうか、ここにも!」という感動でした(いえ、たぶん、どこででも見られます^^;)。その後は、なんとなく「この道」と思った道を走ってみては、出会った景色に感激する、その繰り返しでした。

 この旅の間、天気予報によれば、お天気が雨や雪ばかりだったので、紅葉も終わり、山も見えないとなると、「はて。ニセコでは何をすればいいんだ?」と思いつつ出かけたドライブ(とても失礼な話ですーー;)。思ったより天気は良く、後半は羊蹄山ぐるっと一周ドライブへ。雲の入り方によって、見える場所があるかも。。。と期待して。そして一瞬、真狩あたりで見えて「ヤッター!」と思って戻ってみれば、なんとお宿近くでもこんなに美しい。
d0016007_23153940.jpg
 充分です。ありがとう。

 
 どこかへ行きたいわけでもなく、ただただ「休みたかった」私の思いのまま、数日前にバタバタと、これまた私の憧れ、「露天風呂付客室」を探してもらって、「手ごろで行きやすく、賑やかこみかんも大丈夫そうなお宿」として見つけてくれたのが、湯元ニセコプリンスホテル ひらふ亭でした。

d0016007_2321177.jpg お部屋のお風呂は自由で気楽で、それはそれは快適でした。しかも、帰る日の朝は、雪見付。時々チラッと姿を見せてくれる羊蹄山が、ずっと焦らされていた分ラッキーな気持ちにしてくれる♪ うーん、贅沢。
 お食事もバイキングでしたが、おいしいし、何より、こみかん付なので、彼もみかん夫も私も、みんなそろってお腹一杯になれるのがありがたかったです。子どものお食事イスもあり(小さな赤ちゃん用のラックもありました)、まだまだ手づかみで豪快な食べっぷりのこみかんが派手に汚しても、「いっぱいおいしく食べてくれた証でよかったです」とのお言葉。子連れには本当にありがたかったです。

 普段私たちが泊まるお宿とは違うタイプでしたが、「こんなのもいいね」とみかん夫と意見が合いました。大満足です♪


 さて、旅といえば食道楽。。。といきたいところだったのですが、バイキングでお腹はぽんぽん。ランチは結局まともに食べずで終わってしまいました。うーん。この時ばかりはギャル曽根ちゃんの胃が欲しかった!

d0016007_23354727.jpg ランチはダメでも、せめておやつくらい!行きたかったお店、ひらふ亭からも近い、ジェラートのお店Ruhielへ。今回いただいたのは、この時期らしいりんごと柿。
 私が果物系のデザートの感想の中で一番信用できないと思うコメントが、「本物の果物よりおいしい」というもの。だって、生のフルーツに勝るおいしさなんてあるわけないじゃん。。。ところが、こちらのジェラート、食べたとたん、「果物よりおいしいかもしれない」と思ってしまいました ̄▽ ̄;)。それくらい、素材の味が活きている。そして、それをじゃまする物がない。
 旅ではいろいろ食べたいので、同じ物は一度しか食べない私が「もう一度食べたい」と思ったジェラートでした。オススメです!


 あてもなく、ただ休みたかった今回の旅。予定がなかったからこそあくせくすることなく、そして、あらたに見つけた素晴らしさ。連泊だったのもあり、身軽でのんびり。こんな旅も最高ですね。
[PR]
by haretahi | 2009-11-03 23:54 | 北海道(道央)
<< 一瞬で 名寄銘菓 >>