そしてまたユリ

セキュチリティーソフトの関係でアップできなかったのですが、やっと解禁になったのでおいおいしていきますね。早速「23:59」でいきま~す。

札幌の大通公園のとうきびワゴン、とうとう冷凍から今年取れたものに変わりました。ビアガーデンのお供にどうですか。まだまだスーパーでは高めですが道内産も出回りつつあります。あま~いとうきび(とうもろこし)楽しみです。

d0016007_14525433.jpgさて、金曜日にまたも百合が原に行ってきました。(月曜からはお出かけがビミョーになってしまうことを思うと、やはり出られる時に出たいという気持ちが強いです。もう、この時期のお出かけはわれながら病気です。)
リリートレインの駅のところにその線路に沿うように黄色い花たちが力いっぱい咲いていました。とても絵になります。d0016007_14223856.jpg百合が原公園は一種類ずつさまざまな種類のユリがいたるところに植えてあって、それらを一つずつ眺めるのも楽しいのですが、こんなふうに色のコントラストを楽しめるアートな雰囲気のところもあります。もちろん一つずつ近くによって眺めることも出来ます。まだまだこれも7部咲きくらいでしたが、離れてみるとなかなかでした。いかにもプロっぽい人がニュースか新聞にでも使うのか、さまざまな角度から撮っていました。プロだとどんな写真になるんだろう。。。



あぁ、いくら紹介しても足りません。選ぶのも苦しくなってきました。
d0016007_143425.jpgジュビリオ
ユリらしいユリが空を仰いで咲いています。白い花はこんなに咲いていても清楚な雰囲気があります。

d0016007_1437223.jpgデリアナ
不思議な形の花です。蕾が開きたての頃は普通の形なのですが、いっぱいに開くと上の部分が二つに割れて扇型になるようです。

d0016007_14392822.jpgジョンディックス
普通のユリが見事に反り返った感じの花の開き方です。そうなるとちょっとドーナツのようでコバラが減ります。

d0016007_1441541.jpgルノアール
優雅な雰囲気が漂う花です。蕾ははじめ緑色で、開く直前になると小豆色に変化するようです。カメラの液晶画面を見ていて、蕾たちと花が高級な和菓子に見えてきました。

d0016007_14435699.jpgレイクタホ×チェリーウッド
アメリカンハイブリッドと名札にはかかれてありましたが、それぞれの地方のユリの掛け合わせなのかしら?(すいません。不確かです。)レイクタホ。。。カリフォルニアの北にある大きな湖です。かつて冬季オリンピックがあった場所。みかんはそこに行ったことがあります。しかし、大きな湖を見るとどうも瀬戸内海を思い出してしまうのは、瀬戸内育ちの性かしら。いやいや、そんなことはどうでもいいのですが、つい名前に惹かれました。
[PR]
by haretahi | 2005-07-22 23:59 | 季節の移ろい
<< 雨竜沼湿原へ 待ちに待ったユリ >>