イサム・ノグチ展へ

この夏一の暑さがやってきた札幌です。31.6℃。しかし、日中部屋から出なかったみかんにはさほど苦になりませんでした。と言うのも、我が家にある北側の窓からそよそよと風が入ってきてくれたおかげで室内がそこまで気温が上がらなかったのです。個人的には昨日のほうが辛かったです。

夕方7:00位からみかん夫と芸術の森で行われている「イサム・ノグチ展」へと行って来ました。イサム・ノグチとは彫刻家で、彼の最後の大作となったモエレ沼公園が7/1にグランドオープンしたことを受けて、この展示が行われています。いつものことながら、彼のことを特に知っているわけではないのですが、今札幌で大きな話題の渦中の人である彼のことをちょっとばかりでも触れてみようかというくらいの気持ちで出かけてきました。
はじめてまともに彼の彫刻を見たのですが、正直言うと抽象彫刻に関してはいつもながらさっぱり分かりません。ただ、どことなく親しみやすい気がしました。最後に池に浮いた「エナジー・ヴォイド」をライトの光に重ねて見た時の存在感は目に焼きついています。
この展示では触れることも写真を撮ることもできませんが、モエレ沼公園や大通公園にある彼の彫刻に触れてみたいと思いました。もう少し涼しくなったら、モエレ沼公園まで自転車で行ってみるかなぁ。
この展示は8/28(日)まで。金曜日は夜9時まで見れます。
[PR]
by haretahi | 2005-08-05 23:58 | 日々の暮らし
<< 8.6への思い 楽しい時間 >>