メロンの季節

暦の上では立秋ですね。里にいた頃はこのあと「残暑」に表現が変わるのがどうも納得がいかなかったみかんでした。しかし、札幌に来てニュースで、「今週一杯残暑が味わえそうですね」など聞くと、「そっかぁ。残暑だな。」なんて頷いてしまいました。もう、この暑さも期限付きです。ただ、あと1週間は暑い日が続くようですから、道内の方もお体にお気をつけくださいね。

道内にメロンの季節がやってきました。あちらこちら産のメロンが今スーパーをはじめお中元の品やお土産屋さんなどを賑わせています。その中でも特に知名度の高いものといえば、やはり赤肉の「夕張メロン」でしょう。みかん夫婦は毎年この時期に夕張まで行ってメロンを買い付け、お互いの両親といつも遠く福岡から名産品を送ってくれるみかん夫の友人へ送っています。
買い方は、まずあちこちのメロン屋さんの値段をこの動体視力のないみかんが必死で車の中から眺めます。そして、安くなっている所で買うといった感じです。安くなっているということは、大体すでに食べごろになっているということで、送ったら即効食べてもらうようにお願いしています。福岡の友人の方には「夕張メロンの贅沢食い」に満足していただいているようです。(単に大事に食べていたらだめになってしまうだけなのですが。)
ここ数年は、地元の八百屋さん(実は魚屋さんだったらしい)に行っています。ここはおじいちゃんがやっているお店で、みかんにとって年に一度、おじいちゃんの顔を見に行ってちょこっと話して来るのがひそかな楽しみでもあります。今年はおばあちゃんもいました。正直言って今年のメロンは少々高めで痛かったのですが、最後ににこにこと微笑みながらおばあちゃんがくれた2個のみかんがなんだか嬉しかったです。一年に一度の親への贈り物。喜んでもらえるから、まぁ、いっか。



昨日、ひまわり&ソバの花を見た後に、妹背牛町(もせうしちょう)にある温泉「ペペル」に寄りました。こちらは個人的に備え付けのシャンプーとリンスがリンスインシャンプーではなく、別々なのが好きです。飲泉もあります。比較的よく行っている方でしょうか。500円です。
実は、帰り際にちょこっとお買い物をそこでしたのですが、その時みかん夫がお風呂セットを置いたまま帰ってきたらしいのです。それで、取りに行くことにしました。夕張へ行く前に向かったのですが、かなりの遠回りです。ただ行くのも惜しいので、国道が混んだ時の抜け道チェックをしながら向かいました。d0016007_2240214.jpgその途中、新十津川町で手打ちそばのお店を発見。昨日も話しましたが、北海道はそばが高いので、一度は素通りしたのですが、どうしても気になって一人1,000円覚悟で引き返しました。びくびくしながら入ってみると「もりそば400円」の文字が。ほっとした瞬間でした。「そば処田園」さん。こんなかわいらしいお店をされているのはこちらもおじいちゃんとおばあちゃん。店内に貼ってあった新聞のコピーによるとおじいちゃんが毎日そばを粉にひき、手打ちでそばを打っているんだそうです。値段、はっきり言って格安です!野菜天そばで600円。大盛りは100円増し。「大サービス」と言って持ってきてくれたどんぶりにはかき揚げが2枚ものっていました。さらにきゅうりの酢の物までついていました。さっぱりとおいしかった。おそばはそば粉の香りがとても良くて、手打ちならではの太い麺あり細い麺ありなところがみかんは好きです。さらにそば打ち体験一人前300円のポスターが。激安です!!いつかやってみたいですね。もう、ここは大穴です。月曜定休で営業時間が11:00~15:00ですから、タイミングがポイントかも。ちなみに、新聞のコピーには「7食しか打たない」と書いてあったのですが、「1日7食限定ってこと?」と悩みつつ、聞けなかった小心者のみかん夫婦でした。
ふるさと公園に行く道をずっと登って道なりに走っていると、こんなかわいい建物と「手打ちそば」ののぼりが見えますよ。(公園からそんなに遠くありません。)
[PR]
by haretahi | 2005-08-07 23:59 | 北海道(道央)
<< そんなものですよね 夏の花もそろそろ終わりかしら >>