秋の百合が原公園へ

素晴らしい秋晴れの一日でした。日の光の暖かくて心地よいこと。夏は日陰を探していたのに、今では日陰だと少々寒いので、信号待ちは日向でしました。

d0016007_102546.jpgみかんの定番、百合が原公園へ行ってきました。この時期は初めてです。ユリが咲いていた辺りは、夏の華やかさとは打って変わって、すっかり冬支度です。
今はダリアが見ごろ。色とりどりのダリアは本当に綺麗でした。バラを見ているような錯覚に陥るくらい、華やかでした。また、ゆっくりみると、形もいろいろあることに驚かされました。d0016007_17395.jpg大きい花は私の顔くらいあります。まぁるい「ぼんぼん」のような形のものだけかと思えば、右の花のように花びらの枚数が少なく丸く盛りあがっていないものもありました。
色とりどりの花たちにさそわれたのは、人だけではありませんでした。ミツバチたちも、次から次へと忙しく飛び回っていました。花が少なくなってくる秋ですが、ミツバチにはこの花々は、「収穫の秋」に価するんでしょうね。




d0016007_1185964.jpgミセスヨウコ

一株しかありませんでしたが、たくさんの花がつき、大きな花束のようでした。「ミセスヨウコ」この品種を作り出した方の大切な女性なのでしょうね、きっと。

d0016007_1212632.jpgデュエット

その名のとおり、赤い花と白がかった花が、同じ株に咲きます。とても不思議な品種です。私だけでなく、皆さん、根本から茎を辿っていました。

d0016007_1255775.jpgムーンワルツ

大きな花です。花びらの内側にさした黄色い色がまわりのピンク色と綺麗にあって、幻想的な雰囲気の花でした。

d0016007_1283355.jpg星月夜

こういう花びらの細いものを「カクタス咲」というようです。この花の名前、ステキですよね。この花に限らず、日本語の名のついた花はとてもロマンチックな名前が多いです。日本語って綺麗だなと思いました。日本人はロマンチストなのかもしれませんね。

d0016007_1322631.jpg淡雪てまり

私のダリアのイメージにピッタリの形です。「ポンポン咲」というようです。白地に淡くさした紫がやさしい美しさを表しています。この花のような、季節感あふれる名前も多かったです。

ほかにもほんの少しコチラに紹介しています。よろしければどうぞ。
[PR]
by haretahi | 2005-10-05 23:59 | 季節の移ろい
<< 女三人旅 みかんの悪いクセ&好きなこと その6 >>