旅の終わり

少しもやがかかっていましたが、まずまずのお天気で最終日を迎えました。

昨日すっかり疲れてしまって行けなかった銭湯「鳳の舞」へ、朝6:30頃行ってきました(こちらは6:00から営業されています)。銭湯といってもお湯は天然のモール泉です。380円でお肌しっとりでした。十勝では銭湯でもモール泉なんだそうです。
戻って、宿での朝食は、採れたて野菜たっぷりの体が喜ぶものでした。さらに搾りたて牛乳の甘さ。牛乳とお酢で作った「お豆腐」のコク。どれをとっても心がこもったおいしい朝食でした。そして、夜は見えませんでしたが、宿を囲む畑の姿、景色も素晴らしい。空気に「臭い」がないのも何よりのご馳走です。たくさんの「素晴らしい」のおかげで、体はスッキリと起きました。

さて、昨日中札内美術村で、以前から気になっていた「中札内レディースファーム」の「思いやり牛乳」を見つけ、飲んでみました。無殺菌で牛乳がニガテな人でも飲めるというその味は、まったく牛乳くさくありません。(みかんママは牛乳嫌いなのですが、彼女がおいしいと言って飲んでいました。)もしかしたら、牛乳好きの方には、逆に物足りないかもしれません。そして、その甘みに驚かされました。宿でいただいた牛乳といい、絞りたての牛乳は、あんなに甘いのですね。宿のオーナーさんいわく、「牛乳は牧場ごとに味が違う」そうです。こんなふうに違いを感じながら、牛乳を飲んだこと、ありますか?



d0016007_2316573.jpg昼頃出発する特急で新千歳空港へと向かう予定の私たち。宿を出てまっすぐ新得駅へと向かうにはちょっと時間が余ります。宿のオーナーさんにオススメを尋ねると、「十勝千年の森」を紹介していただきました。以前からみかんも気になっていた所だったので、行ってみることにしました。そこには森が広がっており、ガイドをお願いして森を散策すれば楽しいのでしょうが、d0016007_2321870.jpgそこまでの時間はないので、展望台まで行って見ることにしました。そこからは、広い敷地の向こうに十勝の景色を見渡すこともできました。(あいにくガスがかかっていたので、遠くまでは見れませんでしたが。)風が心地よく、二人も時間を気にしながらも、くつろいでいるようでした。旅の閉めにはとてもよい場所でした。

さて、11時ごろ、とうとう新得駅へと出発しました。が、すんなりレンタカーを帰すには少し早すぎると思い、駅の近くにある「共同学舎新得農場ミンタル」へホエージャム入りソフトクリームを食べに行きました。ちょっと茶色がかったソフトクリームは、とても甘くて、食べたことのない味でした。こちらはチーズがおいしいそうなので、今度は自慢のチーズを使った料理を食べに行きたいですね。
その後は駆け足でガソリンを満タンにし、11:50頃レンタカーを駅へ返しました。何事もなく完了。まる二日、お世話になったね、マツダのベリーサくん。走行距離328km。思ったより走らなかったな。

12:06発「スーパーとかち6号」で南千歳へ。着く頃には冷たい雨が降っていました。「エアポート」へ乗り継ぐほんの数分の間に体が冷えてしまうほどでした。新千歳空港に着くと、二人はロイズのチョコレートを大量に買い占めていました。お土産って大変。それから、チェックイン後、軽くじゃがバターをお腹に入れていると、お見送りに来たみかん夫と合流。電池切れの間に狂ってしまったフィルムカメラの日付が10月10日になっているのを確認して、伯母の誕生日記念と旅の記念写真を撮りました。そして、連休最終日で混んだセキュリティーチェックの所で別れました。

今回の旅、急ぎ足でもなくゆっくり過ぎることもなく、程よくまわれたのではないかと思います。ただ、みかん夫の運転なら、もう一箇所くらい行けたかなとは思ってしまいます。みかん、ナビに参りました。
[PR]
by haretahi | 2005-10-10 23:59 | 北海道(道東)
<< 旅を終えて 果てしない大空と大地と >>