雪だるまマーク

いいお天気の札幌です。部屋の中は、太陽光のおかげでぽかぽかです。
洗濯物を干している間に、今のみかんの天敵、「虫」が2匹も部屋の中へ入っていました( ̄□ ̄;)楽しそうに踊るように飛び回っています。外より部屋の中の方が暖かいですから、窓を開けていても逃げてくれそうにありません。虫除けをして、窓は開けてあるのですが、逃げるどころか逆に、2匹から3匹そしてそれ以上にならないかと思うと、なんだか落ち着きません。あぁ、虫怖い!(っていうか、虫の話題シツコイ!?)

とうとう天気予報に「雪だるま」登場です。一応まだ稚内や旭川など道北だけですが、札幌も明日あたり微妙だそうです。
ところで、気温が6℃以上だと、確実に雨だそうです。そして2.5℃だと雨と雪の確立が50%ずつになるそうです。明日の稚内は最高気温でも、今のところ5℃の予想。雪の時間の方が多いだろうとのことです。旭川あたりも明け方に雪マークがついていました。今朝の天気予報だと、岩見沢あたりも怪しいそうです。岩見沢は札幌から北へ車で1時間くらいの町ですから、そう思うと札幌だって可能性はありますよね。明日の札幌の予想最低気温が5℃、最高気温は9℃。ゆきむしの出没状況から思えば、まだ早い気がしますが、いったいどうなるでしょう?



ずっと、「みかんは主婦に向いていない」と思っていました。(今もまだ微妙かな。)だって、主婦業はちっとも好きではないし、家にいると時々息がつまりそうになる。真冬に降る雪を窓から一人で眺めようものなら、閉じ込められているような錯覚にさえ陥る。これといって、特別に趣味があるわけでもない。ゆったりした時間を楽しめるすべを持っていない。それ以上に主婦らしいことをするのに嫌悪感さえ感じてしまう。
結婚前のみかんは、結婚後も働くことに疑いを持っていませんでした。だって、教員なんて仕事は、世の中で一番結婚してから続けやすい仕事だと思っていました。ところが、知らない土地にやってきて、それまで作ってきたであろう「繋がり」や「キャリア」みたいなものが、(ゼロになったわけではないけれど)ぽんと消えてなくなってしまった。そうなった時、なんだかそれまでのように履歴書持ってまわる気力がすっかり失せてしまっていました。もともと、「結婚後もできる仕事」と思いつつ、結婚後の自分の働きに自信がなかったのもあったし。不器用なんですよね、一度に2つのことができない。
そんなわけで、どこか専業主婦の自分に引け目みたいなものもありました。(あります!?)だから、「主婦は気楽でいいよね」なんて言われると、ムッとしてみたり。(苦笑)でも、結婚して5年。やっと、「悪くないかな」と思えるようになりました。実際、おっしゃるとおり「気楽」ですし、それを「楽しむ」ことも少々覚えてきました。今年は、買って手をつけていないミシンに油を差してみようかとも思っています。たいしたものは作れませんが、それでもちょっと作りたいものがある。台所のしきりに、買ってきた布をぶら下げているのですが、それに刺し子でもしたいな、何てことも再び思ったりもしています。(以前思った時に本は買ってあるんです。)ちょっと前までは、こういうことをするのが嫌でたまりませんでしたけど。(またいつ気が変わるかわかりませんけど。)
以前見ていたドラマで、「妻は家庭の中で太陽でありなさい」という台詞を聞きました。「太陽」の姿は人それぞれかと思うのですが、みかん流では、ぱぁっと家庭を照らすような明るい太陽かなぁ。みかんがいれば、家の中が楽しくなるような、そんな太陽になれたらいいなぁ。
まだまだ、「主婦」になりきれないみかんではありますが、まぁ、たぶん、人生はまだ長いでしょうし、(また後戻りするでしょうが)、少しずつ「太陽」を目指すことにします。
[PR]
by haretahi | 2005-10-24 12:31 | 日々の暮らし
<< 初雪 北海道の紅葉 >>