子どもに負けない心で

札幌は冷たい雨の1日でした。夕方頃から強くなり、夜は冷たさがいっそう増した感じです。

さて、金曜日に作った名札の目的は、↓これでした。
d0016007_21522895.jpg

我が家には7匹のオランウータンのぬいぐるみがいます。偶然、みかんブログを見たきゅまさんが、「こちらを見てみて」とコメントしてくださったのが始まり。そして、札幌にはたくさんのサル(オランウータン)がいる、みんなで会ってみよう!ということで実現したのが、今日の「おサルの集い」です(上の画像は「ちえりあ」の電光掲示板の文字です)。d0016007_224073.jpg宮の沢にある札幌市生涯学習センター「ちえりあ」の2F「サークル活動室3」という和室に、なんと、集まったサル37匹、サルばか(親ばかのようなものでしょうか)9人。感動的でした。こんなにいるので、名札は必需品だったのです。それにしても、よその子は、みんな、お洒落さんでした。(うちは、はだかんぼです。)13:00~17:00まででしたが、みかん、完全におだってました!!!夢のような時間。かわいくてたのしかったです。参加者のみなさま、そしてサルたち、ありがとう!




う~組の中で、我が家に一番にやってきたのはう~(一番大きいオランウータン)でした。結婚してすぐ、二人で出かけた小樽の「からくり動物園」で、みかん夫が、自分の主張中(出張が多いことは分かっていましたから)、みかんの寂しさを紛らわすために買ってくれたのが最初です。それから5年。今は7匹まで増え、きれいでふさふさだった彼らの毛は、かわいがりすぎて、もそもそになってしまいました。でも、その分、たくさんの夢をくれたと思います。
もしかしたら、これを見て、「いい歳して。。。」なんて思う人がいるかもしれません。サンタクロース、いないと思ったのは何歳でしたか?
みかんが中学生の頃、大人批判ソングが流行りました。その頃、最初は「その通り」と思って聞いていたのですが、だんだんおかしいと思うようになりました。それらの曲はすべて「大人になりたくない」と言うのです。「何で、嫌だと思う大人(の姿)になるということが大前提なんだ?そういう大人にならなければ済むことじゃないか?」と思ったのです。
みかんは、必ずしも子どもの方がいいとは思っていません。だって、子どもって子どもゆえに、時には残酷じゃないですか。人に優しくなれるのって、様々な経験が教えてくれるからだと思うのです。
さて、中学生の頃の私が思った「大人」になれたかどうか(逆に、避けられたかどうか)は、正直自分でも分かりません。でも、今の自分が嫌いではありません。(「好き」と言えればなお良いのでしょうが。)それでいいのかなと思います。ぬいぐるみが好き。う~組が歩いていたり、遊んでいるように思えたりもします。サンタクロースだって、今でもどこかにいるような気がします。(プレゼントはもらえませんけど。)子どもに負けない想像力と、大人だからこそ持っているやさしさを心にしっかりと抱いた「大人」でいたいと、今のみかんは思っています。
[PR]
by haretahi | 2005-10-30 22:58 | 日々の暮らし
<< 小春日和 物作り >>