気持ちのきりかえ

「晴れました」とはっきり言えるほどではありませんでしたが、そこそこ良いお天気だった札幌です。

今日は美容院へ行ってきました。前回色を黒く戻して、今回もそのままにするつもりだったので、ストレートでは見た目が重く、パーマをかけました。誰かに似ているような気がするのですが、誰だか分かりません。美容院は良い気分転換になります。髪型をかえるのもそれに一役かいますが、行くこと自体が結構リラックスできて好きです。
一昨日、我が家にある「美顔機」(母にもらった嫁入り道具です)のお世話をしてもらった人が、広島から来られたので、会ってお話をしました。じつは、あまり使ってなかったのですが、あらためて話を聞くと、気が引き締まります。年齢的にもしっかりお手入れをしてやらないといけないですし。話していて「引き算の美容」がみかんに響きました。気になる所って、ついつい手をかけてしまうのですが、弱っている所に手をかけすぎるのは、逆効果で老化を早めるというのです。確かに、そういう所に念入りにマッサージなどすると、赤くなって気にはなっていたんですよね。疑問が晴れて、すっきり。最近さっぱりそういうことに気を使わなくなっていたので、良い刺激になりました。
こういうちょっとした機会にもらった気持ちのきりかえのチャンスを大事にしなくては。

みかんの人生で、大きな気持ちのきりかえになった言葉があります。大学2年の時、大学のプログラムで、アメリカの姉妹校提携している大学に通っていました。当時の私は、高校くらいから、国語や英語の問題を解くと、答えがどうしても合わないことが続いて悩んでいたんです。残念ながらアメリカに行っても同じ状況で、「いつも人と答えが合わないんだ」とその時講義をしてくれた先生に愚痴をこぼすと、「いいことじゃない。だって、キミからぼくは学べるということでしょ。」と言ってくれました。この言葉が、私の人生の大きな気持ちのきりかえの言葉になりました。その時、人と違ってていいんだって、窮屈だった心がぱーんとはじけてらくになりました。そして、「先生が生徒から学べる」という言葉を発することが出来る、その先生の心の大きさに感動しました。
今もその言葉は大事に心にとってあります。
[PR]
by haretahi | 2005-11-24 21:46 | 日々の暮らし
<< お土産の定番と言えば ふれあい >>