すごく良いニュース!

空気が冷たい札幌です。今日も晴れていましたが、この時期だから仕方ないのでしょうか、太陽にパワーがありません。それがちょっと寂しい。でも、札幌の12月といえば、統計では雪の日が20.6日、晴れの日はたった5.0日なんだそうです。数年前にはドカ雪が降ったこともあったなぁ。今までが雪が少ないから、今年も一気に来るのかなぁ。
「函館クリスマスファンタジー」が今日から始まりました。一昨日強風で先が折れてしまったツリーもどうにか修復されて、無事点灯式を終えたようです。25日まで。じつは一度も本物を見たことがないみかんですが、一度は行ってみたいなぁ。

道新の夕刊一面トップを飾ったニュース、『道内交通死亡事故 ワースト返上か』でした。なんと、今日現在、愛知、埼玉に続く3位。前年度と比べても76人減だそうです。このまま行けば、14年間交通死亡事故ワーストだった悲しい記録がストップ出来るかも。とは言え、12月の路面状況は非常に滑りやすく、冬型事故が起こりやすい時期だそうです。ドライバーの皆様、細心の注意を払い、油断しないようにしてくださいね。同時に、歩行者側も、夏のような横断をしないように気をつけなくては。焦ると滑って転びますから。




久しぶりに、超好みの2本に当たりました。
1本目、『犬猫』。日本映画です。なんだか、お父さんとかが撮るビデオを見ているような、そんな自然な作品でした。といっても、出演者は20代前半の人たち数人。若いって、改めて見ると、やっぱり、すっぱいなぁ。
2本目、『ウィンブルドン』。アメリカ映画。こちらは、ウィンブルドンを舞台にした、スポーツ恋愛モノ。はっきり言って、これほどミエミエななハッピーエンドはないってくらいなのに、これほどスカッとする物はないかも。超満足!普通ありきたりなミエミエだと「ハイハイ」って感じの後味だったりするのですが、そう思わせないのが、ウィンブルドンの試合が舞台だからかな。すっかり「観客」になっていました。ラストは手に汗握りますよ!?人間くさいところも、とっても良かったです。イチオシ!!
[PR]
by haretahi | 2005-12-01 19:14 | 映画
<< ストーブのありがたさ 焼きたてパンの裏事情 >>