みかん夫の趣味 2日目

 良いお天気、と書こうと思ったらちょっと曇り空。そこそこ良いお天気の札幌です。昨夜降ったものは雨。みぞれになりそうな大粒の雨でした。まだ3月なのに。札幌の雪はすごい勢いでとけています。数日前に降った20cm近い雪も、ほぼとけました。季節が1ヶ月近く早いです。

 昨日の日曜日も土曜日と同様、みかん夫の趣味である、炭鉱跡地めぐりに出かけました。出かけた先は、上砂川(かみすながわ)歌志内(うたしない)です。
 その前に、腹ごしらえ。大好きなしいたけ飯店で、水餃子を堪能。旨い!でも、つい、いつもの調子でメニューを見ずにオーダー。待っている間に、ゆっくりとメニューを見てショック!飲茶がある!! 冬限定の肉饅頭と豆饅頭(あんまん)もある。食べたかったよぉ~(T-T)

 さて、炭鉱跡めぐりです。上砂川にしても、歌志内にしても、これまで見つけられていなかった所がまだあることが分かりました。上砂川では、高台にみかん夫も気付かなかった廃校らしき建物を発見。当時の地図もなく、行けるかどうかも分からないまま、迷いながらもたどり着いた先には、雪に埋もれたピンク色の校舎たち。子どもたちがいなくなった今も、遊具がそこにはひっそりと、当時の面影を残しています。けっこう建物は大きく、なかなかの生徒数だったのではないかと思われます。
d0016007_15104840.jpgd0016007_15123964.jpg
 閉校になったあと、何かの工場として使われていたようですが、それも、屋根の朽ち方を見ると、閉じられてしまったようです。ただ、綺麗に除雪されていましたから、何らかの使われ方がされているのかもしれません。



 みかん夫は、長靴に履き替えて、カメラ片手に雪を踏みしめながらあちこちに入っていきます。ある時、彼の足跡と途中で分かれて、動物の足跡があるのを発見。戻ってきた彼に、「足跡が分かれてておもしろいね」と言うと、にっこり笑って「彼らとは目的が違うから」と言われました。確かに!(笑) そういえば、歌志内で、斜面を登っていくエゾシカ2頭を見ました。あちこち見た足跡、そのほとんどがエゾシカのものだと思います。それにしても、ズボッとはまった足跡がないのが不思議です。あんなに細い足なのに。あんなに重そうなのに。

 真っ暗になった頃、コバラが空いたので、砂川にある山屋さんで、パンを買って食べました。こちらのパンは、なんだか懐かしい感じです。でも、色々と工夫が凝らされていて、おもちが入ったパンなんて、食べ応えありましたよ。
 ところで砂川にはたくさんのお菓子やさんがあることで、注目を集めています。特に、国道12号線沿いに多くが集まっていることから、そこを砂川スイートロードと呼んでいます。今回訪れた山屋さんも、スイートロードに位置するパンとケーキのお店なんですよ。なぜ、砂川にお菓子屋さんが多いかと言うと、土曜日行った三笠、日曜日に行った上砂川・歌志内などのある空知(そらち)地方には、多くの炭鉱がかつてありました。炭鉱での仕事は大変で、疲れた体を癒すのに、甘い物は最高の食べ物だったわけです。そういうことから、この地方に美味しいお菓子がたくさん誕生したんだそうですよ。
 炭鉱のあった場所には、炭鉱マンのための美味しい名物がたくさんあります。それを求めて出かけるのはみかんの食道楽になりそうです。

 最後に、以前行って気に入った栗沢温泉へ。夜の部の設定がありがたかったことは記憶に残っていたのですが、何時までやっているかということが思い出せず、不安を抱えつつ、何とか滑り込みセーフ。お肌ツルツル、やはり良いお湯です。そうそう、ここも何もありませんので、お風呂セット一式持って行きましょう。

 週末、二日とも、美味しいもの・観光・温泉というフルコースを満喫しました。みかん夫、ありがとう。
[PR]
by haretahi | 2006-03-06 16:15 | 北海道(道央)
<< テキストと古いパソコン みかん夫の趣味とみかんの道楽 >>