ユリの季節の到来

 今日は久しぶりに最高の日でした。天気は晴れ、気候はぽかぽか、風はそよ風ほど。絶好の自転車日和です。(もちろん、布団も干しました♪) 薄着で足取り軽やかに出かけた先は、やっぱり百合が原公園です。

d0016007_2081366.jpg ものすごく久しぶりに、リリートレインに乗りました。乗るつもりなんてまったくなかったのですが、急に乗りたい気分になって、今日の最終便16:10に乗車。くるっと公園をひと回り♪夕方の涼やかな風が気持ちよかったです。まだ花はそんなに咲いていないのですが、咲き始めたハマナスやルピナスが、目を楽しませてくれました。来週あたり、色とりどりの花の中を走れるんじゃないかな。のんびりガタゴトのリリートレイン、一乗車360円です。

d0016007_20142966.jpg 驚いたことに、なんと今年一番のユリが咲いていました!早咲きのものが2種類ほど。今年も張り切って、ユリレポートの始まりです。

「オトメユリ」
 乙女のような可憐さから名づけられたユリだそうです。細くひょろっとした茎の先に、大きな花が咲いているので、花が大きいものだと、風に吹かれて今にも倒れそうでした。それでも、オトメユリです^^;)
 色といい、形といい、やっぱりかわいらしくて、オトメの名は基本的にピッタリです。ユリって、けっこう女性的なかわいらしい名前が多いように思います。あの清楚な姿が、世の女性をイメージさせるんですかね?

d0016007_2022158.jpg「ヒメエゾスカシユリ」
 とにかく背の低いユリです。そこそこ大きな花をつけるユリって、茎も背が高いように思うのですが、これに関しては低い方で茎が10cmくらいだったかな。絵がドヘタの私が描いてしまった花みたい。(超失礼な表現 ̄▽ ̄;) でも、それくらいバランスが悪いように感じました。低い方で2頭身くらいだったかな。
 でも、花はなかなか上品で、柿の実色の花びらの内側には茶色の斑点がちりばめられていました。

 来週あたり、ぱぁっと花が咲きそうな予感。ワクワクします♪



 年に一度しか入らない「世界の庭園」。有料です。有料と言っても130円。良心的です。これくらいなら入る価値アリです。入った理由、今年も「ヒマラヤの青いケシ」開花です。去年(今、左上のプロフィール部分に載せている写真)は、2番咲きの花だったので、一番花を切り落としたあとが目立って、なんとなくガッカリだったのですが、今年は一番花です。やっぱり一番花のほうが綺麗です。遠くから並んでいる姿を眺めても、かわいい。

d0016007_2040214.jpgd0016007_20435176.jpg ←深く淡い青色の花の中に、金色のおしべを大事に包んで、花全体が宝箱みたいです。

 →開きかけのまあるいお花を上から見るのも、またかわいい。

 まだ、開きかけの花がたくさんありました。お時間がありましたら、ぜひ、週末にでもお出かけ下さい。オススメします。
[PR]
by haretahi | 2006-06-14 20:56 | 季節の移ろい
<< みかんの花、かんさつ日記① 晴れた日は、やりたいことがいっぱい >>