みかんの花、かんさつ日記①

 昨日から嵐のようです。太平洋側では雨への警報が出ていましたから、かなりの雨になっているんでしょうね。心配です。札幌では、風の強さがむしろ気になりますが、雨は幸い困るほどではないようです。
 札幌では今日まで3日間、北海道神宮例祭「札幌まつり」が行われました。今日は雨の中、神宮から大通辺りまでの1.6kmで「神輿渡御」が行われました。先日北海道神宮に行ってチラシを見たとき、平安時代の衣装をまとった人たちと立派な神輿による行列が練り歩く写真がなんとも盛大だったので、見に行こうと思っていたのですが、天気が悪すぎるのでやめました。きっと来年は、晴れてくれると信じてマス。

d0016007_17415132.jpg 昨日は、久しぶりに若葉さんの所へ遊びに出かけてきました。1月におじゃました時、本当に心がホカホカして帰ってきたので、またすぐにでも遊びに行こうと思っていたんですが、気付けばもう6月も半ば。あまりに久しぶりで、すっかり雪もなくなって(当たり前か)、景色が違って見えました。でも、雪がなくなったかわりに、真っ白なみかんの花が咲いていました。「みかんの花、開花情報」をメールでもらって、カメラ抱えて行って来たんですよ。
 思えば私、みかんの花って見たことなかったんですよね( ̄□ ̄;) 実家にもみかんの木があって、子どもの頃は、てっか(間引き)やもぎ取りは手伝いに行っていたんですけど、それより前は畑に行くことがなくて。
d0016007_17542450.jpg 始めて見たみかんの花は、花びらがなんとなく八朔みたい!? 近くに行くと、とってもいい匂いがしてきて、しばらくそこから動く気になれませんでした。しかも、花びらやおしべが落ちたあとには、めしべの根本に→こんな小さなみかんが。かわいい♪こんなおチビちゃんが、大きなみかんになるなんて。植物ってすごい!!
 これからも、かんさつ日記をつけるべく(口実?)、ご訪問しなくては!!行く末が楽しみな、私、みかんでございます。

 さて、前回同様(みかんの花同様)、話にばぁーっと花が咲きました。さらにそこに、「みかん夫、急遽飲み会」と「若葉さんのダンナさん、仕事で遅くなる」のありがた~い連絡が入って、晩御飯をご馳走になることに。腹ごしらえが済んでしまえば、安心しておしゃべり。気付けば終電近くなっていました。今日は、この前「色々なことを超えて」とおっしゃったその「色々」の部分を聞かせてもらいました。うーん、やっぱり私はまだまだアオイです。

 日付変わって家に帰ってみると、時間がなくて投げて出た汚れた食器が片付けられ、お米をとぐみかん夫の姿が台所に。ありがたや~( ̄人 ̄)ナムナム 楽しいおしゃべりと、やさしい夫サマのおかげで、酔っ払ったように楽しい気分でヘラヘラしながら寝床に着きました。



 若葉さんが行ってみたかったという「甘味処 こまめ」へ。最近特に小豆好きな私には、「甘味処」は、ちょっとツボにはまったいい響き。あと、このお店、何かで見て、行ってみたいお店の一つでもあったんですよ。

d0016007_1829548.jpg 「クリームぜんざい」と「かぼちゃ入りぜんざい」との間で悩んだ末に、「かぼちゃ入りぜんざい(680円)」に。ぜんざいにかぼちゃ、北海道らしい組み合わせ。いとこ煮はあれど、甘いぜんざいにかぼちゃは北海道でしか見たことないです。別のお店では、おもちや白玉のかわりに、芋だんごやかぼちゃだんごが入っているお店も。野菜が使われたおやつ、さすが北海道!
 さて、甘いかぼちゃは、餡にあわないわけはない。むしろ、煮物とかよりおいしいかも!? 私、北海道に来て、道産の甘いかぼちゃを手にするようになってから、かぼちゃの煮物が作れなくなったんですよ。だって、甘いと思って砂糖を控えると足りないし、かといって従来どおりに作ると、かぼちゃ本来の味が負けてしまう。砂糖の加減が難しくて。いつしか「レンジでチンしてそのまま食べる」が一番好きなテイストに。そんな甘いかぼちゃがおやつに入っていても違和感ナシです。美味しゅうございました。

 「甘味処 こまめ」 南17西6(静修高校前) 10:30~19:00 水曜日&第3日曜日定休
[PR]
by haretahi | 2006-06-16 18:51 | 日々の暮らし
<< 滝野すずらん丘陵公園へ ユリの季節の到来 >>