石狩浜 はまなすの丘公園へ

 久しぶりに青空が見れた札幌です。ベランダに出ただけでも気持ちが良いです。でも、日差しの強さに驚きました。そういえば、6月ももう終わり、強くて当然ですね。久しぶりの晴天に、ちょっとくらい日焼けしてもいいや、なんて思ってしまいそうでした。(ダメです!もう若くないですから!)

 先日、百合が原公園で、ヒマラヤの青いケシを見たとき、「花めぐりスタンプラリー」というのを知りました。札幌近郊の花風景を巡って、スタンプを集めようという企画です。このスタンプ帳が良く出来ていて、それぞれの場所の説明や詳しい情報などが載っています。今年はそれに参加してみようと思いました。つでに、「はなたび北海道」にも参加してしまいましょう!

d0016007_20491631.jpg 今日は、札幌のお隣、石狩市にある「石狩浜 ハマナスの丘公園」へ出かけてきました。札幌を出てすぐ、せっかくの青空がどんどん曇り空に変わってきました。「同じ石狩支庁なのに」とぼやきながら、目的地に到着。まずは、ヴィジターセンターでスタンプを押しました。それから、ハマナスの丘公園を散策です。
 ここは、石狩川河口と日本海に挟まれていて、海浜植物の保護区になっています。(→写真の真ん中辺りに見えるのは、日本海。) d0016007_2053976.jpgここの公園自体の名前にもなっているように、ハマナスが広く咲いています。ハマナスは、札幌でもあちらこちらにありますが、それらは結構大きな木(高い物になると1.5mくらい)なんです。でも、ここのほとんどのものは、まるで鉢植えにでも出来そうな、そんな小さく背の低いものが地を這うように生えているのが特徴です。おそらく、日本海から吹き付ける冷たい風のせいで、大きくなれないのでしょう。しかも、砂地ですし。しかし、小さなカブには大きすぎるほどの大輪の花を咲かせていました。公園などの花壇と比べたら、どこか物足りないのかもしれませんが、点々とどこまでも咲く花は、今が見ごろとばかりに広がっていました。良く見ないと、その美しさを見落としてしまうかも知れませんが。
d0016007_2145880.jpg
 ハマナス以外にも、たくさんの花が咲くようで、今はハマエンドウがたくさん咲いていました。ハマナスの大輪の周りに、小さな花が包み込むように咲いていて、これまた綺麗でした。

 札幌を出るときは暑いくらいで、普段持ち歩く綿マフラーも今日だけ置いていってしまいました。しかし、曇り空に加え、浜風はまだ肌寒く、ゆっくり花を眺めるには薄着は不向きでした。もし、これから行ってみようと思われる方は、ぜひ、1枚上着を持参してください。寒くて早めに引き返すのは、もったいないですから。札幌のお隣でありながら、やはり海辺の天気は、読めませんね。
[PR]
by haretahi | 2006-06-24 21:13 | 北海道(道央)
<< でかけなくっちゃ! 繰り返し繰り返し聞きたくなる話 >>