北空知、花めぐり

 日曜日は薄曇ながら、まずまずの天気でした。「はなたび北海道」のスタンプラリーに参加すべく(なんて口実)、北空知へ。

d0016007_1281450.jpg まずは、秩父別町にある「ローズガーデンちっぷべつ」へ。規模はそんなに大きくないですが、きれいに造られた庭園です。まだちょっと蕾が多いようにも思いましたが、バラは種類によって順々に咲くようですし、今は今でとっても綺麗でした。私は、個人的に開きだした花が好きなので、十分楽しかったですよ。また、秩父別の町を見渡せるロケーションもステキです。来週はイベントもあるようです。気温が高くなってきていますから、来週あたり、もっと色とりどりでしょうか。
d0016007_12135834.jpg 綺麗な花は、もちろん沢山あるのですが、私のお気に入りは、←この「ブラック ティー」。色が好きです。名前もね、またも、おいしそうでしょ。大通公園といい、別に「おいしそうだから」が理由ではないのですが、結果的に「おいしそう」なのが好みなのは、やっぱり食いしん坊だからかなぁ^^;)
 こちらには、ローズソフトもあります。芳香系のソフトクリームはどうもニガテなので、私は食べませんでしたが、興味のある方は、どうぞ。

 ちなみに、秩父別町特産のトマトジュース「あかずきんちゃん」は、超オススメです。変な臭いなんてまったくなく、すりつぶしたトマトを飲んでいるみたいです。スタンプラリー参加者は、駐車場にある食堂で、1杯いただけます。当日、ガーデン内のバラの城「ふろーら」でスタンプシートをゲットして、そのままトマトジュースのサービスへ、ぜひ行ってみて下さい。(その日の分がなくなり次第終了です。)



d0016007_1234613.jpg また、ローズガーデンのすぐ上に、先週、羊牧場「ふわふわ館」がオープンしました。普段は放牧しているようなのですが、この日は、小屋の中でした。こちらでは、様々な種類の羊に触ることが出来ました。羊好きのみかん夫、彼も羊に好かれていて、なぜか寄ってきました、羊たち。
 ←ニュージーランド原産、毛肉兼用種のペレンデールという羊だそうです。普段、羊って横から見ることが多いと思うのですが、正面から見ると、なんてユーモラスなんでしょう。それに気付いてからは、みかん夫に興味を引いてもらって、この写真を撮りました。あぁ、面白かわいすぎます♪

d0016007_12483394.jpg 次に、沼田町へ。こちらの町は、NHKの朝の連ドラ「すずらん」で有名な町です。その中で、主人公の萌ちゃんがよく行っていた丘「萌の丘」には、この時期、ものすごく沢山のルピナスが咲きます。写真には、これでも半分も写っていないんじゃないかな。色とりどりなのがルピナスらしく、大迫力です。すごく綺麗なのに、人は少なく、穴場中の穴場かもしれません。(「はなたび北海道」にも加わっていませんし。) また、沼田町ののどかな様子も、見ることが出来ます。

d0016007_125226100.jpg ドラマ「すずらん」のロケセット、今でも残っています。もともとドラマで登場した「明日萌駅」は、JR留萌線の恵比島駅という実在する駅なので、今でも、列車がやってきます。「すずらん」の放送終了後から毎年、「SLすずらん号」が、深川-増毛(ましけ)間を走っています。私は、最初の年に一度乗りました。でも、年々乗客は減り、とうとう今年で最後になりました。それも、残すは9/9(土)・10(日)だけです。ちょっと寂しい気がしますが、仕方ないのでしょうね。

 いつものことですが、お出かけのしめは温泉です。妹背牛温泉「ペペル」へ。こちらの温泉は、公営の温泉ですが、加温ナシ・加水ナシ・循環ろ過ナシだそうです。塩素臭くないのはありがたいですね。あと、浴室の入り口に冷水機が置いてあるのも親切です。500円です。

 さて、お食事です。

 秩父別に向かう途中、お昼に、以前一度行って気に入った新十津川町にある「そば処 田園」さんへ寄りました。あまりお腹が空いていなかったのですが、それでもたべたくて^^;) だから、シンプルに「もり」で。ちょっと固めに茹で上げられた蕎麦は、甘みがあって最高においしいです。私がおいしい蕎麦だと思う基準に「つゆがいらない」というのがあるのですが、まさにここのは、つゆなしでもおいしいです。
 また、ちょうどそば打ち体験をやっておられる方がいて、「やっていかないかい?」と言われたのですが、この日の目的は花なのでお断りしました。なんと、こちらの体験は6人前で1,000円!安っ!!絶対にやりに来ようo(^‐^)o 引き立ての粉だと失敗しにくいから、飛び入り参加もできるけど、事前連絡してくれ、と言われました。
 ついでに、(頼んでないけど)コテージも見せてくれました。お風呂もまきストーブもついた、立派なコテージが1棟3,000円って書いてありました。「一人でやってるから、サービスが行き届かないんだよね。だから、その分料金を安く提供しようと思って」とおじさん。学校の先生をされていた方なので、「子どもたちに色々体験させたいんだ」としきりにおっしゃっていました。バーべキューコーナーもあって、夏休みもまだまだ空いているらしいので、興味を持たれた方はぜひどうぞ。

 「そば処 田園」 新十津川町総進219の21 電話 0125-76-2767
 ☆たべるだけなら、お昼に行けば、大丈夫だとは思います。ただ、おじさん一人でされているようなので、料金も含め情報は基本的に、お電話で問い合わせしてみてください。

 夕食は、恒例の浦臼にある「しいたけ飯店」です。普段は、蒸し餃子か水餃子にするのですが、ちょっとこってりしたものがたべたくて、エビチリにしました。こちらのエビチリは辛くなく、むしろ甘さが良いので好きです(辛いのがニガテなので)。昨日は、メニューからエビチリが見つけられず、たずねてみようとさえ思った時に、発見。嬉しくて「エビチリ」とお願いしたら、なんとエビチリが2種類あったのです。普通のエビチリと飯店エビチリの2つ。私は飯店エビチリのつもりだったのですが、普通のエビチリが出てきました。飯店エビチリは、しいたけとたけのこが入っているようです。こちらのほうが50円安い。定食で850円(エビチリ定食は900円)。野菜も食べたかったけど、大ぶりのエビを沢山食べれたから、良しとします。
[PR]
by haretahi | 2006-07-03 13:58 | 北海道(道央)
<< 私はミツバチ ミニおサルの集い in 札幌ドーム >>