丘へ

 この時期、どうしても訪れたい美瑛へと行って来ました。天気予報は微妙でしたが、思い切って。結果的には出かけてよかったです。ずっと晴天とは行きませんでしたが、まずまずでした。
 ↓にも書きましたが、朝寝坊のみかんが5時起きです。さすがにこの時間なら、渋滞に巻き込まれずに済みました。有名な「ファーム富田」さんにも9:30の段階では、まだそこそこスムーズに車が入れていましたよ。

d0016007_21181863.jpg でも、今日の目的は、お花畑ではなく、美瑛の丘のじゃがいもの花と麦です。今年は、特に麦が綺麗でした。昨年の秋に蒔かれ雪の下で冬を越した「秋蒔き小麦」が今、色付いていました。数年前、友人が遊びに来た時、美瑛を案内したことがあります。その時、夕日に当たった小麦が金色に輝いていたのは、今でも目に焼きついています。今回は、残念ながら、日差しがそこまで強くなく、輝く小麦を見ることは出来ませんでしたが、そのままの色でもとても素晴らしかったです。



d0016007_21251049.jpg赤麦。
 奥の普通の小麦と比べると赤茶けているので赤麦と呼ぶようです。今ではほとんど作られなくなったそうですが、「赤麦を守る会」の方々が、保存のため栽培されているようです。「赤麦ビール」などの販売もあるんですよ。

d0016007_2130040.jpg春蒔き小麦。
 まだ緑色で若い穂。でも、若い故にまだまだしなやかで、耳を傾けると、風がそこを駆け抜けていく音が聞こえそうでした。柔らかに風に揺られる姿、見ていて心が洗われるようでした。

d0016007_21351469.jpgそして、じゃがいもの花。
 先週「見ごろ」と新聞報道があり、ちょっと不安だったのですが、まだ見事に咲いてくれているところもありました。やはり、じゃがいもの花は、どんな花と比べても負けないくらい綺麗です。

 ところで、ラベンダーですが、今年は少し遅いですね。(↓の「彩香の里」で早咲きが7割だそうです。) 毎年なら、今頃が見ごろだったと思うのですが。。。でも、本来は、7月の終わりごろが見ごろって言われていたんでしたっけ? 私が来てからのこの5年ほどが早かったのかもしれませんね。今年が本来の見ごろ具合でしょうか。

 さて、ランチですが、この日は以前から行ってみたかった「カフェ・ド・ラペ」へ。森の中に建つ小さなお店です。建物がとっても楽しいです。まず、入り口に悩みますから。あと、トイレの鍵がちょっとだけ複雑で、説明の最後に「変なものを作ってしまってごめんなさい」と書いてあったのには、笑いました。さて、ランチですが、私達は、「ローストポークセット」(1,500円)を頂きました。(例によって写真は撮り忘れました^^;) このセットについてきたトマトカレー(単品でもオーダーできます)が特に気に入りました。スパイシーなハヤシライスのようで、なかなか美味しかったです。また、隣の人が食べていたケーキセット(800円)も魅力的でしたが、おなかいっぱいで諦めました。ケーキが3種類くらいお皿に乗っていたんですよ。次の機会にぜひ!

 5時過ぎまで丘の景色を堪能し、それからは「吹上温泉保養センター 白銀荘」へ。日帰り温泉600円です。こちらは露天風呂が充実しています。男女別それぞれ4つのお風呂があります。さらに混浴で水着着用の露天風呂もあります。露天風呂では夕日と、間近にそびえる十勝岳を眺めながらゆっくりとつかることが出来ました。気持ちよかったです。こちら、石鹸しか置いてありませんので、シャンプー&リンスを持参するのをお忘れなく!三連休の初日ということで、キャンプする人も多かったです。

 お風呂にも入って、めったにしない5時起きがきいたのか、帰りの車では爆睡。しかも、家にたどり着いても目が開かず、そのまま布団へ直行。夜10時ごろ寝て、次の朝起きたのは10時前でした。やりなれないことは、するもんじゃありませんね( ̄▽ ̄;)
[PR]
by haretahi | 2006-07-17 22:00 | 北海道(道北)
<< 花とビール 暑中お見舞い申し上げます >>