みかん夫の趣味とみかんの道楽 2006夏

d0016007_21698.jpg 日曜日、みかん夫の趣味「炭鉱跡めぐり」をしに、夕張に行ってきました。一日中、シトシト雨の降る天気でしたが、彼にはそんなこと関係なかったみたいです。(→廃校になった小学校です。)

 さて、夕張といえば、赤字再建団体の申請をするということで、先日ニュースを騒がせた町です。私にとって、夕張は不思議な町でした。というのも、たくさんの立派な施設が次々と出来たからです。石炭の歴史村のあたりでは、再開発が行われて、町の雰囲気がすっかり変わっていました。でも、町に人は少なく、行くたびに「一体どこにお金があるんだろう?」とみかん夫に尋ねたものでした。なので、今回の「赤字再建団体の申請」のニュースは、正直納得でした。
 石炭の歴史村内にある「石炭博物館」では、「坑道まっくら体験」が出来ます。ヘルメット&ヘッドライトでかつての坑道を歩く体験です。結構おもしろいんですよ。他にも映画のロケセットなど、新たに作るよりも、あるものの維持管理をしっかりし、もっとアピールすべきだったのでは、と個人的には思ってしまいます。
 今日のニュースでは、道の調査で2005年の決算が10億円の赤字だそうです。かつての賑わいどころか、かつての面影すら壊してしまった町、この先どうなるのでしょう。

d0016007_21262218.jpg 大夕張には、建設中のダムがあります。脱ダム時代、こちらのダムは建設続行のようです。今は、国道452号の架け替え工事が盛んです。
 →この橋は、かつての森林鉄道の鉄橋です。私はこの橋の景色が好きで、みかん夫の趣味で夕張に出かける時は、楽しみにしている一つです。でも、ダムが完成すれば沈んでしまう橋。いつまで見れるでしょうか。

 この季節は、夕張に活気があります。町のあちこちに夕張メロンのお店がオープンするからです。高級メロンもサービス品一玉500円なんてのもありました。ぼちぼち買い時ですね。




 みかんの食道楽、今回はソフトクリームです。

d0016007_213725100.jpg「炭ころソフト」 250円
 国道274号沿い、かつての楓駅のそばに、「炭ころソフト 阿部菓子舗」なる旗がヒラヒラしていて、いつも気になっていました。予想では黒いソフトクリームだったのですが、炭ころをくっつけたバニラソフトでした。炭ころの正体は、ブラックコーヒー氷で、甘さ控えめのあっさりバニラソフトと一緒に食べるとおいしいです。赤い炭ころもありましたが、こちらは未体験です。
d0016007_21415398.jpg
「夕張メロンソフト」 280円
 やはり夕張ですから、これでしょう!どこでも味わえるソフトクリームですが(上のお店にもありました)、今回は、ホテルシューパロの側にある「手作りお菓子とお茶の店 和」さんのものです。再開発が行われる前から40年以上も出し続けたお味だとか。今の店舗は2年前に移ってきたものだそうです。
 ちょっとだけシャーベットっぽい食感が良いですよ。
[PR]
by haretahi | 2006-07-25 21:48 | 北海道(道央)
<< 旭山動物園へ 「古い」映画 >>