黄葉の丘へ

d0016007_12152634.jpg 日曜日、カラマツの黄葉を見に美瑛に行ってきました。この時期に美瑛に行くのは初めてでした。

 カラマツの黄葉のこと、写真や話で聞いてすっかり知っているつもりでしたが、実物を見て新鮮な感動。思えば、針葉樹の黄葉って初めて見た気がします。美瑛に着く前、三笠あたりから見ることが出来たのですが、すっかり虜。黄とも茶とも違う不思議な色。光の加減によっては金色に見えます。そして、風に吹かれてサラサラと降ってくるんです。車通りの少ない道では、すっかり降り積もって、道がすっかりカラマツ色に。
 夏にはなんとも思わなかったカラマツ。だけど実は、なんて美しいの!




 晩秋の丘はとても静かでした。夏の賑わいが嘘のように、もうすぐ訪れる冬に備えているようでした。

 美瑛はいいお天気で、カラマツは青空の下、ふわふわっと集まって暖めあっているみたい。
d0016007_1227641.jpg
 このカラマツ林、今にもごそごそっと動き出しそうで。。。だるまさんがころんだっ!


d0016007_1119199.jpg お昼は、ポテトの丘ユースホステルの敷地内にあるブランルージュへ。以前から気になっていたビーフシチューをいただきました。陶器のお鍋に入ってでてくるのでずっとアツアツです。寒い冬に温まりそうな一品。。。なんですが、こちら、冬季休業に入るようです。残念。

 この日は、「パンを食べよう」な日でした。北西の丘展望台の近くにある「パン工房 小麦畑」さんのもっちりとしたパン、駅前にある壺屋美瑛店に併設する「焼きたてパン工房 麦菓堂」の町のパン屋さんの風情が漂うお手ごろパン。どれもおいしかったです。どちらにも共通していたのが、パンの中に入っているもの(クリームやチーズなど)がタップリ。これってなんだか嬉しい♪


 昼食を食べたあとは、おひさまとの競争です。気を抜いたら日没に先を越されます。
d0016007_12273954.jpg

 丘の冬支度も着々と。
d0016007_12281313.jpg

 一日中風が強くて、気温のわりに寒かった丘、最後の方はもう、手がかじかんで辛くなってきました。
d0016007_1223581.jpg


 3:30過ぎ、フラッシュが光りだしたので、終了。札幌より10分くらい早い気がしました。今日は遅く出たのでついたのが11:00。思いのほか日没が早く、それ以上に、丘の景色が想像以上に美しくて、時間が足りませんでした。次回は朝早く動かなくっちゃ。日没が早いから、家には早く帰れるしね。


 さて、これから美瑛にお出かけされる方は、美瑛観光協会が発信するsikibiei's blogを参考になさったり、問い合わせされた方がいいかもしれません。雪や丘の様子、お店などの情報、知らなくてゲッソリしないように。冬の北海道は、冬季通行止や冬季休業がかなりあるんですよ。
[PR]
by haretahi | 2006-11-07 13:12 | 北海道(道北)
<< 自分と向き合う機会 楽しんでいきましょう♪ >>