小樽のクリスマス

 小樽では今、「小樽ロングクリスマス2006」というイベントが開催されています。目玉の一つは、小樽にある11のガラス工房で作られた「ガラスのツリー」。小樽駅にあります。
d0016007_2264476.jpg


d0016007_22113569.jpg また、町のいたるところでクリスマス飾りがされていて、なかなかです。←こちら、う~ぐみの聖地(?)「からくり動物園」の入り口にいるクマさんたちも、すっかりクリスマスらしくなっておりました。いつも以上に楽しそうで何よりです♪





 ちょっと小樽駅について紹介します。

d0016007_22101171.jpg 道外からいらしたみなさんが、空港からまっすぐ小樽にやってきて降り立つホーム、←この4番ホームは、「裕次郎ホーム」と名づけられています。数字が石原裕次郎が好きだったヨットをデザイン化しているでしょ。

d0016007_22213787.jpg さらに奥には、→石原裕次郎の等身大のプレートが。(意外と背は高くなかったんですね。)
 電車を降りて改札へ向かう前に、ちょっと奥へと進んでみてはどうでしょう。

d0016007_22312494.jpg また、小樽駅は、ランプが飾られているのでも有名です。↑のホームの柱にも取り付けてあるでしょ。(今はいっしょにクリスマスリースも付いています。) ロマンチックな街、ガラスの街、小樽らしい演出ですよね。ランプの光はそんなに強い光ではありませんが、ちょっと足を止めて見上げてみてくださいね。


 さて、次は食べ物ネタ。
 小樽には「かま栄」というかまぼこやさんがあります。そのかまぼこ屋さんが始めたファーストフード店「灯台茶房 ラ・カンパネラ」が気になっていまして、行ってきました。「かまぼこの可能性に挑戦」とメニューに書いてありましたが、お店の名前のついた「かま栄ドッグ」が結構有名みたいです。でも、私はちょっと揚げパンな気分ではなかったので、のりとごはんで包まれた「とーふバーガー」280円をいただきました。
d0016007_22514963.jpgd0016007_2252242.jpg
横から(左)と断面図(右。かじっててスイマセン^^;)

 とうふとすり身を練って揚げたかまぼこをはさんだ形の悪いおむすびみたいな感じ。(表現がヘタクソでごめんなさい。) でも、このかまぼこが中に野菜の具が入ってておいしかった♪さすがかまぼこ屋さん!ボリュウムもあってなかなかでした。コバラがすいた時、食べ歩きがしたい時のランチなど、ちょっと面白オイシイですよ。ただこちら、お水をタダでくれません。「小樽の水」というペットボトル(100円)の水は売っています。もちろん他のドリンク類もあります。山中牧場の牛乳も売っています。ちょっと、食べ終わって喉が渇きました^^;) これからは、山中牧場のホットミルクなんていいかもしれないですね。
[PR]
by haretahi | 2006-12-07 23:14 | 北海道(道央)
<< 大沼だんご 北運河散策 >>