音ヲ楽シム♪

d0016007_22145332.jpg 昨日は若葉さんと「ちょっと早いクリスマスパーティーをしよう」ということになって、若葉さんのお家へお出かけしてきました。若葉さんの蜜柑の「かんさつ日記」も5回目。あっ、小さな蜜柑をお土産に持ってきてもらったから、6回目か。実はこんな小さな鉢植えだったんです。でも、立派な蜜柑に育って。果物の木ってすごいです!まだ、少し青みが残った蜜柑でしたが、もう少しで収穫ですね。小さな鏡餅の上にピッタリなサイズ。お正月には鏡餅の上に鎮座するのかな? おいしくな~れ♪

 さて、クリスマスパーティーのメイン。「ピアノ de クリスマス」を聴きに札幌コンサートホールKitaraへ出かけてきました。私が見つけてお誘いしてみたら「一緒に」と言ってくださったので。(ペアチケットがあって、割安だったのです ̄▽ ̄;) 演奏家はハイペリオン・ナイトさん。実はまったく知らない人でした^^;) ピアノは好きですし、演目が私の好みで、さらにチケットもお手ごろだったので、久々に聴いてみたいと思っただけだったんです。




 しかし!今回ほどお金を払って見た価値を感じたことはありませんでした。すっごく楽しいんです♪最初の3曲は「サラッと弾く人だな」という印象で「イマイチ?」と思ったのですが、4曲目、「トムとジェリーで有名になりましたね」という紹介の後始まった「ハンガリー狂詩曲」で私の心を鷲掴みでした。だって、聴いていたら、ピアノの周りをトムとジェリーが走り回って、おっかしくて!もちろんいるわけないんですけど、私の目には間違いなく見えるんですよ。笑いをこらえるのが大変で、心の中で「誰か助けて~!ヤツらをどうにかして~!」って叫んでました。(爆) その前から、なんとなく水面を跳ねる水滴が思い浮かんだり、とにかくイメージが湧き出てくる気がしていたんですが、爆発しましたね。
 後半で私の大好きな「グリーンスリーブズ」のアレンジも大人っぽくてステキで、ラストの「カノン」では神に感謝してました。夢見心地な気分だったんですよ。さらに、本来の演目が12曲だったのに対し、アンコールは13曲、うち演目と被ったのは1曲のみ。後はすべてサラの曲。すべて暗譜で、「レパートリーが広いとはこの人のためにある言葉だ」と思いました。すべてが終わる頃には、心でスタンディング・オベーション!(誰もしなかったので出来ませんでした._. こう見えて小心者。) きっと彼のピアノを聴いたら、ピアノやクラッシックが嫌いな人がかなり減るんじゃないかと思います。「音楽ってこういうものだ」って思いましたもん♪ご本人も楽しそうに演奏されていて、それも見ていて楽しかったです。

 残念ながらサイン会に参加できる「CD購入」には出遅れましたが、お店で探してみようと。朝聞いたら、一日が楽しく過ごせそうな、そんなピアノでした。

 スキップしたい気持ちを抑え(道はつるっつるで普通に歩くことだってままならない状況でした)、若葉さんのお宅に戻って、シャンパンいただきながら終電まで遊ばせてもらいました☆

 うーん、シアワセ♪
[PR]
by haretahi | 2006-12-16 23:00 | 日々の暮らし
<< 年忘れ プチおサルの集い in 札幌 もうこんな時期 >>