お菓子&お話バイキング

 渡辺淳一文学館を後にして、若葉さんのお宅へ久しぶりにおじゃまして来ました。途中、中島公園を抜けたのですが、そこはまだまだ雪深く冬景色が広がっていました。私の生活圏では随分雪がとけて札幌の春らしい「春泥」な景色を目にしていただけに、そのギャップは私の目に新鮮に写りました。それでも、ほんの少しとけた池の上でカモが泳いでいるのをみると、ゆっくりゆっくり春を迎えつつあることを感じることも出来ました。

d0016007_23524379.jpg 若葉さんのおうちでは、桜が咲いていました。花瓶に差された桜は5部咲きといったところ。冬それとも春、4月も近くなって、私の頭はすっかり春モードで、雪景色よりやはり桜に心躍ります♪

 今日は「食べたいおやつは持参で」ということで、森もとのコットンロールを持参したんですが、ちょうど若葉さんのおうちにダンナさんのご実家からおやつが届いていて、テーブルの上はちょっとしたお菓子バイキングでした。しかも、頂いたおやつは余計なものが加えられていない懐かしいおばあちゃんの味といったドーナツやクッキーで、しみじみと美味しい。コットンロールもふわふわとした食感は今っぽいのに、どこか懐かしい素朴な味。まったりとお茶の時間を過ごすにはなかなか良いおやつたちでした。

 そして、時間を忘れ、みかん夫のバンゴハンのことを忘れ、いつものことながら気付けば数時間が過ぎていたのでした ̄▽ ̄;) ちなみに、夫の帰宅が遅くてゴハン間に合ったぞ。セーフ。
[PR]
by haretahi | 2007-03-23 23:44 | 日々の暮らし
<< そらのHAPPY BIRTHDAY 渡辺淳一文学館へ >>