支笏湖へ

風が強かった札幌です。でも、お天気は良かったです。今日は予定ではみかん夫がお勉強をするはずだったので、みかんも家にこもって家事やら仕事やらやるつもりでしたが、お天気に誘われてか彼が「温泉へ行こう」と言ったので出かけました。

本日の日帰り温泉は、支笏湖畔にある「丸駒温泉旅館」です。ここはみかん夫婦にはお高い(1,000円)日帰り温泉です。しかし、旅雑誌『大人のいい旅北海道』についていたクーポンのおかげで半額で済みました。うーん、ありがたい。
ここはすばらしいです。普通に来て1,000円払う価値もあると思います。まず、景色が最高です。目の前が支笏湖ですから。施設も綺麗で清潔ですし、石鹸類・基礎化粧品もそろっています。そして、女風呂の場合30mほど歩く(男風呂は15m)のですが、自然のままの露天風呂がいい。砂利が敷かれた底からお湯がわいてきます。そして支笏湖とつながっていて、支笏湖の水位で深さも決まるそうです。今日は70cm位。他の人の話だと立って入るくらい深い時もあるそうです。底の砂利や周囲の岩にはコケがつき、落ち葉なども浮いています。それを「汚い」と思うか「これぞ秘湯」と思うかは人それぞれ。今日は、バスツアーの方々と重なったらしく、洗い場は待たされて(もともと数は多くないです)最初は「いくら小奇麗だからって」なんて思いましたが、その露天風呂で「裸の付き合い」してたら楽しくて良かったです。(居合わせた小樽のかあさんの人懐っこい浜言葉がまたいい。)ちなみに内風呂の外に「綺麗」な露天風呂もあります。(女風呂の場合、景色はこちらのほうがいいです。)

丸駒温泉旅館 日帰り10:00~15:00(受付) 1,000円 道外の人を連れて行きたい温泉。

d0016007_050318.jpg帰りにオコタンペ湖へ寄ってきました。札幌から支笏湖へ抜ける国道沿いはまだまだ雪も多く、空気も冷く感じていたのですが、オコタンペ湖はまだまだ冬の様相です。画像の手前あたりは凍っていました。展望広場も近くの駐車場も除雪されておらず、一応国道からの入り口には「夏タイヤ通行不可」の看板もありました。(実際には晴れた日の昼間は大丈夫だと思います。)雪を踏み越え写真を撮っていると湯冷めしてしまいそうなくらい寒かったです(ここだけ曇っていましたし)。みなさん、ここの観光はもう少し後のほうがいいです。
[PR]
by haretahi | 2005-05-14 23:59 | 北海道(道央)
<< 久しぶりの映画 みかんの好きなこと その3 >>