今年もメロンの季節です

 ムシムシ札幌です。曇り空で気温だけ上がってます。しかも風が弱いので、ただでさえ風通しの悪いパソコン部屋(みかん夫の部屋)は暑い!でも、夏日程度の気温で、扇風機すら出さずに文句言っているんですから、本州の皆さんから見れば、まだまだ「あまーい!」とどつかれそうですA^^;)

 日曜日に、毎年恒例のメロンの買い付けに夕張へ行ってきました。我が家は毎年箱買いして、実家や友人に送っているのですが、今年は似たような「買い付け隊」が多くてビックリ!どこのメロン屋さんの前にも2・3台車がとまっているから驚きました。我が家は毎年同じ八百屋(魚屋?)さんで買っているのですが、そこのおじいちゃんと話すのが結構楽しみな私なのに、今年は話すヒマさえなかったくらいです。

 ちょうど日ハム対巨人のイースタンリーグの試合が夕張で行われていたので活気があったのもあるとは思うのですが、これはやはり「破綻効果」なんでしょうね。「話題になった夕張」に観光シーズンの今、人が集まっているのでしょう。私の夕張のイメージはゴーストタウンだったので、ちょっと別の町を見ているようでした。ただ、メロンはもう終わりの時期を迎えていますし、夏休みが終われば、人も少しずつ減ってくるのが普通ですから、その後からが本当の勝負なんでしょうね。




d0016007_1591362.jpg さて、久しぶりの夕張。行くならぜったい訪れたいレストランへ行ってきました。「レストラン おーやま」さんです。場所は分かりやすく、JR沼ノ沢駅の駅舎の一部がレストランになっています。オーナーシェフの大山さんは、帝国ホテルで9年修行した方で、お母さまの病気で故郷夕張へ戻られた方です。当時は家業をついでいらしたそうですが、真谷地炭鉱閉山で沈んだ町に活気をと考えられたお父様がこの場所を見つけてこられたことから、このレストランが始まったそうです。

 こちらのレストラン、実は結婚前に夫の趣味で夕張を訪れた時に連れて行ってもらったお店なんです。その後も、時々寄らせてもらっていました。私のイメージは、最初シェフが一人でお店にいて、でも混んでくると電話で奥さんを呼んで二人でお店を切り盛りする、というものでした。それが、今回行ったら、お二人にさらにバイト風のお嬢さんまでいて、席はほぼ満席。またまた驚きです!でも、それも理解できるんですよね。だって、私が久しぶりにこちらに行きたいと思ったのも、「夕張応援」と銘打って組まれたローカル番組の特集で紹介されたメニューをまだ食べたことがなかったので、食べたかったんですから。皆さんだって、同じ考えですよね^^;)
d0016007_15203027.jpgd0016007_15204588.jpg左 「スペシャルラムステーキ」

右 「長いもハンバーグ」

 ラムステーキは夫オーダー。彼はだいたいこちらではラムステーキ食べてます。美味しいらしいです。私はラムがニガテなので、味見もしてませんが。
 私は、夕張の特産品長いもがお肉にも混ぜ込まれ、そして上にもかかっているという「長いもハンバーグ」が食べたくて。こちら、美味しいのは言うまでもないのですが、比較的濃い味のソースに対し、長いもには味がついていないので、自分の好きな濃さで味わえるのが私的には気に入りました。しかもとろ~んとした長いもは、まだ胃のつっかえが取れない私にも優しい美味しさ♪ 旨かったです!

 オープン前、「俺が料理を作ったら山の上でも人が来る」とおっしゃってたシェフだけに、焼き具合などは文句なしです。ただ、基本的にどの料理もソースが照り焼き風の甘辛ソースなんですよね。(美味しいんですけどね。) なので、時にはカレーなど、目先の違うメニューをオーダーするのも良いかも!?

 「レストラン おーやま」 0123-57-3911
 午前11:00~午後8:00 5のつく日は午後3時まで。


 ついでに、食べ物ネタをもう一つ。以前紹介した「お菓子のふじ」さん。前回気に入った「黒ダイヤカステラ」を買いにまた寄ってきました。昨日若葉さんが私の調子伺いに来てくれたので、そのお茶菓子にと思って。若葉さんも「食べたことない味」とおっしゃってましたよ。ぜひ体験して欲しい!?

d0016007_1538867.jpg 今回はもう一つ別のおやつを。←「頑張れ夕張プリンソフト」です。この名前を見たとき、あまりにイメージがわかなくてどうしても食べたくなった1品です^^;) 夕張メロンプリンの上に、バニラソフトを乗せてくれたもの。(名前に「メロン」の文字を入れるかどうかで悩んだそうです。) ソフトクリームは、最近の北海道ソフトの傾向の「ミルク味」と違って、「お菓子屋さんのソフトクリーム」という雰囲気。プリンも洋酒が効いたしっかり味。一つ食べるとずっしり胃にきます。夫と二人で分けて食べたのですが、しばらくゴハンが食べれなかったですから。その名に「頑張れ夕張」とついたこのおやつ。ぜひ、夕張にお出かけの際には、お試しあれ。


 せっかく夕張に行けば、我が夫が流してだけでも見たくなるのが「炭鉱遺産めぐり」。町自体が変わりつつある夕張で、炭鉱跡に残る建物たちは、少しずつ傷んできている気がしました。

d0016007_15484592.jpgd0016007_15514985.jpg そんなドライブの途中、いつも通っていながら足を止めたことがなかった場所を今回は見てきました。「三菱大夕張鉄道保存会」が管理する「南大夕張駅跡」に残る客車です。冬になればきちんとビニールシートで覆ってありますし、中に足を踏み入れると、保存状態の良さに、大切にされているのが分かります。中は、イベント列車として今も道内を走るSLで見た雰囲気を思い出しますが、それよりも現実味があり、素っ気ないかんじがかつて沢山の人を乗せていた今は動くことのない車両であることを実感させます。こんなのもせっかくなので見てみてはいかがでしょう。


 文字にすると、やはり盛りだくさんなメロン買い付けドライブでしたが、「一時の関心」ではない注目がずっと続くと良いなと、ふじやおーやまの笑顔が眩しい方々を見ていて思いました。
[PR]
by haretahi | 2007-08-07 16:01 | 北海道(道央)
<< 南国へ さとの直売いち >>