結婚記念日のお贅沢

 おおむね雨降りの札幌でしたが、日中は雷鳴響かせながらの土砂降りもあれば、晴れ間が覗くことも。夕方からは風が少し強くなって、傘が飛ばされそうでした。こんな日は、建物の中でのんびりと過ごしたいものですが、そうはいかないのが世の常ですね。

 今日はあいにくのお天気でしたが、この連休は好天に恵まれた北海道でした。土曜日はみかん夫、出勤日だったので、我が家のお休みは2日間だけでしたが、この2日が我が家にとって(私にとって)特別なんです。23日は私たち夫婦の結婚記念日、そして24日は私の誕生日と記念日続きなんです。例年なら結婚記念日に美味しい物を食べに行くくらいなんですが、今年は夫婦二人でのんびり迎える最後の記念日なんだと思うと、「大人しか味わえない場所」へ行きたくなりまして、以前からずっと泊まってみたいと思っていた美瑛にある「オーベルジュてふてふ」さんへ、思い切って1泊してきました。

d0016007_2235652.jpg 「思い切って」。。。というのも、普段貧乏旅の我が家に、こちらの宿泊費は正直お高い!貧乏性の私は、1ヶ月前になるまで悩んで、「とれたら予約していい?」とみかん夫に聞き、半分(以上)断られると思い電話してみると、とれちゃんたんですね、これが。嬉しいの半分、やっちゃった半分の複雑な心境ではありましたが^^;)、腹をくくって味わうことにしました。(爆)




 さて、オーベルジュですから、お料理のお味は最高でした。夕食はフレンチのフルコース。

 前菜3品。
d0016007_22443048.jpg名前は覚えていませんが、数種類の魚介の上にバフンウニが乗ったもの。まずはあま~いバフンウニを味わって、その後、魚介たちとドレッシングをあえていただくもの。すべてが当たり前ですが新鮮で絶妙なバランス。美味でございました。
d0016007_22444812.jpgマッシュルームのスープ。香り、旨みとも素晴らしかったです。

d0016007_2245590.jpgカニのグラタンをクレープで包んだもの。網走産のカニがふんだんに入っていて、グラタンといえども重たくなく、カニの旨みがなんともお贅沢な一品でした。


 メイン2品。
d0016007_22523491.jpgd0016007_22531446.jpg

 左 積丹沖で捕れたお刺身でもおいしいヒラメを蒸したもの。ソースがまた素晴らしく、絶妙でしたね。
 右 カモのロースト。カモなので脂っこいかと思っていましたが、おいしくいただきました。
 個人的にはお魚料理の方が良かったかな。ちなみに、お野菜は、すべて美瑛産の無農薬野菜だそうです。珍しい物も多く、細長いブロッコリー「スティックセニョール」なんて、名前をつけた人に会って、名前の由来を聞いてみたい気分になりました。

 締めはデザート。
d0016007_22594547.jpg 左 グレープフルーツの洋酒シロップ漬け。グレープフルーツの酸味が程よく残っていました。
 上 クレームブリュレ。私のイメージは甘ったるいお菓子のイメージなんですが、これは程よい甘さで良かったです。
 右 牛乳のアイスクリーム。サッパリしたお味で、フリーズしていないだけあって、口どけ滑らか。

 このデザートたち、酸味、甘み、サッパリと本当にバランスがよく、食後にこれだけのデザートをいただいても、まったく後に良い意味で残らないのが素晴らしかったです。

d0016007_2372753.jpg 朝食は和食です。一番ダシをきちんととって、どれもとても手の込んだものばかり。朝にこれだけの和食をいただけるのは、幸せです。胃にも優しい気もしますしね。

 本当にお料理には大満足でした。どれも文句なしにおいしかったです。


d0016007_231496.jpg さて、その他の施設ですが、お部屋などは普通かな。ただ、やはりペンションなどと違って、従業員の人の気遣いや対応の丁寧さは良かったですね。お風呂も露天風呂付きで、部屋ごとの貸しきりなので、妊婦でもともとのぼせやすい私は、安心して入れました。
 →こちらのご自慢とおっしゃっていたサロンからの眺めも素晴らしかったです。実は、私はこちらには冬に泊まってみたかったんです。真っ白な雪原をゆっくり眺めながら、おいしい食事をのんびりと味わうというのがやってみたくて。このサロンの大きな窓から外を見ていると、やはりしんしんと降る雪を眺めてみたくなりました。もちろん、この季節はこの季節でステキなんですけどね。

 ただ、このサロン、喫煙室を兼ねていまして、もともとタバコ嫌いで今妊婦の私には非常に納得のいかない環境でした。「大人のお宿」に「タバコ」というアイテムはやはり付き物なんですかね。もちろんたまたま人が多い日に泊まり、さらに喫煙者が多かったというアンラッキーが重なっただけなのかもしれません。愛煙家の方には、素晴らしい景色を眺めながらの一服はこたえられないことでしょう。でも、逆も然り。タバコ嫌いの人間にとって、タバコの臭いほど不愉快な物もないわけで。。。これほど好みがはっきりと二分する物も珍しいのかもしれませんが、もう一工夫欲しいなと思わされた「ご自慢のサロン」でしたね。

 実は↑こんなことを思ったのは、いつもより早く目覚めた朝がもったいなくて、エンヤを聞きながらサロンで自分の世界に浸っていた時で、ちょっと残念感いっぱいになっていた出発前の時間だったんです。その後、おいしい朝食とともに、ディナーの時に記念にと撮ってくれた写真をいただいて見てみると、二人とも穏やかな顔をしていて、私の大きくなったお腹も写って、我ながら微笑ましいというか見ていてシアワセで、なんとなく不愉快だった気分も吹っ飛んだんですよね。さらに、そこには宿泊日(結婚記念日の日付)とお宿の名前も入っていて、とても良い記念になりました。

 終わりよければすべて良し。この1泊がお高かったか安かったか、そんなことは今は考えたくありません。ただ、私的には満足した1泊でした。
[PR]
by haretahi | 2007-09-25 23:53 | 北海道(道北)
<< 特別の場所 ママ友さん♪ >>