特別の場所

 先週末の好天とは打って変わって、今日もどんより曇り空の札幌です。泣きそうで(時々泣いたこともありましたが)今のところほとんど泣かずに済んだ空です。ただ、これからまたも暴風雨になることもあるとか。秋の空は気まぐれで、ちょっとご機嫌ナナメですね。

 さて、くどくて申し訳ないのですが、先週末は私にとっては記念日続きでした。そして、その特別な日に、一番お気に入りの場所、美瑛に行ってきました。
d0016007_17401592.jpg 美瑛で誕生日を過ごしたのは数年ぶりです。三十路の大台を迎えた日、みかん夫は出張中で、どうしても一人で札幌にいるのが嫌でフリーキップを買って美瑛に出かけました。その日は自転車で4時間くらい丘を走り回り、車とは見え方の違う景色に感動し、とても良い誕生日になりました。今回、その時の清々しい気持ちを久しぶりに思い出しつつ、丘の風を気持ちよく感じることが出来ました。そして、あらためて、私にとって美瑛のあの丘の風景は、心のいろいろを良い意味でリセットしてくれる特別な場所だなと思いました。




 さて、私はのんきに丘の景色を味わっていましたが、丘では収穫の真っ最中で、どの畑でも忙しそうに大型機械が動いていました。

d0016007_17495749.jpg
 哲学の木の横では、じゃがいもの収穫中でした。今年は夏に訪れることは出来ませんでしたが、さぞやじゃがいもの花が綺麗だったことでしょう。

d0016007_17513295.jpg
 豆を乾燥させるために積まれた「ニオ」です。ビニールのぼうしをかぶって、なかなかかわいらしい畑の姿です。

d0016007_1835633.jpg 丘にはそんな丘で採れた野菜たちを使ったおいしい食事を提供してくれるお店が沢山あります。そのうちの一つ、「ランド・カフェ」に寄って来ました。こちらは、ランドマン、ステファンさんが作った無農薬野菜を使って奥様がカフェでランチなどを提供しておられます。ステファンさんはドイツ出身ということで、ランドカフェで提供されるお料理やチーズケーキなどは、ドイツの家庭料理だそうです。
d0016007_1844065.jpg この日のランチは「かぼちゃとポテトの煮込みスープ」。単品だと760円です。このスープのとろみ、かぼちゃが崩れてついたものだそうです。それくらいふんだんにかぼちゃが使われていました。ちょっとそれに驚きを覚えたので奥様にそう伝えると、「かぼちゃは売るほどありますからね。」と笑っておっしゃいました。それからレシピも惜しげなく教えてくれて、「おうちでも簡単に作れますよ」と一言。d0016007_1802910.jpg私も野菜スープはよく作りますが、とろみがつくほどのかぼちゃを使ったことはありません。こういうちょっと一工夫のワザをいただいて帰れると、外食して良かったなとつくづく思います。
 ランド・カフェのまわりには、散歩道が整備されています。ただ食事に寄るのも良いのですが、せっかくですから、これから食べる食材が採れる畑などを眺めながら歩いてみて、しっかりお腹を空かせてからランチなどをいただくのも良いかも知れませんね。

d0016007_18254017.jpg ランド・カフェでランチにつくパンは、ドイツのパンなのでしょうか、ちょっと酸味のあるパンでした。丘にはおいしいパンを食べさせてくれるお店が沢山ありますが、そのうちの一つ、美馬牛駅の近くにある「Gosh[ゴーシュ]」にも寄って来ました。本当はテイクアウトでパンを買うだけのつもりで寄ったのですが、思ったよりパンが高くて、お店も比較的空いていましたし、ランチをいただいた方がお得に思えたのでお店で食べることにしました。また、こちらは自家焙煎のコーヒーも美味しいお店で、ランチメニューにはコーヒーもついてきますので、自家製パンとともに両方味わえるのが魅力です。ちなみに、こちらのコーヒーは深入りで苦味とコクが美味しいと思います。私のように酸味がニガテな人や胃が弱い人に飲みやすいコーヒーかもしれません。
d0016007_18294260.jpg さて、私は「シュリンプサラダのふわふわサンドウィッチ」を、みかん夫は「「歩人」ジャンボンハムとブルーチーズのサンド」をチョイス。こちらのもう一つの魅力は、「歩人(ほびっと)」の美味しいハムソーセージを使ったメニューがあることです。どんなに食べ歩きたくても、胃袋がなかなかついきてはくれませんからね。1店で2店のお味を味わえるのはありがたいです。
 ちなみに、こちらのランチ、見た目よりボリュームがあります。コバラが空いたと軽い気持ちで行くと苦しみますよ。(経験者談。。。それはかつての私^^;)


d0016007_18472917.jpg
 最近、美瑛に行くと、いわゆる有名な景色は人が多いので避ける傾向にありました。ただ今回、お腹に赤ちゃんを授かって、みかん夫と出かけた時、「親子の木」に今まで以上に心惹かれました。この木のように、親子3人寄り添って仲良く笑顔で暮らせたら良いなと思います。そして、今回私の思い通りにさせてくれ、さらに身重の私を気遣ってわざわざ私を札幌に送っておいてから、再び車で稚内へと出張に出かけて行ったみかん夫に、とても感謝です。どうも感謝が足りない普段の私ですが、そんなくさくさした私の心を丘の景色が洗い流してくれたのか、本当に幸せな気持ちで心がいっぱいに満たされたそんな記念日の美瑛への旅でした。

d0016007_18573333.jpg
 旅の締めに、きれいに晴れ渡りその雄大な姿をしっかり見せてくれた十勝岳を深山峠より眺めました。
[PR]
by haretahi | 2007-09-27 19:01 | 北海道(道北)
<< お腹が張るって? 結婚記念日のお贅沢 >>