みかんの島より蜜柑ご到着

 比較的晴れた札幌です。昨日まで2日間居座った「冬将軍」殿も、今日は北海道をお発ちになり、少し気温は回復したようです。それでも2・3℃程度。「平年より低め」と言われ続けていた札幌の気温も、いつのまにか「平年並み」に。寒さが早くやってきた今年の札幌です。
 ただ、プラス2・3℃の気温は、逆に湿気を帯びて寒いように私は思います。晴れて空気の乾いた-2・3℃の方が私には心地いいです。とはいえ、水曜日から家を一歩も出ていないので、実際寒いのかどうかは体感していないんですけどね。

d0016007_1845254.jpg そんなひと足早く本格的な寒さがやってきた今年の札幌にある我が家に、今年も実家から蜜柑が届きました。1ヶ月くらい前からお店で見かけるようになった広島産蜜柑、「大長」など名の知れた蜜柑が主流で、実家の島のものは普通、流通しません。試食してみると、私にはちょっと甘ったるい。実家の島の蜜柑は、甘さの中に酸味があります。大長蜜柑などを食べなれた人に言わせると、「昔ながらの蜜柑」といった味だそうです。でも、私には食べ慣れた味。こちらの方がおいしく感じます。

 さて、風邪ひきさんが増えていますね。妊婦生活もあとちょっと。風邪などもひいていられません。蜜柑ををたらふく食べて、しっかりビタミン補給して、風邪を遠ざけないと!(でも、果糖って太りやすいんですよね、実は。。。まっ、いっか。)
[PR]
by haretahi | 2007-12-07 18:56 | 日々の暮らし
<< すくすくと 安静 >>