<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2日目 弘前

金木の宿は、県立芦野公園の傍でしたので、桜まつり中の公園を散歩してから出発。しかし、桜はまだほとんど咲いていませんでした。おまけに筋肉痛が痛くて。。。とほほ

d0016007_1552484.jpg弘前さ来たら桜だべ!と思っていましたが、あまりに岩木山がきれいだったのでまず、りんご畑とともに撮影を。あちらこちらで車をとめ、最後に行き着いたのは「弘前市りんご公園」。りんごの木がたくさんあって、弘前らしい景色を堪能しました。その後、街中にある明治時代に立てられた洋館を巡りました。古い建物好きのみかんには絶対はずせません!弘前学院外人宣教師館(開館時間に間に合わず、中には入れませんでした。でも、側の桜がきれいで絵になってました。)→青森銀行記念館→旧東奥義塾外人教師館(修復工事中で閉館中)→旧弘前市立図書館→藤田記念庭園(ここは建物もいいのですが、その名のとおり庭園がすばらしい。枝垂桜に岩木山を借景にした日本庭園は和みます。)

d0016007_16182325.jpgいよいよ弘前公園です。まだ7~8分咲きでしたが、充分です。綺麗です。重そうにたわわに咲く花。ものすごい迫力です。(みかん夫は祭りの警備のバイトもしていたことがあり、満開を知っているので「あと一歩」とこぼしていました。)ここ数日の好天で一気に花が開いたようです。もう、筋肉痛も吹っ飛びます。あぁ、日本人でえがったぁ(T_T)今年は春が遅かったおかげでゴールデンウィークに花のピークが重なったそうで、この時ばかりは異常気象に感謝です。

鯵ヶ沢泊。この旅唯一の温泉でした。

食べるの大好きみかんの食べ歩きはこちらをクリック
[PR]
by haretahi | 2005-04-30 23:59 | 道外

1日目 津軽半島

28日夜に室蘭港を出発したみかん夫婦は翌早朝、青森に到着。寝不足の目に朝日はまぶしかったです。

まず津軽半島の端、竜飛崎を目指しました。一番の目的は階段国道。ものすごく珍しいですよね。いざ、階段国道を上ってみたら、すっかり次の日は、ふくらはぎ筋肉痛でしたーー;)運動不足過ぎです!(反省)だって札幌って坂ないから、ふくらはぎの筋肉なんてほとんど使わないしぃ、自転車は腿の筋肉使うと思うしぃ?!(言い訳)
d0016007_14114472.jpgそのまま、一往復した後、我が家の旅モデル・う~さんの記念撮影をしていたら、地元のおばあちゃんに話しかけられました。竜飛の皆さんはにっこり挨拶してくれて、暖かな気持ちになれました。すばらしいです。が、おばあちゃん、う~さんを見てなにやら私にいろいろ話してくれてるのですが、わからない( ̄□ ̄;)でも、大丈夫。大学時代弘前で暮らしたみかん夫がすっかりなまった口調で話をしてくれました。あぁ、青森の言葉って、ホント外国語みたい。。。

その後、竜飛崎から北海道を眺め、青函トンネル記念館で海底140mの世界を満喫し、道の駅「ポントマリ」で昼食。そこでは、地元のお祭りらしきものが行われていて、気づけばタダで昆布巻きおにぎりとつみれ汁をご相伴させてもらってました。(町内会のイベントとかで、もし事前にお金を払った人のみ参加可なものでしたら、申し訳ありませんでした。でも、美味かったです。)ついでに、名物イカ焼きも食べちゃいました。(これはちゃんと買いました。100円まけてもらえましたけど。)
その後、十三湖、金木町太宰治記念館「斜陽館」を見物し、五所川原でアップルパイを食べ、夕日に照らされた岩木山を間近で見るべく鯵ヶ沢プリンスホテルまでドライブし、戻って金木泊。

青森で面白かったこと。
その1「交通事情」。何箇所か道路工事していたのですが、工事信号が赤でも対向車が来ていなければ行っちゃうんですよ。で、本当は青信号のはずの対向車がきちんと待っている。工事信号が不必要な青森県です(秋田に入るまでは概ねこんな感じでした)。
その2「パチンコ北大」。道民なら北大といえば「北海道大学」。青森では「パチンコ屋」だそうで、みかん夫の知り合いの青年が「北大に入学が決まった」とき、近所のおじさんが「北大に就職した」と思い込みしばらく顔を見ない青年を心配していた夏、青年が夏休みに帰郷したとき「北海道大学」だということが判明。「おったまげた!」なんてことがあったらしい。
なんか、青森っていいね。
[PR]
by haretahi | 2005-04-29 23:59 | 道外

感謝

ここ数日とても暖かい札幌です。一ヶ月先くらいの気温で10℃後半だそうです。しかし、お日様はチラッとしか見れません。みかんの管理人ネームharetahi(晴れた日)、そしてこのページのアドレスmikanbare(みかん晴れ)に見れるように、晴れた日好きのみかんには物足りない日々です。がんばれ、太陽!

とはいえ、札幌の観光シーズンは始まりました。今日、大通りに今シーズンのとうきびワゴンが登場。香ばしい匂いを振りまくことでしょう。とうきびとはとうもろこしのことです。しばらくは冷凍ものですが、夏になればフレッシュなものが食べられますよ。ちなみに、じゃがバターも売っていますが、その場合は、「バターを狙ってやってくるカラスにご用心!」だそうです。


さて、表には出ていないのですが、『みかんのさっぽろ暮らし』に延べ100人の方がご訪問くださいました。初めて1ヶ月、何度ものぞいてくれた方もチラッとのぞいてみてくれた方も、本当にありがとうございました。幸せでございます。これからの時季、北海道は生き物の息吹をガンガン感じられるようになります。私が見つけた景色をできるだけ紹介していきたいと思います。みかんの気まぐれな生活観ありすぎ日記も含め、今後ともご贔屓に、よろしくお願いします。また、お気軽にcommentもお寄せください。


ゴールデンウィークの始まりですね。今年はラッキーなことに、みかん夫が7連休をいただけることになりました。もっぱら道内観光専門なみかん夫婦ですが、そんなわけで、今夜から東北に行ってまいります。帰ってきたら東北リポートしますね。個人的には「きれいな桜が見れますように」と願わずにはいれません。やっぱり日本人ですな。

では、よいゴールデンウィークを。そして、よろしければ、皆さんのゴールデンウィーク話もお聞かせくださいませ。
[PR]
by haretahi | 2005-04-28 17:10 | 季節の移ろい

雪が解けていました

今日は風が強く曇っていて寒いです。今月は日照時間が短いような気がします。

それに比べ、昨日はいい天気でした。なので、自転車で散歩に出かけてきました。目的は、街中の公園に雪が解けると現れる花畑の開花状況を見ることでした。が、まだ冬季閉鎖中で入れませんでした。雪は解けていたんですけどね。また、別の時にご紹介します。

d0016007_1629498.jpg近代美術館です。4月1日の日記に載せた画像ではまだまだ1m近く雪が残っていたのですが、きれいに解けていました。雪の下に隠れていて見えなかった切り株がいくつか顔を現していてびっくり(画像には写ってないですが)。去年の台風でなぎ倒されたものだと思います。余談ですが、あの台風は、晴れているのに風だけがすさまじいという人生初めて経験したタイプの台風でした。

ついでに美術館のそばにある「カエルヤ珈琲店」(北1西17)によってきました。小さなお店ですが、カエルグッズがいっぱい。「かわいいですね。」と言うと「カエル好きなんです。だからカエルヤ。単純でしょ。」と笑いながら話してくださいました。お店の名刺の裏がかるたになっているのも面白い。お店の方の人柄が素敵なお店です。カウンターからは美術館を眺められます。美術鑑賞のついでに立ち寄るのにいいお店です。


さて、テレビでは今朝起こった兵庫での電車脱線事故の話題が繰り返されています。かなりのスピードでカーブに入っていったとか、前の駅でのオーバーランの調整で遅れたダイヤを取り戻すために飛ばしていたなどの報道がされています。これが原因だと言われてはいませんが、航空機のケースでも上げられた「定刻を守る」ことの現場における大切さ。確かに遅れられたりするとイライラしてしまいますが、私たち利用者も含めて考える必要があるのかもしれませんね。これ以上、死傷者の方が増えませんように。
[PR]
by haretahi | 2005-04-25 16:59 | 季節の移ろい

昨日見た映画

昨日からまた寒さが戻った札幌です。昨夜から今日の午前中にはみぞれが降ったりしていました。今夜はとうとうストーブを焚きました。

さて,昨日は映画を見に行ってきました。1本目は『理由』。大林宣彦監督の作品です。同タイトルの小説の映画化だそうです。ひとつの殺人事件をめぐる証言の数々。総勢107人のキャスト,その107人が全員ノーメイク。最後までなんだか分からないまま淡々と進み,最後あたりでやっとつながったかなと言った感じ。長い作品でした。3時間弱。エンディング曲の歌詞が印象的でした。と言いつつ,正確な歌詞はもう思い出せないのですが,「犯罪がつなぐ縁」といったような表現が繰り返されていました。少しずつ沢山の人が証言に出てきたこの映画らしいと思いました。

2本目は,『ピエロの赤い鼻』。フランス映画です。ある家族のお父さんが週末ピエロになる理由。それがこの映画です。第2次大戦中,ドイツ占領下のフランスでの話。ドイツ兵に捕まった4人(父を含む)のフランス人が開放されるまでの心温まる話。苦しむ彼らの前に現れたピエロを演じるドイツ兵。「生きてる限り希望がある」と告げ,食べ物そして笑顔を与える彼。途中から涙が止まりませんでした。。。戦争は嫌です。失うばかりです。そう強く思わされる映画でした。
[PR]
by haretahi | 2005-04-23 23:06 | 映画

みかんの好きなこと その2

大荒れの札幌です。外は暴風雨です。みかんの里の台風なみ。北海道は台風は少ないですが、風の強い日は多い気がします。

さて、爽やかだった昨日、自転車でめぐったのはスーパーだけではありません。『CAFE さくら』(北23東1)にも行ってみました。コーヒーや甘味がいただける小さなお店です。大きな窓からお庭を眺めながらのんびりと過ごせます。クリームあんみつをいただきました。500円ナリ。

「みかんの好きなこと」その2は、「喫茶店でくつろぐ」です。家とは違うけど、家と同じくらい落ち着くお店で贅沢に時間を費やすのが好きです。おいしいものがリーズナブルに食せればパーフェクトです。更に、景色がいいとありがたい。

テレビや雑誌で良さそうなお店を見つけたら、まず行ってみます。そこで、コーヒーなんか飲みながら仕事をしてみたりします。小道具があると間が持ちます。(ドラマで作家さんなんかが行きつけのお店で仕事をするみたいなことへの憧れもあったりして。)お気に入りのお店でのんびり過ごすとリフレッシュできます。
でも、そうそうパーフェクトなお店とは出会えません。まだまだ探している最中です。結局、探し歩くことも気に入っているんでしょうね、私。実際新しい候補が見つかるとわくわくしますから。

よろしければ、良さそうなお店を紹介してくださいね。札幌・道内はもちろん道外でも、行く機会があるかもしれませんし、旅する楽しみが増えますから。
[PR]
by haretahi | 2005-04-20 20:28 | 日々の暮らし

自転車始動

今日は本当にいいお天気でした。乾燥注意報が出ていたくらいカラッとしていて,布団がふんわり乾いてくれました。

朝,ローカル番組の占いで「欲張って吉」とあったので,お言葉に甘えて(?),今春初,自転車で走り回りました。どこに行ったかと言うと,スーパーめぐり。。。主婦ですから。まずは南へ,午後は北へ。戻って裏にあるスーパーへと3店のはしご。底値を知っていると,最安値でものをゲットするのは結構楽しい。。。ハイ,主婦ですから。

d0016007_1524289.jpgたかがスーパーめぐりですが,きょろきょろと春を探しながら走ると楽しいものです。今いちばん春を演出しているのはクロッカスの花です。他にも,白,青紫,黄色などあちこちで咲いてます。あるおうちのお庭には,庭じゅうに咲いていて本当に綺麗でしたよ。これからは,人の家の花壇を見るのが楽しい時期になります。どんどん花が咲きますから。(カメラかまえてしゃがんでいるので怪しまれないようにせねば。写真をとるのは一応道端だったりおことわりしてからと思っていますよ。)
d0016007_1532583.jpg
あと,大きな道路(札幌新道)の路肩につくしの群生を発見。こっちでお友達になったHちゃんは,「ふきのとうをとってきていろいろお料理した」とメールに書いてありましたが,つくしも春の味ですよね。炒め煮でもしたいなと思いましたが,つくしの生えている場所のあまりの環境の悪さに写真だけいっぱいとって帰ってきました。

かわりに,スーパーで行者にんにく(ヒトビロ・アイヌねぎともいう)を買ってきました。春先,北海道に最初に登場する山菜だそうです。今の気分はパスタに絡めたい。あぁ,楽しみ。
[PR]
by haretahi | 2005-04-19 23:59 | 季節の移ろい

本日の失敗

今日は朝イチから大失敗。お弁当用に基本的に毎晩お米をジャーにセットしてタイマーをオンして寝るのですが、昨夜どうもスイッチを押し忘れたらしく。。。ツヤの無いご飯が2合も膨らんでました。ご存知ですか?保温で膨れたご飯って、激マズなんですよ(T_T)仕方ないからっておかゆなどにしようとすると、米粒がつぶれて米粉を煮詰めた食感というんでしょうか、ざらざらところによりくちゃくちゃ(歯にくっつく感じ)。もう、どうしようもないのです。

最近おなかのことを考えてお弁当用は粉末寒天を加えて炊くようにしています。炊き上がりつやつや、さめても硬くなりにくいというメリットもあります(味に影響なし)。というわけで、本日も入れてあったんです。それで、どうしようもないシロモノをだめもとでおかゆなんぞにしてみました。。。ら、びっくり。やわらかめではありますが、立派なおかゆになってるじゃない。これなら充分食べれます。

寒天はご飯を炊くときに混ぜると、米をコーティングして水分を閉じ込めると何かで見ました。その効果のおかげかなぁ、なんて思っています。確証は無いですが、勝手に寒天に感謝です。うっかりモノの救世主、体にもよくて、もう、大好きです!

2合のおかゆはとてもランチでは食べきれず、今夜の夕食になるのでした。みかん夫よ、ごめんよぉ。
[PR]
by haretahi | 2005-04-18 16:54 | 日々の暮らし

日帰り温泉

天気が悪い札幌です。日中霰が降っていました。小樽あたりでは路面がシャーベット状で高速道路50km規制が出ているとラジオの道路交通情報で言ってました。一気に春とはいかないようです。

今日は2ヶ月ぶりに温泉へ行ってきました。日帰り温泉に行き始めた頃(北海道に来た頃)はお湯より施設のこぎれいな所が好きでした。ですが、最近は、施設が古くてもお湯がいい所(そう感じる所)がいいと思うようになりました。あと、作りが古い所って結構掃除が行き届いてたりするんですよね。もちろんいつもどこでもそうとは言えないですけど。

今日行った温泉は「栗沢温泉」。札幌から車で1時間ちょっとの所にあります。建物は、かつて旅館をされていたと思わせる造りで、お風呂は洗い場が2つしかなく、4人でいっぱいになりそうな小さなものでした。しかし、お湯はいい。肌がつるつるになりました。硫黄泉ということで、あの匂いが「温泉に入ったぞぉ!」という気持ちにさせてくれるのも好きです。個人的にはAランクです。

「栗沢温泉」 20:00まで。昼の部600円。夜の部(18:00より)500円。
6時前についたのですが、かあさんのご好意で夜の部料金にしていただきました(ありがたい)。

ついでに、みかん夫の趣味である炭鉱のあった町めぐり(万字・美流渡)もしてきました。かつて炭鉱があった町は時間がたつにつれてどんどんその姿を変えてしまいます。「つわものどもがゆめのあと」そんな雰囲気です。彼は、町の変化を記録的に写真にとるのを趣味としています。ホームページにまとめる予定です。今日は暗くなってもいましたから、変わりないことを確認しただけでした。

走っていると奥に行くほど結構な雪が降ってきまして、昨日夏タイヤに変えてしまった車では、ほんの少しヒヤリとしたドライブでした。
[PR]
by haretahi | 2005-04-17 22:23 | 北海道(道央)

みかんの好きなこと その1

雨が降ったり止んだりの札幌です。本日例年より2週間遅れで「積雪なし」を記録しました。こんなに遅いのは21年ぶりだそうですよ。大通公園のベンチの設置も始まり(雪に埋もれる期間は撤去するんです)、本格的な観光シーズンの始まりです。

昨日、私がよく行く映画館「蠍座」から手紙が届きました。封を開けてみると、蠍座が毎月発行している「蠍座通信」という上映プログラムとオーナー自身の言葉で書かれた映画紹介が載っているパンフレットでした。同封されていた手紙によると、7本鑑賞で招待券に換えられるスタンプカードを一定枚数提出した(招待券に交換した)人に毎月無料で送ってくれるというものでした。確かに、昨年6月に初めて蠍座に行って以来3月までに、おそらく30本は見たと思います。

札幌に来て好きになったことの一つが「映画鑑賞」です。といっても始まりは「友達もいないし一人で気楽に出かけられること」で思いついただけのことでした。なので、ビデオを借りたりすることはまったくなく、「映画館で見る」のが好きです。今ではお店で一人ごはんはもちろん一人旅までへっちゃらなみかんですが、札幌に来てすぐの頃はまだまだかわいいものでしたなぁ。今の私の一人スタイルのルーツですね。

最初の頃は、ハリウッド映画などの話題作を見ていたのですが、だんだんミニシアター系の映画にハマり、最後にたどり着いたのがこの「蠍座」でした。大きなきっかけは「価格が安い」ことでした。オーナーが見て気に入った映画を上映する映画館というスタイルのおかげか(?)、1本800円、2本で1200円というお手ごろ価格。みかんはさらに、みかん夫の会社が入会している団体が発行する助成券のおかげで、1本500円、2本で900円という価格で見ることができます。これだと映画も「娯楽」と言って良いですよね。ちなみに7本見た後にもらえる招待券で、なんと2本見れてしまいます。太っ腹!

「蠍座」の好きなところ、まずはもちろん上映映画の良さです。ハリウッドから札幌初上陸のシネコンでは絶対見れそうにないタイプの映画・ドキュメンタリーまで幅広く扱われています。好みのジャンルはありますが、「はずした」と思うことはめったにありません。2つ目は、訪れるお客さんの幅の広さです。老若男女を問わずさまざまな人が見れる映画館って、ありそうでないですよね(だからって交流があるわけではありませんが)。3つ目は、「蠍座通信」に見るオーナーの人柄。そういった要素を含んだ映画館の持つ雰囲気が気に入ってます。

このブログにも、これからたびたび映画の話が出てくると思います。さて、今年はどのくらい映画を見るんでしょうね、私。
[PR]
by haretahi | 2005-04-15 12:51 | 映画