<   2005年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

子どもに負けない心で

札幌は冷たい雨の1日でした。夕方頃から強くなり、夜は冷たさがいっそう増した感じです。

さて、金曜日に作った名札の目的は、↓これでした。
d0016007_21522895.jpg

我が家には7匹のオランウータンのぬいぐるみがいます。偶然、みかんブログを見たきゅまさんが、「こちらを見てみて」とコメントしてくださったのが始まり。そして、札幌にはたくさんのサル(オランウータン)がいる、みんなで会ってみよう!ということで実現したのが、今日の「おサルの集い」です(上の画像は「ちえりあ」の電光掲示板の文字です)。d0016007_224073.jpg宮の沢にある札幌市生涯学習センター「ちえりあ」の2F「サークル活動室3」という和室に、なんと、集まったサル37匹、サルばか(親ばかのようなものでしょうか)9人。感動的でした。こんなにいるので、名札は必需品だったのです。それにしても、よその子は、みんな、お洒落さんでした。(うちは、はだかんぼです。)13:00~17:00まででしたが、みかん、完全におだってました!!!夢のような時間。かわいくてたのしかったです。参加者のみなさま、そしてサルたち、ありがとう!

続きはここをクリックして下さい
[PR]
by haretahi | 2005-10-30 22:58 | 日々の暮らし

物作り

曇りがちと聞いていた天気も、比較的晴れていたと思います。空気は落ち着いたひんやり感です。
今日もニュースで虫の話題です。今日は大通公園でケヤキフシアブラムシが大発生だそうです。こちらは11月上旬まで飛ぶんだとか。中心部に用事のある方はご注意下さい。

今日はめずらしく何も予定のない日でした。やることは一応あるのですが、特にあせってどうこうと言うわけではありません。普段、ただぼぉーっとしていると、時間も自分ももてあましがちなので、何か忙しく動くようにしています。ですが、久しぶりに特にスケジュールを立てない日を持ってみると、なかなかいいものでした。気持ちがとってもらく。毎日こうだとキビシイですが、たまにこういう日を持つのはとてもいいな。発見!

d0016007_16213583.jpgちょっと朝はごろごろして、昼前からクラフトを始めました。作ったものは右の写真の「名札」。なぜこんなものを作ったかは、今日のところはヒミツです。文字を切り抜いて、土台に貼り付けただけなのですが、これでも7枚作るのに3時間近くかかりました。でも、結構楽しかったです。
美術の成績は昔からサッパリでした。絵心がないので、たかが名札を作るのに、そのデザインで非常に悩みました。パソコンで作るか、木の板にするか、100円ショップに走るか。昨日の夜なかなか寝付けなかったのに、今朝はあっさりこれを思いつき、思いついてからはひたすら手を動かしました。
始めるまではなかなかですが、始めると物作りは楽しい。アイディアさえぽんぽん浮かんでくれれば、立派な趣味になるのになぁ。やっぱり、だめだぁ。飽きっぽいもんな。時々にしよう。
[PR]
by haretahi | 2005-10-28 16:41 | 日々の暮らし

みかん心と秋の空

今日も良いお天気でした。しかも暖かい。去年の今日、札幌に8cmの雪が積もったなんてこと、思い出せないほどに。そういえば、去年はタイヤ交換を早くやったような気がします。先日も話しましたが、平年の初雪は今日。でも、今年はそんな気配はみじんも感じられない1日でした。

「あたたかい」って幸せだなぁと思います。日の光、お風呂、ふとん、ストーブ、コーヒー、おでん、人の手、人の言葉、人の心。あたたかいものに触れると不思議と幸せに感じます。物理的にあたたかい物は、比較的簡単に体や心もぽかぽかと幸せな気分にしてくれます。でも、心で感じるあたたかさは、時々難しい場合があります。それを感じる自分の心がある程度あたたまっていないと、なかなか感じることが出来ません。
最近、みかんの心はちょっと凍り付いていました。だから、心で感じるあたたかさには鈍くなっていたし、物理的なあたたかさも、心の中であっという間に冷めてしまっていました。でも、今朝ふと溶けました。溶け出したら、洗濯物を干している間に、涙になって流れていました。それは、今日出会ったhappylife-3さんのおかげ(リンクさせてもらいました)。彼らにみかんを紹介してくださったkkさんのおかげ、みかんブログにコメントくださったみなさんのおかげ、そして、みかんがおじゃまするブロガーの皆さんのおかげ。いつも、ブルーな状態から出れた時、同じことを書いている自分に、正直あきれてしまいます。でも、人の心に触れることが出来るのが、みかんにとっては何よりの特効薬のようです。
きっと、また似たようなことを書くと思います。そんな時は、「進歩がないな」と笑いながら、お茶でも飲んでいただけると、なんだかうれしいなと、ふと思ってしまいました。

d0016007_21472998.jpg今日晴々した気分で出かけたら、見事なグラデーションに出会えました。緑から赤茶、赤茶から黄色、黄色から真っ赤。その変化を見ていると、不思議で仕方ありません。何であんなにもゆっくりと微妙で美しい変化をするのでしょう?しかも、どれもきれいです。
でも、やっぱり赤が好きです。
[PR]
by haretahi | 2005-10-27 22:04 | 日々の暮らし

陽光

d0016007_18253651.jpg2時ごろまで暖かかった札幌ですが、夕方の光に変わるそれ以降は急激に寒くなってしまい、今は空気が冷たくて、足元がなんだか冷えます。

ちょうどお昼頃、午後にやってくる受験生に備えて予習をしておこうと、窓辺に机を出しました。そしたらそこにカーテンや窓枠の陰と差し込む陽光が映し出されました。
お天気の良い日は、それだけでなんだかシアワセです。さらにこんなぽかぽか陽気に包まれたら。。。お勉強どころじゃなくなりそうでした。
[PR]
by haretahi | 2005-10-26 18:28 | 日々の暮らし

初雪

今日の札幌、寒かったです!最高気温一桁。今季初のコート(初冬用)着用です。でも、気構えて暖かいカッコで出かけたら、やはりビル内は暑い。外に出て冷たい空気が気持ちよかったなぁ。
やはり、昨日の予報どおり道北で初雪です。とうとう来ましたね。札幌は、ゆきむしが正解。まだでした。でも、そう遠くはないな。ちょっとどきどきします。

今日は(も?)、映画を2本見てきました。
1本目、『海を飛ぶ夢』。スペイン映画です。
若い時、海に飛びこんだら海底に頭を打ち付けてしまい、その時首の骨を折ってしまったことで、以来28年首から下がまったく動かせなくなった男性ラモンが、「尊厳死」を求める話。見ている間中、考えてしまった。もし、みかん夫が同じ状況になったら、絶対に死を選んでほしくない。私のために生きてほしいと思う。でも、もし私がラモンの状態になったら、みかん夫に「自分のために生きてくれ」と言われて、生きる気になるだろうか。みかんは、自分が誰かに必要とされてこそ、生きている価値があると思うところがある。だったら、みかん夫に「必要だ」と言われれば生きられる?と、自分に問うと、「それはきっと、面と向かって迷惑だと言えないだけだ。本心ではない。」などとひねくれてしまうだろうと思う。結局、何もできない自分に納得がいかないと思うのだ。(もちろん、映画の中の彼が「四肢麻痺の方の尊厳を否定するわけではない。個人的なことだ。」と言っていたのと同様に、みかん個人のことに過ぎない。)ところが、ここまで自分の場合は。。。と思っておきながら、みかん夫がラモンのようになった場合に、「じゃぁ、みかん夫が尊厳死を求めたら?」と問い返すと、やっぱり「めちゃくちゃ怒る。絶対に死なせない!」などと思ってしまう。これをぐるぐると繰り返しながら、気付いたら涙が出ていた。とても、「ラモンの立場に立って」「周りの人の立場に立って」、ましてや「一般的に」なんて、考える余裕はなかった映画だった。

2本目は、『大いなる休暇』。カナダ映画です。
昔は漁業で栄えた小さな島も、今では全員が生活保護で暮らす日々。そこに、工場誘致の話が飛び込んできた。条件は島に医者がいること。もうずっと医者がいなかった島では、医者を住まわせるべく、やっとやってきた医者に島が好きになるように、島民全員で工作する。それが、はっきり言って「くだらない」のだ。だけど、それがあまりに必死で「くだらない」で片付けられなくなる。みかんの感想は「愛すべきくだらなさ」かな。おもしろかったです!

最近、基本的に映画は1日に2本見ています。どちらを先に見るかを決める一番の要因は「開始時間」です。ただ、時々「しまった。逆に見ればよかった。」と思うことがあります。今日はこの順番で正解でした。後味よく「見てよかった」と思うには、この「順番」も結構重要だと最近思います。
[PR]
by haretahi | 2005-10-25 22:15 | 映画

雪だるまマーク

いいお天気の札幌です。部屋の中は、太陽光のおかげでぽかぽかです。
洗濯物を干している間に、今のみかんの天敵、「虫」が2匹も部屋の中へ入っていました( ̄□ ̄;)楽しそうに踊るように飛び回っています。外より部屋の中の方が暖かいですから、窓を開けていても逃げてくれそうにありません。虫除けをして、窓は開けてあるのですが、逃げるどころか逆に、2匹から3匹そしてそれ以上にならないかと思うと、なんだか落ち着きません。あぁ、虫怖い!(っていうか、虫の話題シツコイ!?)

とうとう天気予報に「雪だるま」登場です。一応まだ稚内や旭川など道北だけですが、札幌も明日あたり微妙だそうです。
ところで、気温が6℃以上だと、確実に雨だそうです。そして2.5℃だと雨と雪の確立が50%ずつになるそうです。明日の稚内は最高気温でも、今のところ5℃の予想。雪の時間の方が多いだろうとのことです。旭川あたりも明け方に雪マークがついていました。今朝の天気予報だと、岩見沢あたりも怪しいそうです。岩見沢は札幌から北へ車で1時間くらいの町ですから、そう思うと札幌だって可能性はありますよね。明日の札幌の予想最低気温が5℃、最高気温は9℃。ゆきむしの出没状況から思えば、まだ早い気がしますが、いったいどうなるでしょう?

ふと、思ったこと。
[PR]
by haretahi | 2005-10-24 12:31 | 日々の暮らし

北海道の紅葉

曇り空の札幌でした。気候はすっかり低め安定です。

ここ2ヶ月くらい、みかん夫の試験や仕事、そして私の体調やらで、すっかり二人で出かけることがありませんでした。ですから、今日のドライブは、本当に久しぶりでした。ドライブの目的は、以前行った野菜の直売所へお買い物です。季節が移ったので、売られている野菜も少々変わっていました。今日は、トマト、ナス、ピーマン、白いかぼちゃに白菜です。白いかぼちゃは外の皮が真っ白で、売られているおばあちゃんによると、緑色のものと違って春近くまで腐らないそうなのです。冬至にかぼちゃを食べたいので、それを聞いて買いました。でも、食べちゃうかも。まぁ、その時はその時だ。ホクホク甘いとおっしゃってたしね。白菜も大きくてきれいでみずみずしくて、寒くなってきたので鍋でたっぷりいただきたいです。
新鮮野菜を安く手に入れられるのもいいのですが、売られているおばあちゃんとお話するのも楽しかったです。みかんは田舎育ちで、農業するおばあちゃんたちに囲まれて育ったせいか、なんだか似たような出で立ちで現れたおばあちゃんと話すと、なんだかホッとしました。もう、今シーズンはこれが最後かもしれませんが、やはり、いいですね、直売所。

d0016007_21391218.jpgそれから、ちょっと当別のあたりをドライブして帰りました。山全体が紅葉していて綺麗でした。
みかんが北海道に来て最初に紅葉を見たときは、なんだかその美しさをあまり感じませんでした。広島では紅葉の名所と呼ばれるお寺や公園へ見に行っていました。そういう所の場合、狭い場所全体が真っ赤だったり真っ黄色だったりして、とにかく鮮やかなのです。ですが、北海道の場合、どちらかというと、山全体が紅葉し、しかも黄色が多いので、スケールが大きすぎて逆に迫力がないように見えました。しかし、数年前、ニセコから共和町へ抜ける道路で道路脇の斜面が全体に紅葉しているのを見て、その美しさに目覚めました。北海道の紅葉は山という土台に、赤や黄色、常緑樹の緑などで、絵を描いたようです。今年来たみかんママやキューピットさんも、山の紅葉はパッとしなかったようです。本州人(中国地方の人?)には、北海道のような紅葉はぱっと見では、美しさを理解しづらいのかも知れません。
[PR]
by haretahi | 2005-10-23 21:58 | 季節の移ろい

お漬物の季節

午前中雨で、湿気を含んだ空気が、ひんやりと冷たく絡む札幌です。

一昨日から、みかんブログで虫の話題をお伝えしておりますが、新聞ニュースになりました。これらの虫は、雪の降る前のこの時期に、引越しをするわけで、彼らにとって「冬支度」なのでしょう。
冬支度をするのは人も同じです。札幌に来て驚いたのは、10月になると「越冬野菜」や「漬物用野菜」といった名前の冬支度の野菜たちがスーパーに並ぶことでした。「越冬野菜」とは、今年取れたじゃがいもやたまねぎなどが5kgとか10kgとか、そういう単位で結構お手ごろ価格でど~んと売られます。「漬物用野菜」とは読んで字の如しなのですが、売られ方が白菜なら10kg、大根なら10本くらいの単位になります。普通に1個買うよりかなりお得です。「やはり保存食の世界なんだな」と思ったものでした。(もちろん、今は流通がしっかりしていますから雪が降っても何でも買えますよ。)そして、大根がたくさんベランダなどに干してあるのをよく見かける季節でもあります。

d0016007_1862187.jpgその、漬物野菜の中で、ひときわみかんの目を引いたのがキャベツ。特大です!!画像だと分かりにくいですか?近くにある、たまねぎやカブと比べてもらったらちょっと分かってもらえますか?直径30cmはかるくありそうなキャベツなのです。超特大になると50cmくらいはありそうなものも見たことがあります。初めて来た年の秋に特大キャベツを見た時は、足が止まってしまいました。それくらいビビッたのです。さすがに5年もたてば、普通に通りすがれるようになりました。でも、毎年、この特大キャベツを見ると、「もうじき冬だな」と感じるみかんです。
[PR]
by haretahi | 2005-10-22 18:15 | 季節の移ろい

今が盛りの札幌市街の紅葉ですが

d0016007_1843917.jpg今日は午前中は晴れていましたが、午後は曇り。天気は下り坂です。
今日は、映画を見てきました。そのついでに北大にも寄ってきました。以前子ガモレポートをした池では紅葉していました。やはり、きれいです。そして、池を泳ぐカモ。その時の子ガモたちはいるのでしょうか?もう、まったく見分けはつきません。でも、カモたちを見ていると和みました。

昨日、「悪夢を見た」という話をしましたが、やはり、今日も虫は多かったです。昨日のような異常発生はさすがに市街地ではありませんが、多いです。自転車に乗れば、顔にあたり、服につきます。今日のメインはゆきむし。白くて大きいので目立ちます。札幌の初雪も時間の問題ですね。
さて、昨日の異常発生、さすがにローカルニュースになりましたね。今日も同じ辺りで続いているようです。そして、札幌市も調査をしたそうです。専門家によると、黒くて小さな虫は、「ケヤキフシアブラムシ」というそうです。みかんの予想通り、やはり、今年の長引いた高温のおかげで、繁殖が例年以上にうまくいった結果だそうです。そうそう、この虫、一応人体に悪影響はないそうです。
もともと虫はニガテなのですが、昨日の悪夢ですっかり恐怖状態です。ゆきむしも、みかんが札幌に来てこんなに多いのは初めてです。紅葉はまだまだ気になりますが、今年はもういいかな。虫が怖くて外にいる間はずっと緊張状態。今日は、本当に疲れました。

今日見た映画の話はコチラです。
[PR]
by haretahi | 2005-10-21 19:31 | 映画

芸術の森へ

いいお天気で、数日ぶりにぽかぽか陽気の札幌でした。

今日は日曜日で終わってしまう「造形集団 海洋堂の奇跡」を見に、芸術の森美術館へ行ってきました。展示は簡単に言うと、海洋堂が作り出したフィギュアや食玩(お菓子のおまけ)の展示です。まず、みかんの大好きな「ドラゴンボール」「ムーミン」「ポケモン」といったキャラのよくできたフィギュアに感動です。懐かしい「ガンダム」や「ウルトラマン」などのものも思わず感激。もちろん、知らないキャラクターでもその作りのかわいさや精巧さに、目は釘付けです。
また、動物や恐竜といった世界も驚くほど生き生きとしている。これは、一部のマニアや子どものための展示ではありません。プラモデルや人形遊びなどが好きだった方は、残り数日ですが、行ってみるときっと楽しいと思いますよ。

d0016007_22444448.jpgさて、せっかくですから、久しぶりに野外美術館にも行ってきました。私はこの野外美術館が好きです。とても静かな中で、森の中を散歩しながら、70を超える彫刻を見て行きます。さらに、この時期は紅葉や栗拾いも楽しめます。以前、ボランティアガイドの方に一つ一つ説明していただいたことがあります。そのとき、ただ、好きか嫌いかでしか判断していなかった彫刻の見方や作者の考えなどを聞いて、また、新たな発見をうれしく思いました。今日もそれを思い出しつつ、特にお気に入りの作品にカメラを向けながら、歩いてきました。(画像は、「二人の空」です。)

悪夢
[PR]
by haretahi | 2005-10-20 23:15 | 札幌