<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

絵のような空

 朝から快晴だった札幌。気温もぐんと上がり26.7℃、今夏一番だったそうです。でも、北海道らしいカラッとした気候。風が気持ちよかったです。

d0016007_2217098.jpg 今日も布団をベランダいっぱいに干した後、百合が原公園へと行ってきました。月曜日に行ったばかりですが、この時期は、2・3日で次々と花が咲くので、目が離せません。今日は、月曜日にまだ蕾が多かったシャクヤクが満開でした。線路のカーブに沿って咲く沢山のシャクヤクは迫力があります。しかも品が良い。香りも上品な香水のようです。バラの甘い香りと違って、とってもオトナな雰囲気。私にはこの香りは似合わないかな。でも、そんな凛とした花も、蕾の時は、丸く固まって、お饅頭のようです。そのギャップがなんとも女性的な花だと思いました。

d0016007_22252112.jpg シャクヤクのアーチを過ぎると、今度は←こんなカラフルな花壇を発見。手前のピンクはルピナスなのですが、そのルピナスよりひょろっと背の高い花、何の花だろう? 毎年、この花が咲いているところを見逃しては、「どんな花だったんだろう」と思っていたのですが、やっと見ることが出来ました。

d0016007_2239486.jpg 香りでいうと、→この白い花も柑橘のような甘い香りが快いです。近くにいると、そのいい匂いにその場から離れ難くなります。やっぱり名前がわからないのですが、木にいっぱい咲いていました。匂い以外にも、この白い花が、どこか柑橘を思わせます。(先日蜜柑の花を見たからかな。) もし、この後、実がなるようなことがあったらちょっと嬉しいな。

d0016007_22462664.jpg 今日の空は、見るたびに様々な姿を見せてくれて、見ていて飽きませんでした。どの瞬間を見ても、なんだか水彩画のようで、自分が絵の中の世界に迷い込んだような気さえしてしまう一日でした。特に、→公園を出る頃(4時過ぎ)の空は、おもしろかったです。奥に小さく見える手稲山から、放射状に雲が噴出しているようでした。その噴出口あたりには、モクッとしたふわふわ雲も浮いていて、その場違いなような雲がまた、ユーモラスでした。
 さらには、7:30頃、立ち止まって眺めずにはいられないほど、夕焼けが美しかったです。
[PR]
by haretahi | 2006-06-30 22:59 | 季節の移ろい

ヤッタ!ヤッタ!

d0016007_1014410.jpg 昨日の午後から、とっても良いお天気の札幌です。やっと、本来の札幌らしくなりました。昨日は、日が差し出したと同時に気温も上がり、大通公園の噴水の勢いが、見ていて爽快で、思わずカメラを向けました。
 家を出た頃は、薄曇、どころか、黒い雲が頭上に広がっていたため、油断したのですが、大失敗でした。日にあたっていると、じりじりと暑いのです。自分では見えないのですが、首の後ろなんて、茶黒いマフラーしてるんだろうな。ちなみに、手にはとっくに茶黒い手袋に白い指輪をしています( ̄▽ ̄;)

d0016007_1011552.jpgd0016007_10112342.jpg 好きな花の一つにバラがあります。大通公園の西の端に、バラ園があって、去年も出掛けたのですが、これが、毎年楽しみなんです。
 西側に「札幌市資料館」の洋館が建っていて、そちらに向かって眺めると、バラ園は、その前庭のようで、バラが花を添えるこの時期は、どこぞのお城にでも訪問している気分です。天高く登るように植えられたもの、地に彩を添えるかのように植えられたもの、見ていて飽きません。飽きないのは、その美しさだけではなく、香りにも誘われます。やさしくも気高い香り。写真を撮る枚数も自然に増えます。
d0016007_10251453.jpg 私がここで一番好きだったのが、←この「バタースコッチ」。この色、控えめで品のあるこの色が、なんともオシャレなんですよ。なのに、この甘ったるい名前。でも、ピッタリ!ピカイチです☆写真より、絶対実物です。四季咲き性があるそうなので、長く見れる花かもしれませんが、ぜひ、他の花もたくさん見れる、今、お出かけ下さい。

 この日曜日まで、大通公園では、花フェスタ2006が行われています。西2丁目から西8丁目まで、色とりどりの花でいっぱいです。特に、ランがお好きな方は必見かもしれません。d0016007_10404080.jpg今年は、高校生が育てた花で作った、「フラワーカーペット」もあります。結構見ごたえありましたよ。私が行った時には、しおれた花鉢を交換していました。そうやって、手入れをし、キレイに見せてくれているんですね。
 今週末は、お天気も良いようですから、お時間がある方は、大通り公園を端から端まで散歩されてみてはどうでしょうか。ただし、日焼け対策をお忘れなく!
[PR]
by haretahi | 2006-06-30 10:48 | 季節の移ろい

アイヲソソグ

 天気予報がハズれました♪朝は曇りでしたが、時間が経つごとに晴れ、夕方には快晴です。明日も雨の予報でしたが、晴れに変わりました。お天気に軟禁されていた気分でしたが、明日には自由に動けそうです。

d0016007_18535876.jpg 今日は、週末に大事なお出かけを控えたう~を、クリーニングしました。人が普通に座る椅子に、普通に座ってしまう彼ですから、クリーニングに3時間かかりました。半年ぶりくらいでしたが、拭くタオルは真っ黒です。それだけ安らぎをもらっているってことかな。「いつもすまないねぇ。」
 予想外にお天気が回復したので、ちょっと外に気持ちが飛んでいきそうだったのですが、なんだかう~が気持ち良さそうなので、最後までキレイにしてやることが出来ました。っていうより、こう何かに集中して愛を注ぐのは、こちらが嬉しくなるから、不思議です。
 でも、後にはうーたんが6人も控えているので、嬉しいばかりとは、言っていられないんですけどね。

 ちなみに、ウチのう~ぐみの気まま暮らしを垣間見てみようかな、なんて「サルばか」な方がいらっしゃいましたら、コチラもどうぞ♪
[PR]
by haretahi | 2006-06-28 19:04 | 日々の暮らし

でかけなくっちゃ!

 晴れました!さらに暖かい(暑い)日でした。木陰でお昼寝したくなるくらい。しかも、一日中。嬉しいです♪でも、明日にはまた雨の予報(T-T) だから、今日はとっても貴重な日。お洗濯もお布団も干したら、さぁ、出かけなくっちゃ!

d0016007_1823118.jpg 悪天候で、先週百合が原公園へ行けなかったので、出かけてきました。前に蕾だった花たちが気になって。
 散歩を始めてすぐ、ポプラの綿毛が迎えてくれました。ふわふわ飛んで、ふかふか道に積もっていました。→ポプラの根本には、エゾスカシユリがたくさん咲いていました。(柵からちょっと遠くて、大きく写真には撮れませんでした。) エゾスカシユリ、土曜日に出かけた石狩浜でも咲いていました。今は道内で比較的よく見れるのかな?

d0016007_18283941.jpg 他に、もう一つ、「イワユリ」が咲いていました。遠目に見ると、エゾスカシユリかと思うくらい似ています。本州の新潟県までの海岸線で見れる花のようで、札幌で見れるのは珍しいのかな。空に向かって花を開いて、お日様いっぱい浴びています。パワーいっぱいの花に見えるのは、花の色のせいでしょうか。中心にたくさんの斑点をつけています。

 たくさんのユリが茎を伸ばし花芽をつけ始めていました。もうじきです。もうじきまた、百合が原公園が一番華やかな時期を迎えます。

d0016007_18351032.jpg 一足先に、色とりどりのルピナスが天に向かって花を咲かせていました。さすが、登り藤!すごい勢いです。

 ハマナスをはじめ、バラ科の花たちが開き始めていました。ユリがピークを迎える前に、次はバラの写真をたくさんのせるかもしれません。バラ、大好きです。

 他にもたくさんの花が、咲きたそうにしていました。今日みたいな日が、ずっと続いてくれたら、喜んでどんどん咲くことでしょう。そしたら、私も、喜んでどんどん見に行くのに。

 晴~れろ、晴れろ♪
[PR]
by haretahi | 2006-06-26 18:46 | 季節の移ろい

石狩浜 はまなすの丘公園へ

 久しぶりに青空が見れた札幌です。ベランダに出ただけでも気持ちが良いです。でも、日差しの強さに驚きました。そういえば、6月ももう終わり、強くて当然ですね。久しぶりの晴天に、ちょっとくらい日焼けしてもいいや、なんて思ってしまいそうでした。(ダメです!もう若くないですから!)

 先日、百合が原公園で、ヒマラヤの青いケシを見たとき、「花めぐりスタンプラリー」というのを知りました。札幌近郊の花風景を巡って、スタンプを集めようという企画です。このスタンプ帳が良く出来ていて、それぞれの場所の説明や詳しい情報などが載っています。今年はそれに参加してみようと思いました。つでに、「はなたび北海道」にも参加してしまいましょう!

d0016007_20491631.jpg 今日は、札幌のお隣、石狩市にある「石狩浜 ハマナスの丘公園」へ出かけてきました。札幌を出てすぐ、せっかくの青空がどんどん曇り空に変わってきました。「同じ石狩支庁なのに」とぼやきながら、目的地に到着。まずは、ヴィジターセンターでスタンプを押しました。それから、ハマナスの丘公園を散策です。
 ここは、石狩川河口と日本海に挟まれていて、海浜植物の保護区になっています。(→写真の真ん中辺りに見えるのは、日本海。) d0016007_2053976.jpgここの公園自体の名前にもなっているように、ハマナスが広く咲いています。ハマナスは、札幌でもあちらこちらにありますが、それらは結構大きな木(高い物になると1.5mくらい)なんです。でも、ここのほとんどのものは、まるで鉢植えにでも出来そうな、そんな小さく背の低いものが地を這うように生えているのが特徴です。おそらく、日本海から吹き付ける冷たい風のせいで、大きくなれないのでしょう。しかも、砂地ですし。しかし、小さなカブには大きすぎるほどの大輪の花を咲かせていました。公園などの花壇と比べたら、どこか物足りないのかもしれませんが、点々とどこまでも咲く花は、今が見ごろとばかりに広がっていました。良く見ないと、その美しさを見落としてしまうかも知れませんが。
d0016007_2145880.jpg
 ハマナス以外にも、たくさんの花が咲くようで、今はハマエンドウがたくさん咲いていました。ハマナスの大輪の周りに、小さな花が包み込むように咲いていて、これまた綺麗でした。

 札幌を出るときは暑いくらいで、普段持ち歩く綿マフラーも今日だけ置いていってしまいました。しかし、曇り空に加え、浜風はまだ肌寒く、ゆっくり花を眺めるには薄着は不向きでした。もし、これから行ってみようと思われる方は、ぜひ、1枚上着を持参してください。寒くて早めに引き返すのは、もったいないですから。札幌のお隣でありながら、やはり海辺の天気は、読めませんね。
[PR]
by haretahi | 2006-06-24 21:13 | 北海道(道央)

繰り返し繰り返し聞きたくなる話

 「今日もどんよりの札幌でした。」 最近毎日こればかりですね。でも、残念ながら、天気予報より現実は雨がしつこく残りました。やりようのない天気へのイライラのせいで、お天気オネエサンが憎たらしくてたまりません( ̄▽ ̄;)

 みかん夫が、今夜飲み会なので、夜になって映画を見に出かけました。
 今夜は1本だけ。「博士が愛した数式」 邦画です。
 博士は過去の事故のせいで、記憶が80分しか持ちません。そこに派遣された家政婦。二人の毎日は、博士の「君の靴のサイズはいくらだい?」から始まります。そこに博士の好意で訪れるようになった家政婦の子ども。博士は彼を√(ルート)と呼びました。博士の話す数式の話、そこから3人の暖かい時間が存在するようになりました。
 この映画は、大人になった√(ルート)が数学教師になり、最初の授業で、なぜ自分が√(ルート)と呼ばれるようになったのか、を語ることで話が進んでいきます。私は、小学生の時、算数が大好きでした。中学生になって、数学が苦手になりました。そして、高校では、大嫌いでした。でも、博士のように数式の持つ美しい話を人の生き方に重ねながら聞かせてもらっていれば、√(ルート)のように、数式の話を博士や母と過ごした思い出と同じように大切に話してもらっていれば、少しは違ったかも知れません。。。な~んて、言い訳!(笑)
 とてもステキな話なのですが、一度では、とても覚えられません。博士の話、点がいくつも集まって線になるように、何度も何度も繰り返し聞かせてほしい、そんな気持ちになる映画でした。

 10時過ぎに外に出てみると、空は一面曇りで、今夜もやっぱり明るい空でした。見上げた先にあったJRタワーに、ふと上がってみたくなって、38階の展望室へ登ってみました。曇り空に加え、もやがかかっていて、遠くまで見渡すことはできませんでしたが、それでもやはり綺麗でした。南では、色とりどりのすすきののネオンの中に、新顔「ノルベサ」の観覧車が一際目をひきます。まだ行ったことがないのですが、こうやって眺めるのもなかなかのものでした。それに対し、北には、目立つ光は一つもありません。でも、先までまっすぐ光が伸びて、遠くではキラキラと車のヘッドライトがまとまって動いていきます。落ち着きのある景色。私はこちらが好きでしばらく眺めていました。
 綺麗な夜景、お見せしたいのは山々ですが、カメラも携帯もバッテリー切れ。なので、ぜひ、ホンモノを見にお出かけ下さい。
[PR]
by haretahi | 2006-06-23 23:56 | 映画

日々のクセ

 今日も雨の札幌でした。午前中は晴れそうな感じだったんです。昨日同様、大丈夫そうに思ったんです。だから、自転車で出かけたんです。が、結局天気予報通り、雨でした。で、出先からすぐに帰れず、雨がやむまで時間をつぶすハメに。昨日のことで、学習すればいいのに、私。「近い時間の天気予報は当たる!」

 今日は、フリーペーパー「QuiCooking」の料理教室に行ってきました。ラッキーなことに、過去4回の料理教室のうち、申し込んだ3回はすべて、行かせてもらってます。抽選なんですけど、これだけは、百発百中です。
 今日は、5品。うち、私は「生刻み昆布とにんじんのきんぴら」を主に作りました。普段、私の作るきんぴらって、根菜を千切りと短冊切りの中間くらいの幅に切るんです。つい、いつものように切ってしまったら、小笠原先生にも、同じ班の人にも「太い」と笑われてしまいました( ̄▽ ̄;) 確かにレシピには千切りと書いてあったし、写真のにんじんも細い!よく見てやればよかったf^^;) 普段適当なのが、バレバレでした。

 嬉しかったことが一つ。前回班が一緒だった人と、偶然にもまた同じ班に。しかも、覚えていてくれました!すごい偶然。お互い、その後の話などしたりして、和やかに出来ました。たいていのイベントには一人で行くので、特に会話とかってないんですけど、今日は一人ながら、なんだか友達とでも出かけたような、そんな楽しい気分を味わえました。
[PR]
by haretahi | 2006-06-22 22:59 | 日々の暮らし

夏至の夜

 雨の予報の割には、日中あまり雨が降らなかった札幌です。
 今の札幌は、朝3:30頃夜が明けます。昼が長い札幌で、今年も今日から「サマータイム実験」が始まりました。参加する企業では、始業&終業時間が1時間繰り上がります。その分、仕事の後の余暇を楽しんでもらって、経済効果をあげようという試み。今年で3年目です。

 さて、今日は夏至です。札幌では、今日、昼の時間が約15時間半と長い一日でした。冬至の頃と比べると6時間も昼が長いそうです。そんな今夜、「さっぽろキャンドルナイト2006」というイベントが行われました。夜8:00~10:00の間、街の主な施設が消灯し、このイベントに参加したレストランなどでは、電気のかわりにキャンドルのあかりで楽しみ、そして同時に、エネルギー資源について考えようといった催しです。

d0016007_22595692.jpg 赤レンガ前庭で行われる「赤レンガ花あかりキャンドル」というのを見てみたいと思っていましたが、雨の予報にあきらめようかと思っていました。でも、夕方、なんとなく空が明るくなっていたので、出かけてみることにしました。自分のカンを信じて。しかし、地下鉄を下りて、地上に出る頃には、すっかり雨。天気予報も、はずしてほしい時にははずさないな。でも、雨の中、そのイベントは行われていました。ト音記号型に並べられたロウソクに、関係者の方は雨の中、苦労しながら灯りを灯しておられました。雨のおかげで、アスファルトがミラー状になって、そこに写る淡い光までも綺麗でした。

d0016007_2311858.jpgd0016007_23111930.jpg テレビ塔、数年前のお色直し以降、以前より明るく綺麗になりました。15分くらいでしょうか。雨の中、消灯の時間をデジタル時計を眺めつつ待ちました。ゆっくり見ていると、展望台から雨の雫がぽたぽたと落ちる姿がはっきりと見え、「こんなにまじまじとテレビ塔を見たことはなかったな」と思いました。そして、8時、時計台の鐘の音と同時にパッと電気が消されました。雨音も重なって、なんともロマンチック。一瞬、賑やかな市街地にいるのを忘れました。

 夜8時、テレビ塔のあかりが消えると、急に空が明るくなりました。
 札幌は、夜でもとても明るいです。特に今日のような雲が空を覆っている日は、外を見ると、夜なのにその明るさに、昼のような錯覚に陥りそうになります。

 大都会札幌の、ちょっとだけ省エネで、ちょっとだけ静かに感じる夏至の夜です。
[PR]
by haretahi | 2006-06-21 23:25 | 札幌

気になるセミ

 今日もどんよりの札幌です。梅雨のない北海道は、この時期青空が広がって、カラッと気持ちの良い気候の日が続くのが例年なのですが、今年はどうも青空が広がる日が少なめです。十勝では、日照時間が例年の半分以下だそうです。農作物にも影響が出そうという話。平年通りの気候に、早く戻ってほしいです。

 昨日書いた中に書き忘れたのですが、土曜日に滝野すずらん丘陵公園に行ったとき、たくさんのセミが鳴いていました。ヒグラシのような声がほとんどなのですが、その中に「ア~ヒィ~、ア~ヒィ~」(間寛平風)となくセミが。っていうか、たぶんセミではないかと思うのです。あまりに気になって(おかしくて)、とまっていそうな木を眺めては見たものの、正体は見つかりませんでした。聞いたことありませんか?

 気になる。
[PR]
by haretahi | 2006-06-20 18:03 | 季節の移ろい

滝野すずらん丘陵公園へ

d0016007_14102779.jpg 週末は、薄曇ながら青空がよく顔を見せてくれた札幌です。空を見るたびに、「空がきれい。気持ちいいなぁ♪」と、勝手に口から出てくるほど気持ちのいい青空でした。それに対し、今日はちょっとどんよりぎみかな。

 土曜日に札幌市南区にある滝野すずらん丘陵公園へ行ってきました。ここは基本的に入園料が400円かかるのですが、この日は「春の都市緑化推進運動にちなみ無料開放」でした。(ちなみに、7/22(土)は、「国土交通Dayにちなみ無料開放」です。ラベンダーが綺麗かもしれません。狙い目!?)
d0016007_1419634.jpg その名に「すずらん」とつくように、こちらにはたくさんのすずらんが植えてありました。一般的な白いものだけでなく、←このようなピンクのもの、八重咲きのものなど、珍しいものもあって、ちょっとびっくりです。でも、残念ながら、そのほとんどがすでに終わりを迎えていました。近寄ると花は茶色くなっていました。でも、離れてみるとかわいいです。一足遅かったな。
d0016007_1429599.jpg 様々なテーマのガーデンが作られているのですが、→「花人の隠れ家」というスペースが、けっこう好きです。入り口から入ると写真のように落ち着いた雰囲気のかわいらしいお庭が広がっているのですが、この奥に、ひっそりと林があります。そこに、今は「イングリッシュブルーベル」という、その名の通りベルのような形をしたかわいらしい花が一面に咲いているんですよ。野の花の雰囲気いっぱいの小さな花の絨毯は、なんとも愛らしいです。すずらんにせよ、イングリッシュブルーベルにせよ、釣鐘型の小さな花、私は好きです。

 ここ「花人の隠れ家」には、先日百合が原公園に行ったときに紹介したヒマラヤの青いケシがあるのですが、まだまだといったところでした。何株かある中で、1株だけが蕾をつけていましたが、他は花茎すら伸びていませんでした。そろそろ百合が原公園では2番花になる頃でしょうから、これから見ようという方は、滝野のほうがきれいに見れるかもしれません。
 滝野すずらん丘陵公園では、まだ何とか(かなり厳しいですが)チューリップを見ることが出来ました。ムスカリは、まだ綺麗でした。そう考えると、百合が原公園より半月くらい遅いのかなという気がします。でも、敷地の端に勝手に生えていそうなルピナスは、百合が原公園のものと成長具合は変わりません。野の花は強いってことでしょうか!?

d0016007_14524955.jpg お花の庭は、百合が原公園より凝っています。違ったかわいらしさがあるかな。でも、こちらには、お子さんがうーんと楽しめるスペースがあるんですよ。その名も「子どもの谷」。飛んだり跳ねたり、登ったり滑ったり、いつまでいても飽きない遊具がいっぱいです。オトナも絶対楽しめると思うのですが、基本的には「小学生以下の遊具」です。残念。(→こう見えても、彼は5歳児です!?)
 私のお気に入りは、「森のすみか」というスペース。こちらならオトナもOK!ちょっとワクワクしますよ(*^ー^*)

 他にも、滝が見れる無料ゾーンなどもあります。一日いても、きっと飽きない楽しい施設です。ぜひ一度どうぞ!
[PR]
by haretahi | 2006-06-19 15:10 | 札幌