<   2006年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

本日の幸せ

d0016007_20545830.jpg カラッとした北海道の夏らしい日々が続いていますね。このおかげで最近、すっかり機嫌よく過ごせています。ありがたい。ご機嫌なので、今日は「本日の幸せ」を振り返ってみようっと。

♪ 美容院の近くで、写真→のひまわり畑を見つけた。

♪ 髪を切って、頭がスッキリ軽くなった。

♪ 美容院で、「小麦色に綺麗に焼けてますね、腕!」と褒められた。
  (でも、本当は焼きたくて焼いたんじゃないんですけど^^; まぁ、褒められたからいいや。)

♪ 美容院の帰り道、「うーん!」とふんばる犬の姿が、なんともかわいかった。

♪ トイレの芳香剤の匂いがとっても気に入っていて、入るたびに安らぐ。

♪ 実家に電話したら、おばあちゃんが今日はなかなか元気だった。

♪ 洗濯物&布団がよく乾いた。 

♪ 夕食のメニューが、悩むことなく思いついた。

♪ メロンを半分一気に食べた。贅沢だ!


我ながら、なんて平和な一日♪
[PR]
by haretahi | 2006-07-31 21:17 | 日々の暮らし

夕張メロンな季節

 今年も夕張メロンの季節がやってきました。我が家のお中元がわり、夕張メロンの買い付けのシーズンです。

 2週にわたってですが、日曜日、また夕張に出かけてきました。そして、色々お店を見た結果、やはり毎年お世話になっているおじさんのお店へ。今年のメロンはなんだかお安いです。たまたまかもしれませんが、食べごろのメロンなら一箱1,000円(小玉7個入り)でした。(もちろん、即効ガツガツ食べる必要アリです。) 我が家用はそれで、お中元用は3,000円の箱をまとめ買いで少し安くしてもらいました。
 夕張メロンって、買った直後がまたいいんですよね。車の中が甘い香りに満たされて。シアワセ~な気分です。

 さて、夕張まで行く道沿いでは、牧草ロールや麦の刈り取りの風景を目にすることが出来ました。ここ数日カラッとした良いお天気が続いていますから、よく乾いたんじゃないでしょうか。畑もまた、見ごたえいっぱいの季節です。
[PR]
by haretahi | 2006-07-31 12:00 | 北海道(道央)

夏祭り

 札幌もようやく安定して夏らしい日々がやってきました。

d0016007_10315231.jpg 7月に入って、3週に渡って行われた花火大会も、先週の金曜日で終了しました。3週目にしてやっと、出かけてきましたよ。やっぱり大輪の花火は見ごたえがありますね。この日は、夜になってもそこそこ暑く、花火見物日和。(でも欲を言えば、もうちょっと風が欲しかったかな。)
 札幌に来て初めて花火を見た時、同じ場所で3週も続けて花火大会が行われることに驚きました。同じ町で何度か花火大会が行われることはあっても、同じ場所ってないことないですか? あと、日によっては、結構寒いんですよね。「寒いなぁ」って言いながら見る花火にも、正直驚きました。

d0016007_10471596.jpg また、狸小路を歩くと、アーケードにお祭りらしい飾りが施されていました。これって、なんだか良いな。ホワイトベリーの「夏祭り」が鼻歌で自然とでてきます♪なんだかこんな飾りを見ていたら、お団子が食べたくなって、この後、若葉さんの所へお団子を持っていったんですよね( ̄▽ ̄;)

 お祭りとは無関係ですが、いろいろあって購入した今のメガネの3ヶ月点検で、富士メガネに寄ってきました。「3ヶ月点検へどうぞ」というハガキが届きまて。うーん、さすが!


さっぽろ夏まつり
[PR]
by haretahi | 2006-07-31 11:45 | 札幌

鑑真和上展

 土曜日は、近代美術館で今行われている「鑑真和上展」へ行ってきました。私も興味があったのですが、私以上にみかん夫が見たかったようで、一緒に出かけました。

 ここ数年のこの時期の展示は、かなり有名な人の展示が続き、ものすごく混んでいるイメージでしたが、今年はそこまで騒がれている印象がなかったので、あまり気にせず出かけました。が、やっぱり結構な人。国宝・国の重要文化財級のものが来ているのですから、当たり前か。
 国宝の「鑑真和上坐像」をはじめ、文献、絵画、彫刻と歴史好きにはたまらない展示です。鑑真和上坐像に関しては、おそらくだれもが教科書の写真で見たことがあるでしょう。(そのうち何人かは、落書きしたことでしょう^^;) 実物は、「存在感」です。あたかも彼がそこにすわっているかのような。厳しい渡航の末、失明という不運を受けてもなお、日本での仏教の発展に努めた僧。その強い意思がそこには宿るようです。でも、その後ラジオを聞いていたら、スポンサーについているテレビ局のあるアナウンサーさんが、「厳しい修行を積んでいる様にも見えますが、お腹が空いて悩んでいるようにも見える」といったようなことを言っていて、その時思い出した坐像は、とっても親しみ深いものでした。あまり難しく考えず、楽しみに出かけてみてはいかがでしょう。8月20日までです。

 あと、個人的な印象としては、北海道の地に、展示とはいえ「仏像」が数多くあるのが、なんとなく不思議でした。めったに見ないですからね。
[PR]
by haretahi | 2006-07-31 10:30 | 日々の暮らし

みかんの花、かんさつ日記③

d0016007_2240690.jpg 金曜日、またまた若葉さんと遊びました。連日お世話になりました^^;) この日は、若葉さんのお宅へご訪問させてもらいました。久しぶりに見た蜜柑の鉢。沢山ついていた花、そしてそこから出来た小さな実は、半分くらい落ちてしまったそうです。それでもたくさんの実が成長していました。平均して直径が2cmくらいかな。まだまだ落ちてしまうだろうという話でした。自然に落ちないようなら、どのみち、間引きしてやらないと。おいしい蜜柑に育てるためには仕方のないことですね。

d0016007_22492346.jpg 夕方からはベランダで、「若葉bar」開店でした。スパークリングワインにオードブル、夕焼け空にそよ風。日が暮れてきたら、ライトの淡い光。うーん、ステキ☆ ほろ酔い気分で話が弾みます。賑やかなビアガーデンも楽しいけど、こんな「おうちbar」、お洒落です。我が家でも、と言いたいところですが、我が家のベランダは、通りに面している上、丸見えなので、無理(T-T) また、オジャマさせて下さい。今度はお団子ではなく、お酒持参します!
[PR]
by haretahi | 2006-07-30 22:59 | 日々の暮らし

初めての百合が原公園

 今日の札幌、夏らしいお天気でした。空には青空が広がって、気温も上がり、でもカラッとしている。百合が原公園の芝生の上を吹きぬける風は、それは爽やかで気持ちのいいものでした。

 さて、どう見ても、百合が原公園、初めてじゃないですよね、私!? 実は、みかん夫以外の人とゆっくり見て歩いたのが初めてなんです。今日は若葉さんとお出かけしてきました。若葉さんは、植物を相手にお仕事をしていた方なので、とっても詳しいんですよ。もう、新しい発見が多くて、始終「へぇ~!」と言いっぱなしでした。例えば、お花にはネームタグがついているんですが、木にはついていません。なので、木には意識を向けたことがなかったのですが、今日は、「栗の木」「菩提樹」など木の名前を教えてもらったり、木に咲く花やその実をまじまじと見たりと、新鮮な驚きがいっぱいでした。また、草や花の名前も聞けばたいてい教えてもらえるので、いつも以上に楽しいんですよ。

d0016007_20305822.jpg 他にも、このオトギリソウ→。花事態、華やかだし、実の赤や黄色は私の好み。一人なら、写真を撮ってそれで終わりだったでしょう。でも、「この実はよくお花屋さんで売られているよ」と教えてくれました。「そう言えば!」と、繋がるわけです。言われなければ、単にかわいくて好き、で終わってしまって、気付きもしないことだったと思います。
d0016007_20395414.jpg また、この花←(名前聞いたかもしれないですが、忘れました^^;)、先週見たとき、小さな蕾がたくさんぶら下がっていて、それがきゅうりみたいな形でおもしろいなと思ってはいたんです。今日その花が咲いていて、彼女は下向きに咲いた花をくるっと自分の方へ向けて、「外は赤だけど、中は黄色いんだ」と一言。私、たぶん触ってみることはしなかったと思います。でも、そうしなければ決してわからなかった花の姿なんですよね。そういうのが、いちいち新鮮でした。

 でも、何でもどんどん触っていくのには、正直驚きました( ̄▽ ̄;) 知識があるからだとは思うのですが、私はちょっと怖くて出来ないから。ちなみに、実もつい食べてしまって、ダンナさんに怒られるそうです。(あっ、言っちゃった ^。-☆)

ユリ通信第4号はコチラ
[PR]
by haretahi | 2006-07-27 21:27 | 季節の移ろい

旭山動物園へ

d0016007_2233248.jpg 月曜日、旭山動物園へ行ってきました。確か今回で3度目だったのですが、実は人気が出たので避けていました。実際、お昼についてゲートをくぐると、「今日って平日だよね?」と思うほど人が多かったです。びっくりしました。

 そんな私が出かけていった理由は、サルばか仲間のみかちゃんに会いに行くためでした。朝、みどりの窓口で「旭山動物園きっぷ」を買って出発です。交通費と入場券のセットですから、他にお昼代くらいかな。交通費が片道分くらいで済むのでお得です。
 お母さまとの北海道旅行だというのに、せっかくなのでお会いしたくて、のこのこ出かけてしまいました。うーたんの出会いもかわいかったです。実際にお会いしたのは1時間くらいでした。その後は一人で動物園散策です。

d0016007_2244044.jpg それにしても、人が多い!!テレビでよく見る施設では、落ち着いて見ることも出来ません。そのおかげか、前回と比べて随分施設が小奇麗になっていました。でも、それだけ人が集まる理由もわかります。確かに楽しいんですよ。○○館といった立派な施設も着々と増えています。8月5日にはチンパンジー館オープンです。それだけでなく、手作りの案内看板もこちらの特徴ではないでしょうか。(→これは、あざらし館の横の「世界のアザラシの大きさ」を紹介したスペースで、木の板がイラストでかたどられて紹介されています。)

 でも、動物をゆっくり見るのなら、円山動物園で良いなと思ってしまいました。だって、動物がかわいいことに変わりはないんですもの。欲を言えば、円山動物園が旭山動物園そっくりだとありがたい^^;)
 旭山動物園は、動物達が人間を見ている施設です、きっと。(笑)

ゆかいな動物たち
[PR]
by haretahi | 2006-07-25 22:45 | 北海道(道北)

みかん夫の趣味とみかんの道楽 2006夏

d0016007_21698.jpg 日曜日、みかん夫の趣味「炭鉱跡めぐり」をしに、夕張に行ってきました。一日中、シトシト雨の降る天気でしたが、彼にはそんなこと関係なかったみたいです。(→廃校になった小学校です。)

 さて、夕張といえば、赤字再建団体の申請をするということで、先日ニュースを騒がせた町です。私にとって、夕張は不思議な町でした。というのも、たくさんの立派な施設が次々と出来たからです。石炭の歴史村のあたりでは、再開発が行われて、町の雰囲気がすっかり変わっていました。でも、町に人は少なく、行くたびに「一体どこにお金があるんだろう?」とみかん夫に尋ねたものでした。なので、今回の「赤字再建団体の申請」のニュースは、正直納得でした。
 石炭の歴史村内にある「石炭博物館」では、「坑道まっくら体験」が出来ます。ヘルメット&ヘッドライトでかつての坑道を歩く体験です。結構おもしろいんですよ。他にも映画のロケセットなど、新たに作るよりも、あるものの維持管理をしっかりし、もっとアピールすべきだったのでは、と個人的には思ってしまいます。
 今日のニュースでは、道の調査で2005年の決算が10億円の赤字だそうです。かつての賑わいどころか、かつての面影すら壊してしまった町、この先どうなるのでしょう。

d0016007_21262218.jpg 大夕張には、建設中のダムがあります。脱ダム時代、こちらのダムは建設続行のようです。今は、国道452号の架け替え工事が盛んです。
 →この橋は、かつての森林鉄道の鉄橋です。私はこの橋の景色が好きで、みかん夫の趣味で夕張に出かける時は、楽しみにしている一つです。でも、ダムが完成すれば沈んでしまう橋。いつまで見れるでしょうか。

 この季節は、夕張に活気があります。町のあちこちに夕張メロンのお店がオープンするからです。高級メロンもサービス品一玉500円なんてのもありました。ぼちぼち買い時ですね。

みかんの道楽
[PR]
by haretahi | 2006-07-25 21:48 | 北海道(道央)

「古い」映画

d0016007_1854466.jpg 涼しい札幌です。風も結構あって、油断すると風邪引きそうです。
 今日から札幌夏祭りが始まります。まずは、大通公園のビアガーデンへと早速出かける方も多いんじゃないでしょうか。少し前、暑かった頃は「ビアガーデンは、まだかいな?」と思っていたのですが、最近また涼しくなったので、ビアガーデン熱も下がってしまいました。寒いビアガーデンも、私にとっては札幌らしい印象なんですけどね。

 札幌の街中に咲いているラベンダーは色があせてきましたね。そろそろ終わりかな。→このラベンダーは、札幌駅北口にある駐輪場の屋上のものです。ここは超穴場で気に入っています。風が吹くたびにいい香りで、ずっと写真を撮っていても飽きない場所です。

 さて、今日は、久しぶりに映画を2本見て来ました。

 1本目。「ALWAYS 三丁目の夕日」。邦画です。日本アカデミー賞を総なめにした作品ですよね。昭和33年頃、東京タワーが完成するまでの時間に起こる、東京下町での人情の話。テレビが家にやってくると、ご近所さんがが集まって来る時代。赤の他人が同じ地域に住むことで一つの大きな家族のように暖かく暮らしている様子は、心が温まってちょっと羨ましくも感じました。もちろん、ちょこちょこと笑わせてくれるのも、気持ちよかったです。満足。

 2本目。「恋の画集」。邦画です。1961年に封切られた映画。
 野村芳太郎監督作品を、今週代わりで蠍座ではやっています。そのうちの一つで、この作品は、山田洋次の脚本です。ストーリー的には、浮気と結婚を巡って、関係者が「キツネとタヌキの化かし合い」をするようなコメディー。かなりおもしろかったです。古いものですが、あなどれません!

 先週あたりも見たいものはあったのですが、外回りに忙しく、諦めました。去年だったか、蠍座のオーナーが、「北海道の人は、夏になるとアウトドアに目が行くのか、映画館に来なくなる」といったようなことを文章にしておられました。去年は「そうかなぁ?」と思ったのですが、今年は納得。確かに私は、蝶よ花よと忙しい。(笑)
[PR]
by haretahi | 2006-07-21 19:37 | 映画

プロフィールの写真について

 左上(スキンによっては右になることもあります)にあるプロフィールの写真ですが、昨年の同じ月の記事に載せた写真の中から1枚選んで載せてあります。また、クリックしてもらうと、加工前のサイズで表示されるようにしています。もし良かったら、大きいサイズでご覧下さい。

 ちなみに、今月は昨年7月に出かけた雨竜沼湿原での1枚です。
[PR]
by haretahi | 2006-07-20 22:36 | みかんブログについて