みんなおめでとう

今日、4月7日は、なぜか知り合いにお誕生日の人が多いみかんです。

毎年みかんママたちと北海道旅行へ来る親戚のおばさん、いとこのところの女の子、小学校のころからの友人、大学からの友人、結婚前に仕事でとてもお世話になった方。5人もです。

星占い的に言えば、相性がいいのでしょうか?でも、この方々の知り合いにみかんと同じ誕生日の人がそんなにいるのでしょうか。縁って不思議です。

とはいえ、皆様、お誕生日おめでとうございます。また一年、それぞれ存分にお楽しみくださいね。
[PR]
# by haretahi | 2005-04-07 13:42 | 日々の暮らし

みかんはミーハーです。

本日の道内は、天気上々・ぽかぽか陽気で絶好のお出かけ日和でした。なので、みかんは富良野まで日帰り旅に行ってきました。普通道内の観光といえば車なのですが、北海道に来て以来、さっぱり車の運転をしていないみかんは、オール公共交通(バス)で観光です。

まず、9:20に札幌を出発、12:00ころ富良野着。そのままバスを乗り継いで、目的の新富良野プリンスホテルへ。なぜ、日帰り旅なのにホテルかというと、つい先日まで放映されていたドラマ『優しい時間』の舞台になった喫茶店「森の時計」が先月19日にオープンしたからなのです。その所在地が新富良野プリンスホテルなんですよ。

d0016007_21134858.jpgまず、建物が見えたとき、ごくごく普通に「あれだ!」と思いました。でも、まだ雪の解けていない道坂を下るには浮き足だってましたね。そして、扉を開けるとそこは。。。思ったより狭い。テレビだと太って映るといいますが、建物も広く映るんでしょうか?!そんなスペースに、平日だというのにたくさんのお客さん。驚きました。皆さんみかんと変わりませんね。

d0016007_21142724.jpgさて、せっかく来たからにはぜひ豆をひきたい。カウンターでしかできないということで、10分少々待ちました。そして、オーダー。ゆっくり心を込めて豆をひく。。。つもりだったのですが、途絶えることのないお客さんに気持ちが焦ってしまいました。すっかり舞い上がっていましたし。とほほ。いつか落ち着いたころ、もう一度ゆっくりミルをまわしたいですね。窓からの森の景色を存分に眺めながら。

「森の時計はゆっくり時を刻む」
喫茶店「森の時計」は、しばらくゆっくり時は刻めそうにありませんな。

さて、うれしい誤算が一つ。この時期普段は営業していないニングルテラスが森の時計効果でオープンしていました。実は、初めて訪れました。ただのお土産屋さんだと思っていたからです。でも、内容は予想以上に充実していました。作家さんの手作りの暖かい雑貨がそれぞれのお店にあるのです。すっかりじっくり見てお買い物してしまいました。

その後、バスの時間があいたので、富良野プリンスホテルのそばにあるお気に入りの洋菓子屋さん「フラノデリス」まで45分程歩きました(本当はすぐそばにバス停があるんですけど)。普段たのむのは有名な牛乳プリンなのですが、ここにこなければ食べられないケーキをいただきました。後は、バスで富良野駅まで。札幌行きのバス出発まで1時間くらいあったので、唯我独尊という有名なカレー屋さんにも行っちゃいました。あぁ、みかんの旅は食い倒れ傾向にありますな。それにしても、公共交通でも欲張ることはできませんが、充分満喫できる旅が可能なのは、うれしい発見でした。


最後に、旅とは関係ありませんが、うれしいことがもう一つ。中国出張中のみかん夫が先ほど電話をくれました。声は元気そうでひと安心。う~ん、楽しい日にはうれしいことが続く♪「笑う門には福来る」って本当だ!!!
[PR]
# by haretahi | 2005-04-06 23:59 | 北海道(道北)

がんばれ受験生

みかんは2人の高校生に英語を教えています。始めたころ、彼らはまだ中学生だったのに、もう高校3年生になります。付き合いも長くなりました。

そのうちの一人が今日やってきました。彼は、普段は「もっと自分のことを見つめてくれ」と思ってしまうようなところがあります。でも、今日はなんだか様子が違いました。これまで決めていた進路を見つめ直しているようなのです。いろいろな視点からかなり真剣に。こんな彼を見たのは初めてかもしれません。「大人の階段の~ぼる~♪」時期を迎えたのでしょうか。

みかんは私たちの関係をよく食事に例えます。私は料理人、そして彼らは食す人。どんなにご馳走を並べても、結局彼らがそれを食べない限り、力にはならない。つまり、どんなにすばらしい教材を並べても、どんなにすばらしい師についても、結局勉強は自分でやらなければ力にならないものだと彼らに繰り返し話します。でも、これには別の意味もあって、私はお金をもらっている以上プロの料理人(先生)。いかに魅力的な食事(教材)を提供できるかが私の役目だということです。彼らにこの話をするとき、私は自分でもそのことを再確認しなければならない。今日は、自分への喝です。

がんばれ受験生。今がふんばり時だ。そして、ともに苦悩しよう。。。
[PR]
# by haretahi | 2005-04-05 23:47 | 日々の暮らし

やはりまだ冬?!

今日から1週間ほど、みかん夫は中国出張となりました。飛行機に乗るまで、( ̄□ ̄;)こんな感じだったのですが、何とか無事旅立っていきました。メールも電話もしにくい所に行ってしまうと、やはり寂しい。

が、結婚して数年が過ぎ、強くなりました!
JR北海道が土・日・祝日に発行していた(冬の分は今日まで)「一日散歩切符」という周遊券を買って新千歳空港までお見送りに行ったあと、小樽へ直行。空港と札幌の往復だけでも40円オトクなんですが、せっかくなので行ってみたかったお店へ行くことにしました。

まずは、南小樽下車後、「はち」という珈琲屋さんへ。ここは素材にこだわっていらして、自家製パンのサンドイッチをいただきました。個人的には、「一口かんだときのチーズの味」がこたえられませんでした。う~ん、うまい!あと、珈琲のオーダーが独特で、豆の量とお湯の量を伝えるシステム。深入り豆を20gの120ccというお店の人いわく「標準の量」でオーダーしましたが、私にはちょっと濃い目。次回はひとつ上の150ccでオーダーすることにしようっと。

その後、ふらふらと寄り道しながら、次の目的地、natifというお店へ。
こちらは、ケーキと紅茶のお店。手宮線跡の公園のそばにあります。ケーキはテイクアウトもできますが、今日はお店でいただきました。紅茶はポット出し、ケーキはショウウィンドウから選べます。チョイスはレアチーズケーキとバニラティー。あぁ、シアワセ。手宮線跡は、まだまだ雪に覆われています。雪が解けて、緑が青々とし、花が咲いたら、それを借景に更においしく感じることでしょう。


さて、みかん夫がいよいよ中国へ飛ぶとなったとき、電話で話しました。成田は「暖かい、やっぱり春」なんだそうです。20℃位だとか。ちなみに、今日の小樽は小雪がちらつくちょっと肌寒い4℃位でした。
[PR]
# by haretahi | 2005-04-03 23:59 | 北海道(道央)

さっぽろにも春は確実にやってきている!

数日ぶりのお天気でした。普段なら、天気がいいだけで体がきびきび動き出すみかんですが、今日はなんだか一日中眠い。一日の半分をごろごろと過ごしてしまった気がします。「春眠暁をおぼえず」ですかね?(みかん夫には、「いつものことだ」と言われてしまうことでしょう。)

d0016007_21122873.jpg我が家の前の通りは日当たりがよく、ほぼ雪が解けてしまいました。歩道の小さなスペースでは、街路樹の根元に芽が出ているのを発見。冬の間、雪の下でじっと春を待っていたなんて、健気で微笑ましい。やっぱり春は始まっているんですね。確か水仙だったと思います。。。

今日は珍しくみかんママから2度も電話がありました。みかんママはバリバリのキャリアウーマンで普段は携帯メールする程度なのですが、本日はお休みだったのでかけてきてくれたのでしょう。ただ、彼女が住むところ(みかんの里)は田舎で、高齢化が進み、それ故お年寄りの痴呆の問題が結構深刻です。とても親しくしていた気丈なおばちゃんも例外ではなく、みかんママは、よくお世話もしているようです。みかんのおばぁちゃんは幸い91歳にして頭も足腰もしっかりしているので、ありがたい話ですが、さすがに100%元気とはいきません。みかんママも少し不安な気持ちがあるのかなと、母一人田舎に残してきた娘は、少し苦い思いを抱いたのでした。
[PR]
# by haretahi | 2005-04-02 22:03 | 季節の移ろい

終われない冬、始まりたい春

4月1日、街を歩いていると、地味なスーツを着た人をたくさん見ました。新入社員さんたちなんですね。ちょっと緊張した、でもどこか学生の雰囲気を残したままの彼ら。どんな社会人になっていくんでしょうね。

さて、ブログをはじめました。以前から、「自分の感じた北海道の四季」を何らかの形で発信できないかなぁ。。。と考えていたのです。みかんの里あたりとは違った季節の移り変わりを、紹介していけたらと思っています。

ここ2日、札幌は雪が降りました。しかも結構な量。新聞によると一晩で13cmだとか。そのままにしておいても気温はプラスですから解けてしまうのでしょうが、久々の積もった雪を見て、思わず雪かきをしてしまいました(実は雪かき好きなみかんです)。きっと、今年最後の雪かきでしょう。と言うより、さすがにこの時期には札幌ではこんなに雪は降らないのです。冬にたくさん降った雪もなかなか姿を消しません。去年はとっくに積雪ゼロになっていたと言うのに。

d0016007_21235684.jpg近代美術館の前庭にはまだ1m近く雪が残っています。みかんが展示を見終わった頃少し吹雪いていました。2階の大きな窓から眺めていると、それは映画の一幕のようでとてもきれいでした。

さて、美術館ではこれくしょんぎゃらりぃで、『コレクションカフェ』という展示が行われていました。カフェの魅力やエッセンスを美術鑑賞の場に取り入れた展示だそうです。『スプーン一杯の想像力とともに』という言葉が添えられていました。この言葉がみかんは気に入りました。この一言のおかげで、おそらく普段とは違った印象をもてたと思うのです。なんだかとてもリラックスできました。まさにカフェ。この展示は、10日(日)まで。機会があったら、ぜひ訪れてみてください。ちなみに、美術館周辺のカフェでちょっとしたサービスを受けられるおまけつきです。
[PR]
# by haretahi | 2005-04-01 23:59 | 季節の移ろい