タグ:古い建物 ( 17 ) タグの人気記事

小春日和

d0016007_10561733.jpg

 穏やかな札幌でした。風もなく暖かで、とてもいい日でした。

 今日はこみかんの10ヶ月検診でした。何も心配いらない、人見知りナシの内弁慶です。体格も相変わらず成長曲線の上限近くをいっています。体重計の上で暴れ回るほど元気f^_^;)。よかったよかった。

 札幌ビール園の蔦が色付いてきれいでした。ポカポカと気持ちが良かったので、外のベンチで昼ごはんにしました。その後、芝生でのびのびはいはいを、と思っていたのに、昨夜から朝までの雨で湿っていて断念。母がなんだか残念で仕方がない昼下がりでした。
[PR]
by haretahi | 2008-11-06 23:59 | 日々の暮らし

紅葉狩り

 晴れてきた札幌です。ついさっきまでどんよりとしていて、なんとなく「夜明け前」のような、アタマもどこかどよ~んとした重たい状況でしたが、晴れ間を見ると少しずつスッキリしてくるから、相変わらず「ひまわりオンナ」です^^;)。

d0016007_1129012.jpg さて、昨日は冷たい雨が降った札幌でした。気温もこの秋一番の寒さだったとか。そんな中、「北海道開拓の村」へ出かけてきました。今、開拓の村では、夫の趣味である炭鉱関係の催し物が開催されていて、この週末、彼は2日とも通いました。私は昨日だけ。彼が催しに参加している間に、散策です。
 我が家の周りはまだ紅葉はこれからが本番といったところなんですが、開拓の村周辺は今が見ごろ。ここ数週にわたり、週末は雨ばかり、平日の紅葉狩りも一人ではちょっと不安で、今年は諦めていたので、雨の中思い切って出かけた甲斐がありました。

d0016007_112959100.jpg 思えばには何度か出かけたことのあるこちらの施設ですが、雪のない時期は初めて。駄菓子(明治・大正期の素朴な物で、おいしかったです)を売っていたボランティアさんに「普通、逆ですね。」と笑われました^^;)。なので、「馬車鉄道」も初体験。馬車鉄道は、その昔札幌市内を走っていたものを再現しているそうです。この馬、小さいですがどさんこなので馬力はあるそうです。ただの馬車ではなく鉄道っていうのがいかにも街らしく、良かったです。ちなみに雪が降れば「馬そり」になりますが、毎日走る馬車鉄道に対し、馬そりは土日祝日のみなので、まだ一度も乗ったことがありません。まぁ、楽しみは残しておく方が良いですよね。

もう少し続けます。
[PR]
by haretahi | 2007-10-22 12:30 | 札幌

会話が弾む美術展

 今日も雪でした。時には吹雪いたり、逆に青空がのぞいたり、なんとも忙しい空模様。
 それにしても、この二日で、すっかり景色は白くなりました。道端の雪山も久しぶりに高くなりました。しかし、やっぱり3月の雪です。交通量の多い道では、とけかけのかき氷をばら撒いたようで、長靴が恋しい1日でした。

 今日は、札幌市民ギャラリーで行われている「札幌美術展2007 札幌を彩る作家たちⅢ 街の思い出私の記憶」展に行ってきました。「札幌を彩る作家たち」という展示が実は3回目であることを今日初めて知りました。今回の内容は2部構成で、第1部「街の思い出」では、市内近郊の美術館が所蔵する昔の街並みを描いた作品が当時の写真とともに展示され、第2部「私の記憶」では、現役作家が私的な思い出などの記憶をもとに製作した作品が展示されています。

続きはコチラです。
[PR]
by haretahi | 2007-03-14 20:11 | 札幌

北海道開拓の村へ

d0016007_1535426.jpg ひな祭りですね。あいにく曇り空の札幌です。「桃の節句」ともいいますが、札幌ではとても桃の花はムリですね。っていうか、桃の花って、札幌で見れるのかな?

 →この立派な雛人形、私のではありません。私も実家には祖母が買ってくれた7段飾りがありますが、さすがにこちらには持って来れず、ネズミに食われてないか、虫に食われてないかが心配です。ちなみに、雌雛と雄雛だけ持ってきていますが、今年は出していません。それだけでも場所がないのが我が家の実情T-T) せめて1日だけでも飾ろうか悩みながら、このブログを書いています^^;)

 では、「この雛人形は誰の?」かと言うと、北海道開拓の村のものです。昨日、お天気も良かったですし、久しぶりに出かけてきました。「久しぶり」の由縁は、結婚前に札幌へやってきた時に、るるぶ片手にちょうど同じ時に出かけ、お雛様を見たんです。7年ぶりでありながら、ご縁を感じたりして ̄▽ ̄;) ズウズウシイ?
 他にもいくつか時代の違うお雛様があり、それを見れるのは明日4日まで。その間、体験学習棟では、「折り雛作り」が出来ます。とってもパワフルなガイドさんたちが丁寧に教えてくださいますよ。また、甘酒とひなあられもいただけます。今日明日(もう明日だけですねーー;)は、先着100名に桜餅も振舞われるそうです。

続きはコチラです。
[PR]
by haretahi | 2007-03-03 16:54 | 札幌

北運河散策

 気温が上がってベタベタな札幌です。こんな日は雪が溶けてしまうのですが、それがこの後凍って、明日あたりはかなり歩きづらいでしょう。気をつけなくっちゃ。

 さて、昨日は小樽へ行ってきました。天気予報で雪マークだらけの中、急に現れた雪のない日。しかもみかん夫は出張でいない。「今日しかない!!」という意気込みで。(笑)

d0016007_18335598.jpg 普段、小樽観光といえば、小樽駅~南小樽駅間にある運河沿いや堺町通りをぶらぶらするのですが、昨日はその逆、小樽駅前の中央通りを運河へ向かって下り、運河にぶつかった所で、人気の少ない北運河方面へ曲がり、散策しました。このあたりは漁船がたくさん停まっていて、観光地とは一味違った運河の姿を見ることができます。


続きはこちらです。
[PR]
by haretahi | 2006-12-07 20:02 | 北海道(道央)

時計台

d0016007_18143766.jpg 朝から眩しいほどの日差しが降り注いだ札幌です。気温もそこそこ上がり、この時期としてはぽかぽかしていました。
 最近急に深まってきた秋、先日見た大通公園の紅葉も更に進んで綺麗に見ごろを迎えています。でも、実は札幌中心部でこんなに色付いている所はここくらいで、他はまだまだこれからのように思います。札幌でも数日前に初霜が観測されましたし、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたから、紅葉が一気に進むかもしれません。

d0016007_18363628.jpg さて、今日は札幌の代表的な観光名所の代表、「時計台」へ行ってきました。今日は、時計台の創立記念日で無料開放されていました。外から眺めることはあっても、中に入ったのは、まだ本当に観光客だった時の1度きりだったので、良い機会だし出かけてきました。
 創立記念日、時計台は今日で128歳です。最初は札幌農学校(今の北大)の演武場として建てられました。その後、北大が移転するのに伴い、ほんの少し北にあった建物は今の位置に移築されました。その時、中心部側の南向きにするか、もとあった通りの西向きにするかでもめたりもしたそうですよ。(多数決わずかの差で西向きに決定したそうです。)
d0016007_18315647.jpg 1階は、時計台のあゆみをパネルなどで展示してあります。→2階は、ホールになっていて、時計台の鐘の鳴る仕組みなどを映像で見たりできます。
 時計台の鐘の音、今でも1時間ごとに札幌の街に響きます。とってもいい音で、「建物の中で聞いてみよう」と思い、ワクワクしてまっていたら、その時が!でも2時だったので2回だけ。あっけなかったです^^;) あと、大きく聞こえるかとも思ったのですが、そういうことはなかったです。
 針を動かすのも鐘を打つのも豊平川の玉石を使った重りを用いているそうです。針を動かすものが50kg、鐘を打つものが150kg。そのどちらも、今でも人の手で3~4日に一度巻いているそうです。すごい!

時計台を眺めた場所は?
[PR]
by haretahi | 2006-10-16 19:13 | 札幌

サッポロビール博物館

 不安定なお天気に寒さが加わった1日でした。とうとう薄手のハーフコートを着ました。今シーズン初です。自転車に乗るには夕方は手袋がいるかと思い持って出ましたが、それはなくても何とかなりました。でもそれくらい寒くて時折雨も降る札幌でした。

d0016007_2041326.jpg 午後からサッポロビール博物館へ行ってきました。観光客さんでもご存知のサッポロビール園(北7東9)内にあります。このレンガ造りの建物は、かつて札幌麦酒会社の製麦工場だった建物です。(更に前、建築当初は札幌製糖会社工場。明治23年築。) 北海道遺産の一つで、さっぽろ・ふるさと文化百選にも選ばれています。

 建物は現在半分が博物館で、もう半分はジンギスカンの食べれるレストランです。入場無料で、時間があえばガイドさんによる説明付きの案内を受けられます。ただし、私が以前訪れたサッポロビール 北海道工場と違って、こちらの試飲は有料です。1年前くらいにリニューアルする前までは無料だったんですけどね。残念。

 ガイドさんに聞いていて面白かったのは、①かつてサッポロビールとアサヒビールは同じ会社の時代があったこと、②「黒ラベル」はかつてビンにじかにラベルを印刷していた頃に、ビンにビールを注ぐとラベルが黒く見えたことからついた名前であったこと、の二つかな。
 あと、売店にジェラートがあるんですが、博物館限定のスープカレー味が妙に気になったんですが、さすがに手を出せませんでした( ̄▽ ̄;) 他にもコンブやイカといった興味深いものがありましたから、勇気のある方はぜひトライして感想を教えて下さい!

d0016007_21165228.jpg 展示の中に札幌の地図を描いたものがあったのですが、→この青く浮かび上がった線が、札幌の道路なんです。こう見ると本当に札幌という町は定規で引いたように碁盤の目であることが分かります。普段歩いていても感じることですが、こうやって目で見るとあらためて感心してしまいました。平らで自転車でも走りやすく、暮らしやすい町だと思います。(雪さえなければっていう声が聞こえてきそうですが^^;)

別の目的
[PR]
by haretahi | 2006-10-13 21:32 | 札幌

秋色の北大

 一日雨の札幌です。昨日本州に嵐を起こした低気圧が発達しながら北上中です。おかげで朝からテレビでは気象警報の速報が入りっぱなしです。札幌は今のところ、荒れてはいないようですが、太平洋側などどんどん荒れてくるようですので、道内のみなさま、お互いに気をつけましょうね。
 それにしても、寒くなりましたね。日中でも14℃程度だったそうです。標高の高い峠では雪になって、通行止になった峠もあったとか。さすがにまだ、冬タイヤにしている人も少ないでしょうからね。お出かけの際、交通情報もチェックしてくださいね。

d0016007_20401861.jpg さて、昨日映画を見るのに、ちょうどお昼頃に1本分あいたので、北大に行ってお弁当を食べました。最初は中央ローンでと思っていたのですが、寒いせいか誰もいなくて、それで、大野池のベンチでカモを眺めながらいただきました。餌をとるのに水に頭を突っ込んでお尻を振っているのもいれば、数羽のグループでシンクロやってるカモもいたり!? 着水はカッコいいし。なかなか楽しかったです。
 それにしても、こちらのカモは人の近くで寝ちゃうんですね。もうすっかり人が害がないことを知っているんですね。害がないどころか、エサをくれる人もいるし。

 すっかり秋の森のようなたたずまいの北大構内ですが、イチョウ並木はまだまだ青々としていました。今年も11月の頭くらいかな。

北大にある古い洋館
[PR]
by haretahi | 2006-10-07 21:19 | 札幌

豊平館

 どんより曇り空の札幌です。結婚記念日からもう1週間です。もうあすは10月だし。早っ!

d0016007_1595727.jpg 先週、中島公園を散歩した時、公園内にある豊平館を見学しました。札幌に残る古い洋風建築の一つで、かつてはホテルだった建物です。白壁にウルトラマリンブルーの配色が、とても美しく落ち着きのある建物です。
 国の重要文化財でありながら、とても親しみやすい建物です。普段はだれでも利用可能な喫茶室が営業しています。この日のように気候の良い日は、外のパラソルの下でのんびりお茶を頂くことが出来ます。

d0016007_1519571.jpg 建物内を見学することも出来ます。入ると天井が高く、ランプの所には装飾が施されています。全体的に重厚で高貴な雰囲気。そんな建物で結婚式も出来ます。

d0016007_1533181.jpg また、部屋を借りて、和洋折衷のお食事をすることもできるんですよ。(←ちょうど予約が入っていたようでテーブルセッティングされていました。) 落ち着いた個室でゆっくり食事を頂くの、ちょっと憧れてます、私。近いうちの結婚記念日あたりにやってみたいなぁ。(毎年検討中^^;) 他にも何か理由を見つけて、一度はここで食事してみたいです。古い建物、大好き♪

[PR]
by haretahi | 2006-09-30 15:47 | 札幌

北大植物園へ

 今日は朝から雨の札幌です。そのせいか、気持ちにパワーがなく、映画を見に行こうと思っていたのですが、やめました。こんな日は、少し家でのんびりしようと思います。

d0016007_17444174.jpg 昨日は、青空もそこそこ広がり暑かったので、北海道大学植物園へと出かけてきました。道庁の西、札幌の街中に突如、森が現れます。ものすごく太い幹、空高く葉を茂らせた枝、木の立派さにまず、驚かされます。アスファルトで暖められた空気も、森の中を吹き抜けることで、心なしか涼しく感じます。ここだけが、大都市札幌の今の姿とは、かけ離れていて、どこか不思議です。また、木だけでなく草もまた、研究材料ですから、生え放題。水辺もあるため、虫が沢山います。これにはちょっと参りました。
d0016007_17552654.jpg 以前、一度訪れた時は、ライラックが咲く時期でした。→宮部金吾郎記念館の左に写るのは、札幌最古のライラックで、この木から株分けされたライラックが、市内いたるところで咲いているそうです。今はもう花の時期は終わっていましたが。この時期に植物園に来たかった理由、それは、ここにもまた、バラ園があるからです。前回行った時は、バラ園が寂しい状態でした。だから、いつか、咲く頃にまた来ようと思っていたんです。バラ以外にも、カナディアンロックガーデンは花盛りでしたし、散策するだけでも、日常を忘れます。入場料400円かかりますが、敷物でも持って、ちょっと森の中でのんびりするのも、悪くないですよ。

バラ
[PR]
by haretahi | 2006-07-06 18:13 | 札幌