タグ:温泉 ( 18 ) タグの人気記事

白鳥に遊んでもらいました

 日曜日は、久しぶりに苫小牧にあるウトナイ湖へ白鳥を見に出かけてきました。
d0016007_15454928.jpg
 今年は暖冬だったせいか、すでに白鳥の数は少なかったですね。もう、宮島沼やその周辺の畑あたりにたくさんいるのかな? 一方で、まだ隊列組んで飛んでくる白鳥達もいるようで、やってきて間もない集団は、岸から遠くの方で様子を伺っている雰囲気でした。

続きはコチラです。
[PR]
by haretahi | 2007-04-01 23:59 | 北海道(道央)

ふるびら温泉

 またまた気温が上がった札幌です。昨日降った雪なんて、交通量の多い通りなんてすっかりとけました。我が家の駐車場、さらに綺麗になりました。

 みかん夫が久しぶりに休めたので、意見が一致して温泉に行ってきました。今日出かけたのは古平町にある、ふるびら温泉「一望館」です。余市から積丹方面へと向かう国道229号線沿いに入り口の看板があり、そこから登った所に大きく「ゆ」と書かれた校舎が見えてきます。実はこの温泉、旧古平高校を改装して作られた物なんだそうです。
 
 浴室は、2教室分くらいの広さで、シンプルな造りなので広々としています。露天風呂はないですが、内湯がとても広いので手足を伸ばしてのんびり入れます。お湯は茶色いにごり湯で、ものすごくよく温まります。私はそこが気に入っています。こ洒落た造りではないですが、なかなか良いですよ。

 ふるびら温泉「一望館」 日帰り500円 10:00~21:00 第1・3金曜日休
[PR]
by haretahi | 2007-02-03 23:59 | 北海道(道央)

冬道

 札幌、今のところはそこそこのお天気です。さっきまでは晴れていました。が、これから大荒れの予報。気温もぐんぐん下がってくるとか。冬の嵐の到来、何事もなく過ぎてくださいね!

 日曜日、ひとっ走り温泉へと行ってきました。目的地は登別市にあるカルルス温泉です。
 家を出て、国道230号を走り、中山峠を超えました。この日は峠道に雪はありませんでしたが、周りの山はすっかり冬景色。もう絶対冬タイヤです!!それから国道276号、453号と走り、最後に道道2号オロフレ峠を超えてカルルス温泉入りです。
 私はこのオロフレ峠越えがなんとなく好きでした。交通量が少なく、結構視界が開けていて。この日は初めて峠の手前にある駐車場にとめてもらったのですが、洞爺湖が見えるんですよ。知らなかった。何度か走っているのにね^^;) 夕暮れだったので全体が青く霞んでいましたが、なかなか良い眺めでした。ますます気に入ったよ。
d0016007_12413140.jpg

 さらに峠を超えた所に駐車公園があったのですが、そこは通過。っていうより止まれなかったんです。ブラックアイスバーンで滑って。(ブラックアイスバーンとは、濡れているように見えて、実は凍っている滑りやすい路面。凍ってないと思って油断したら超危険です!) 危ない所は通過に限ります。でも、この駐車公園の向こうに綺麗な形の山が見えました。羊蹄山かな?お天気の良い日にまた見に行きたいです。
d0016007_12452262.jpg 峠辺りはすっかり圧雪アイスバーンでした。中山峠のように交通量が多いわけではなさそうですから、降った雪が解けないんでしょうね。でも、もうじきどこも(街中ですら)こうなりますから、本当に運転には気をつけてくださいね。ちなみに、この峠道、24日から17:00以降夜間通行止になりますので、ご注意ください。
 道路状態、通行止など、事前に確認して出かけたほうが良い季節になりました。コチラに色々載っています。参考になさってはどうでしょうか。

 さて、オロフレ峠を下ればそこはカルルス温泉です。この日は「山静館」に入りました。こちらのお風呂は、洗い場のシャワーが2つしかないのですが、かけ湯のスペースで体が洗えるようになっています。かけ流しの温泉で露天風呂もあって、なかなかです。飲泉もあり、胃腸がパッとしない私は飲んでみましたが、クセのない味です。シャンプーや石鹸だけでなく、基礎化粧品までありますので、タオルだけ持って出かけても大丈夫。日帰り500円です。
 登別って、全国に知れた温泉町ですが、登別温泉街以外にも温泉街があるんですよ。温まる町ですね♪
[PR]
by haretahi | 2006-11-22 13:10 | 北海道(道央)

エビ丼食べに行こう!?

 午前中良いお天気だったので、「本当に降るの?」と思っていたら、午後から予報通り降り出した札幌です。今のところは雨。でも、夜は雪に変わる予報です。みかん夫、自転車で行ったのに。。。

 先週の土曜日、みかん夫と道北にある羽幌町へ行ってきました。羽幌町は札幌から北へ約200kmの所にある町です。車では日本海沿いの国道231号(オロロンライン)をずっと北上していくと、町の入り口で大きなオロロン鳥(ウミガラス)の像が迎えてくれます。

d0016007_14532443.jpg この日は、あいにくの雨。でも、日本海と断崖を眺めながらのドライブは、道中カラマツの黄葉もあって、なかなか良かったです。そして、「エビ丼食べに行くか」と言っていたみかん夫の言葉通り、羽幌町に着いたら「海鮮食堂 北のにしん屋さん」へ。知らなかったのですが、羽幌は甘エビ水揚量北海道一、エビ篭漁業では全国一なんだそうです。そう聞いたら、お店のオススメでもあるし、食べるしかないでしょ、エビ丼!

d0016007_15185515.jpg ←じゃ~ん!これがそのエビ丼(700円)です。甘エビ20尾は乗ってました!(数えた範囲で。最初のひと口ふた口が記憶なし^^;) 表現力なくてごめんなさい。甘エビってホント甘いですね~♪こんなに食べたら終わりの方で飽きるかなと思ったけど、ぜ~んぜん。最後までペロッと美味しくいただきました☆

d0016007_15253862.jpg
 でも、こちら、横が水産直売所だけあって、美味しいお魚がメインの日替わり定食(600円)も美味しそうでした。日替わりと言っても10種類(数量限定)のお魚から選べるんですよ。開きキンキの定食とギリギリまで悩んでしまいました。うーん、次回!他にも、海鮮丼やカレーなどもあります。

 「海鮮食堂 北のにしん屋さん」 11:00~15:00 火曜日定休
 ☆毎月24日の「にしんの日」、お店のメニューの一部が500円で食べられるそうです。

 おなかがいっぱいになった後、せっかく来たので「北海道海鳥センター」へ寄りました。羽幌沖の天売島や焼尻島は海鳥の宝庫。そんな海鳥達の生態や保護活動などが展示されています。野生の生き物たちが普通にその種を後世へと繋いでいく難しさを、やはりここでも見ることになりました。

 帰る途中に、留萌(るもい)市にある「ホテル神居岩」でお風呂に入ってきました。こちらは温泉ですが、個人的に気に入ったのは漢方薬湯。正直、前日に転んで出来たすり傷には唐辛子や生姜といった成分がむちゃくちゃしみたんですが、その分早く治ったように思います。何種類かの漢方が入ったお風呂はしっかり温まりますし、効きますよ☆ 日帰り500円です。

 本当は、この日のドライブ、みかん夫が数日前の出張でなくした会社のPHSを探しに行ったのですが、そちらは(私の予想通り)見つかりませんでした。あらら。
[PR]
by haretahi | 2006-11-16 15:57 | 北海道(道北)

プレゼント

 日曜日は、私の誕生日でした。この週末、私にとっては記念日尽くめです。

 どこぞのわがまま奥サンは、夫に「誕生日は、私がこの世にいることに感謝する日だよ。だから、いっぱいかわいがってくれなきゃいけない!」と勝手なことを言い続けていました^^;)悩んだ夫は、私(あっ!どこぞの奥さん!)の好きな羊蹄山を見に連れて行ってくれました。
d0016007_11463624.jpg

 良いお天気で、一日中、どこを走ってもでーんとそびえていました。お天気さん、羊蹄さん、ありがとう。

 それから、さらに私の大好きな神仙沼にも連れて行ってくれました。夕日に照らされた沼は、「神や仙人が住んでいそうな神秘的な沼」の名前通りにものすごく綺麗でした。
d0016007_11494199.jpg

d0016007_1150286.jpg 散策道では、ツタウルシを最初に、少しずつ紅葉が始まっていました。これから、1・2週間で、このあたりからパノラマラインはどんどん紅葉が綺麗になっていくことでしょう。
d0016007_11594422.jpg
 また、散策道から見えた日本海の景色も最高でした。散策道のほんのちょっとのまわり道でしたが、日本海まで見渡せて、得した気分でした。駐車場から往復1時間の散策。刻々と変わる光加減が同じ景色を違った雰囲気に演出してくれて、美しかったです。

 自然さん、神仙沼一体を散策できるようにしてくれている皆さん、ありがとう。

美味しい物、気持ち良い物にも、ありがとう。
[PR]
by haretahi | 2006-09-24 23:59 | 北海道(道央)

日帰りドライブ 軽く珍道中編

 日曜日のドライブ。私が通ったルート(札幌-旭川-網走)は比較的良いお天気でした。でも、西日本(特に九州)では、台風の影響で大変なことでしたね。お見舞い申し上げます。広島でも床下浸水など被害が出たとか。幸い実家はあまり影響がなかったらしく安心しました。さて、その台風、これから北海道にやってくるとか。今日は曇ったり晴れたり時々雨が降ったりと何でもありなめまぐるしいお天気ですが、だんだん風が強くなってきています。一体どうなるでしょう。気になるところです。

 順調に始まった日帰りドライブ、ちょっと時間のよみに狂いが生じましたが、気にせず次へ。浮島湿原を出て、それから丸瀬布の道の駅で軽くランチ。ジュンサイが名物のようでしたが、今回は野菜天うどん(夫はそば)650円。私、西日本の人間なんで、時々思い出したようにおうどんを食べます。でも、こちらは関東風になるのかな。醤油黒いちょっと濃いつゆ。おそばの方が合いそうなつゆでした。

d0016007_1546536.jpg それから遠軽へ。太陽の丘えんがる公園では、この時期、コスモスが沢山咲きます。。。咲いているはずだったのですが、ちょっと早かった。オレンジのコスモスは満開だったんですが、ピンクや白のよく見るコスモスがまだ五部咲き。満開になった写真を見ると、本当に見事なんですが、こればっかりは残念ですが、仕方ありません。
d0016007_15485621.jpg そのかわり、百日草が綺麗に咲いていました。違った色の花が咲き乱れ、オレンジ一色のコスモスに華やかさを加えていました。コスモスより、百日草が綺麗に感じたかな^^;) 次もあって、早々に立ち去りました。
 こちらのコスモス、来週末くらいかな。ぜんぶ咲き揃ったところ、またいつか見に行こう。

 次に向かったのは、今回一番見たかった網走にある能取湖のサンゴ草。でも、ここで浮島湿原の1時間の誤算が響きました。日没に間に合うか?運転しない私がイライラ。さぞかしみかん夫はうっとうしかったことでしょうーー;) 能取湖が見えてくる高台に差し掛かった時、畑の向こうに左手にはオホーツク海、右手には湖という最高のロケーション。いつもなら絶対に写真を撮るところですが、今回は時間がない!「オホーツク海の水平線のもやの中に、瀬戸内育ちの私には、どうしても島があるように思えて仕方がない」とか、「能取湖は瀬戸内みたい」だとか、バカなことばかり言いながら、はやる気持ちと太陽の動きとを戦わせつつ最大の群生地、卯原内へと向かいました。

さぁ、間に合うか、サンゴ草?
[PR]
by haretahi | 2006-09-19 18:26 | 北海道(道東)

丘へ

 この時期、どうしても訪れたい美瑛へと行って来ました。天気予報は微妙でしたが、思い切って。結果的には出かけてよかったです。ずっと晴天とは行きませんでしたが、まずまずでした。
 ↓にも書きましたが、朝寝坊のみかんが5時起きです。さすがにこの時間なら、渋滞に巻き込まれずに済みました。有名な「ファーム富田」さんにも9:30の段階では、まだそこそこスムーズに車が入れていましたよ。

d0016007_21181863.jpg でも、今日の目的は、お花畑ではなく、美瑛の丘のじゃがいもの花と麦です。今年は、特に麦が綺麗でした。昨年の秋に蒔かれ雪の下で冬を越した「秋蒔き小麦」が今、色付いていました。数年前、友人が遊びに来た時、美瑛を案内したことがあります。その時、夕日に当たった小麦が金色に輝いていたのは、今でも目に焼きついています。今回は、残念ながら、日差しがそこまで強くなく、輝く小麦を見ることは出来ませんでしたが、そのままの色でもとても素晴らしかったです。

丘の姿をもう少しどうぞ。
[PR]
by haretahi | 2006-07-17 22:00 | 北海道(道北)

北空知、花めぐり

 日曜日は薄曇ながら、まずまずの天気でした。「はなたび北海道」のスタンプラリーに参加すべく(なんて口実)、北空知へ。

d0016007_1281450.jpg まずは、秩父別町にある「ローズガーデンちっぷべつ」へ。規模はそんなに大きくないですが、きれいに造られた庭園です。まだちょっと蕾が多いようにも思いましたが、バラは種類によって順々に咲くようですし、今は今でとっても綺麗でした。私は、個人的に開きだした花が好きなので、十分楽しかったですよ。また、秩父別の町を見渡せるロケーションもステキです。来週はイベントもあるようです。気温が高くなってきていますから、来週あたり、もっと色とりどりでしょうか。
d0016007_12135834.jpg 綺麗な花は、もちろん沢山あるのですが、私のお気に入りは、←この「ブラック ティー」。色が好きです。名前もね、またも、おいしそうでしょ。大通公園といい、別に「おいしそうだから」が理由ではないのですが、結果的に「おいしそう」なのが好みなのは、やっぱり食いしん坊だからかなぁ^^;)
 こちらには、ローズソフトもあります。芳香系のソフトクリームはどうもニガテなので、私は食べませんでしたが、興味のある方は、どうぞ。

 ちなみに、秩父別町特産のトマトジュース「あかずきんちゃん」は、超オススメです。変な臭いなんてまったくなく、すりつぶしたトマトを飲んでいるみたいです。スタンプラリー参加者は、駐車場にある食堂で、1杯いただけます。当日、ガーデン内のバラの城「ふろーら」でスタンプシートをゲットして、そのままトマトジュースのサービスへ、ぜひ行ってみて下さい。(その日の分がなくなり次第終了です。)

長くなりました。勇気を出して、こちらもご覧下さい(ーー;)
[PR]
by haretahi | 2006-07-03 13:58 | 北海道(道央)

新鮮なアスパラを求めて

 この土日は、お天気に恵まれました。先週雨で中止になった運動会も、今週は予定通り行われたようです。暖かくもなって、気持ち良いお休みでした。
 みかん夫は今朝、寝ている私をそのままにして、定山渓まで自転車で行ってきました。もともと自転車乗りで、大学時代は北海道を回ったり、弘前から福岡まで自転車で帰ったりもしたような人です。最近は忙しくて乗ることができなかったのですが、たるんだ体とチャリダーを見ると、うずうずしていたようで、やっと念願かなったわけです。とても私はついていけないので、ご飯でも作って待っているしかありませんね。

d0016007_21415495.jpg さて、アスパラが美味しい季節です。スーパーでも道内産のアスパラが出回っていますが、鮮度が命のアスパラ。スーパーだといつ採ったものかが分かりません。それで、中山峠を超えて、後志(しりべし)へと出かけてきました。
 中山峠を超える所で羊蹄山が最初に姿を見せてくれます。ここで見えるかどうかでその後の楽しみを占うようなところがある私の峠越えなんですが、見事に見えました。雲一つかかっていないその姿、ステキ。。。と手をたたいて喜んでいたら、進むごとに横に長くなり。。。「小羊蹄」じゃないの( ̄□ ̄;) 今回もやっぱり騙された!!でも、その奥に、でーんと羊蹄山はそびえていました。良かった良かった。
 羊蹄山、昨日はずっと隠れることなく見ることが出来ました。大好きな山をずっと眺めつつドライブするのは気持ち良いです。普段通る道とは違う道を行ってみたら、ダチョウを発見。ダチョウと羊蹄山のショットは初でした。まだまだ知らない景色はいっぱいあるなぁ、としみじみ嬉しくなりました。

 道路沿いに沢山の出店があるのですが、今日もいつもどおりルスツの道の駅まで出かけました。2時頃ということで、随分品薄でしたが、その端から新たに並べられたアスパラを発見。切り口がみずみずしく、見るからに美味しそうで購入しました。ついでに、先日ヒカルさんの記事を読んで食べてみたくなったホワイトアスパラガスも購入。みかん夫は缶詰のホワイトアスパラが嫌いな人で、美味しくなかったら責任とって私が食べるか。。。などと思いつつ購入。他にじゃがいもや長いもを購入して、お買い物終了となりました。

 その後、ニセコミルク工房でジェラートを食べたあと、冬季通行止が解除になったばかりのパノラマラインを走り、神仙沼へ。ちょっと遅い春の花を見れるぞ、とワクワクしながら出かけたら、そこはまだまだ深い雪の中でした。入り口がやっととけただけ。そこから今だけ現れる小川が流れています。平野部に住んでいると、すっかり初夏のようで、ついこの間まで冬だったことを忘れてしまうのですが、「通行止が解除になったばかり」という意味を、現地でやっと理解しました。北海道って、やっぱりすごいなぁ。

d0016007_22235820.jpg ニセコは良い温泉が沢山あります。入らないと損です。今回は五色温泉へ。こちらには2つの温泉宿がありますが、今回は「山の家」へ。ここは、かつて国鉄(JR)の保養所だった施設です。随分古くはなっていますが、とても立派な建物です。レンガ造りの壁や小洒落たランプなど、落ち着いた山荘を思わせる雰囲気に、かつての賑わいを感じさせますが、今ではひっそりとしています。数年前、一度閉まったこの施設ですが、復活しました。
 お湯は源泉かけ流し、源泉の温度が高いので、アンヌプリの湧き水を加えて温度を下げているとのことでした。つかってみると、みるみる肌がぬるっとします。無色透明で入っている時は気にならなかったのですが、出てみると自分から温泉らしい匂いがします。良いお湯でした。日帰り500円。ぜひどうぞ。

 ちなみに山の家の向かいにある温泉宿も私は気に入っています。そこには新しく出来た浴室ともう一つ「からまつの湯」というのがあります。実はあたらしい方は入ったことはないんですが、からまつの湯のほうが気に入って、ずっとそちらばかりです。すべてが木で出来ていて、肌あたりが気持ち良いのです。あと、数年前、夏に実家に帰ってあせもが出来てしまったのですが、帰ってここのお湯につかって、治りかけていたあせもがすっかり良くなりました。五色温泉のお湯、素晴らしいです。こちらも確か500円だったかな。ただ、こちら、すぐ上にある展望台から露天風呂が見えてしまうのが難なんですけどね^^;)

 良い景色に良いお湯、シアワセなドライブでした。

アスパラのお味
[PR]
by haretahi | 2006-06-04 22:54 | 北海道(道央)

十勝縦断

 連休3日目は、十勝を軽く縦断しました。士幌の宿を出て、足寄→池田→中札内→帯広→士幌のルート。お宿が2日とも、昨年10月にも泊まった士幌にある山の湯温泉 清渓園だったので、士幌へくるっと戻ってくるコースとなりました。

 前回も書いたのですが、こちらのお宿は温泉良し料理良し、さらに安くて気に入っています。1日目の夕食には、ワラビや行者にんにくといった春らしいものが使われていました。嬉しいはからいです。和食中心でホッとするお味。でも、2日目の夕食は、若い二人(後継ぎさんかな?初めて見ました。)が担当で、トンカツにグラタン、鮭のムニエルと、ガツンと胃に来るメニュー。世代の違いを感じました。(笑)
d0016007_1911412.jpg こちらのお宿、みかん夫が特に気に入っている点は、庭にパークゴルフのコースを3コース持っていること。しかも、クラブもボールも貸してくれて、タダでプレーできます。十勝はパークゴルフ発祥の地(幕別という町です)なので、いっそう盛んなんですかね。出発の日の朝、せっかくなので、やってから出かけました。私は、実は、ここでしかプレーしたことはなく、今回で2回目です。笑っちゃうくらいドヘタなんですが、やると結構楽しいです。天気も良くて、気持ち良い♪

d0016007_19314669.jpg さて、中札内では、またまた10月同様中札内美術村へと行きました。ここがお気に入りの場所というのもあるのですが、六花亭の包装紙の絵で有名な坂本直行の記念館が復活したとメルマガで見たからです。好きなんですよ、彼の絵。生涯に関する話が半分を占めていて、背景が分かったのも良かったです。でも、大きな窓から見える景色は、秋とぜんぜん変わってなかったな。晴天続きの連休の中、この日のみどんよりしていたので、ちょっと寂しい雰囲気。でも、これはこれで落ち着く風景で心地良かったな。

d0016007_19454212.jpg 最後に士幌に戻って、士幌高原ヌプカの里へ。水芭蕉園があるとガイドマップに書いてあったので、時期的に訪れてみたかったのです。看板はすぐに見つけましたが、そこへ向かう入り口にはゲートが。それはくぐって、雪の残る小川にかかる橋を越えると、牧場らしき空間が広がっています。でも、一本道のようで案内もなく、さらに有刺鉄線が足元に倒れています。夕方だったし、不安になったのですが、先に走って行ってしまったみかん夫を追いかけて行くと、なんと、ありました!(看板があるんだから当たり前か。) しかも、群生しています。綺麗!去年の鳥海山の水芭蕉といい、こういうちょっと分かりにくい所だから、群生して生き残っているのかなと、ちょっと思ってしまいました。でも、良かった、見れて。

十勝で見つけたおやつ
[PR]
by haretahi | 2006-05-09 20:20 | 北海道(道東)