タグ:百合が原公園 ( 42 ) タグの人気記事

晩秋の百合が原公園

 お天気は良かった札幌です。でも、やっぱり寒いです。今までマフラーは綿素材のものだったのですが、とうとう毛のマフラーになりました。寒くないように備えて散歩しても、やはり空気が直に当たる頬などは寒い。でも、夏のようにパワーはないけど、やはり日にあたっているとじわーっと暖かく、「ありがたいなぁ」としみじみ幸せを感じました。

 しばらくぶりの百合が原公園でした。リリートレインが平日走らなくなって、駅にあたる建物も閉まっているせいか、広々とした芝生がなんだか寒々としてどことなく寂しく見えました。公園を歩く人も随分少なくなりました。最後の花、ダリアも色あせ、公園は冬への支度が着々と進められています。

d0016007_2131843.jpg そんな中、「世界の庭園」内にある日本庭園では、紅葉が見事でした。そう、あまりに美しかったので、人がいないのをいいことに、思わず「もみじ」を熱唱してしまいました^^;) どんな紅葉を見ても綺麗だとは思いますが、日本庭園には本当によく似合うなと実感しました。
 これからは、お隣の中国の庭園「瀋芳園」のツタが、まだまだ赤く染まっていくことでしょう。花に引けをとらない葉の赤、まだまだ楽しめそうです。

d0016007_21363167.jpg もう一つ、温室内で行われている「木の実・草の実クラフト展」も見てきました。こちらはなんともかわいらしい展示です。展示といっても、草木の中に自然に飾ってあるので違和感がありません。外よりもちょっと暖かい温室内で、愉快な音色が聞こえてきそうでウキウキしてきます。更に、実りの秋だけに、柑橘類や柿といった果実も沢山なっていました。クラフト展は11/26(木)まで。柑橘類はまだまだ実が青いものが多かったですし、木になっている姿を北国ではそう見ることもないと思うので、出かけられてはいかがでしょう。

衝撃!
[PR]
by haretahi | 2006-10-24 22:07 | 札幌

空は清々しい青空なのに……

d0016007_13105773.jpg

百合ヶ原公園に来ました。まだ1時だというのに、あたりはすっかり夕方のようです。
来る時、愛車の後輪がパンクしてしまいました( ̄□ ̄;)公園の近くまで来ていたのでひとまずやってきましたが、帰りはどれくらいかかるんだろう……(T_T)

えーいo(><)o
悔しいので、存分に楽しんで帰りますっ!
[PR]
by haretahi | 2006-10-24 13:10 | お出かけ中

背中に浴びるお日さま

d0016007_22494642.jpg またまた良いお天気の札幌です。こんな日は、相変わらず家にいることができず、百合が原公園へと出かけました。
 ススキがすっかり穂を伸ばし、風に揺れていました。すっかり秋です。日陰にいては寒いくらい。お日さまに背を向けてお弁当を食べました。少し前まで「日焼けが~」って日陰を選んでいたのに、今日は背中にあたる太陽が暖かくて気持ち良い。背中がぽかぽかしてくると、自然にシアワセ~な気持ちになれて、しばらくぼぉっとしていました。お昼寝をしようと思って出かけたのですが、持って行ったシートが小さすぎてムリでした。買った野菜にうーたんに、小さなシートの上でぎゅうぎゅうにつめて座っている自分が、なんだか滑稽で。(笑)

 実りの秋なんですよね。色々と実がなっていました。d0016007_2259020.jpgd0016007_22593892.jpg
 美味しいのか気になったのですが、あまりに知識がないので口に入れるのはやめておきました。若葉さんなら食べちゃうんだろうな、と思いながら写真を撮っていると、「一緒に来ればよかったな」と。食欲という煩悩に、いつも通り頭の中が支配されていました( ̄▽ ̄;)

d0016007_2373339.jpg この時期のお花はダリアだけかと思っていたら、別の花も発見。クロッカスに似てるけど、正しいかは分かりません。でも、やさしい色合いでかわいらしかったです。蕾もつくしんぼみたいで、なかなかおもしろいんですよ。ユリが咲いていた辺りに咲いていましたから、これから行かれる方は見てみて下さいね。

 リリートレイン、10月からは土・日・祝日だけの営業になっていました。あと、リリートレインのホームのある建物のレストランと売店も。そろそろ、北海道の観光シーズンも終わりが近くなってきましたね。そう思うと、ちょっと寂しいですね。ちなみに、リリートレインの今季の営業は10/29(日)までだそうです。

ダリア通信
[PR]
by haretahi | 2006-10-05 23:46 | 季節の移ろい

お散歩オフ

 台風が過ぎ、随分涼しくなった気がした札幌です。旭岳では山頂に初雪が降ったそうです。天気予報では、紅葉情報が提供されました。札幌あたりは10月中旬が見ごろだそうです。平年よりは少し遅めとか。。。すっかり秋だとは思っていましたが、本気で秋モードに入った気分です。

d0016007_023510.jpg 今日はsnow-crystalsのmokoさんとお会いしてきました。場所はおなじみ百合が原公園。mokoさんもご実家が近くなんだそうです。
 初顔合わせの私達。私の目印はうーたん。やっぱりこれがわかりやすいかなと思って^^;) 他に同じの持ってる人はいないだろうし。そんな私を探すmokoさんは恥ずかしかったかな?
 mokoさんてば、←こんなステキな手仕事おみやげまで準備してくれて。ありがとう♪ブログで見るまま、やっぱりすごいなぁ。

 お昼にお会いして、お子さんと三人で芝生にシートひいてお弁当。一歳半のお子さんには、広い芝生が楽しくて仕方ないのでしょうね。きゃっきゃと歩き回ってました*^^* あと、ダリアやコスモスといった花を見て歩いたり、六花亭でお茶したり。
d0016007_23282675.jpg 手仕事の話、結婚前の仕事の話、お互いの家族や生活の話、などなど色々お話しました。mokoさんの声って、なんだか落ち着く優しい声なんですよ。そして、しっかりした口調。ブログにも手仕事にも、しっかり考えをお持ちで。そして、お母さんとしての一面。ブログのままのようでブログとはまた違った魅力。そういうのに触れられた初対面でした。

 そして、今日もまた、ブログのおかげで広がったご縁に感謝。
[PR]
by haretahi | 2006-09-21 23:54 | 日々の暮らし

自然の恵み 人の温かさ

d0016007_18532190.jpg 快晴の札幌でした。気温も上がって、日差しが久しぶりにじりじりと暑かったです。

 今朝起きたとき、霧が出ていて驚きました。札幌ではあまり見ないような気がします。でも、1時間もしたら晴れて、窓から差す日差しは眩しくて、目がパッと覚めました。温かみのある光とカーテンをゆっくりと揺らす風は心地良かったです。こんな日は家に居れません。「どこに出かけようか」、そればっかり頭の中で考えてしまいます。そうこうしていたら、ひろさんが「百合が原公園へ行こう」とお誘いの電話をくれました。ラッキー♪こんな気持ちのいい日は、いいことが続くな、と嬉しくなった朝でした。

d0016007_19184257.jpg お昼過ぎに待ち合わせをして、まずは温室へ。先日のひまわりに加え、始まった「ハイビスカス展」。温室の中はトロピカル。(ちょっと暑かったA^^;) それから、芝生広場の木陰でお昼ご飯。その後はごろね。見上げる空は雲ひとつない快晴。木の葉に光が差してキラキラして綺麗。風も爽やかで本当に寝てしまいそう。。。と思っていたら、魔法使いひろさんが、そんな気持ちのいい中でマッサージをしてくれました。うーん、この世のゴクラク!リラックスしたら空の青さが増して見えました。しかも、「こんな気持ちいい所にいたら、マッサージしてあげたくなった。こういうのもいいな。」って、ひろさん。ステキ過ぎます(T-T)

d0016007_1929864.jpg それから公園の中をお散歩。咲き始めたダリアやまだ咲いているバラやユリなどをゆっくり見てまわりました。「世界の庭園」も見て、サイロ展望台から百合が原公園を一望して一通り終了。
 ところで、サイロの側にある栗の木の下に、たくさんいがぐりが落ちていました。大きな栗の木の下に、枝ぶりに合わせてまぁるく。なんだかかわいい。散歩中の犬がいがにあたって痛そうにしているのもかわいかった(*^-^*)

 どんなに日差しが強くても吹く風はちょっと冷たい秋風。「やっぱり秋なんですね」なんて話をして、ひろさんとはお別れしました。

 若葉さんの時もそうだったのですが、いつも行く百合が原公園ですが、人と行くとまた、違った発見があって楽しかったです。ひろさんには、ゆっくり大地のパワーをもらう術を教えてもらったように思います。ありがとうございました。
[PR]
by haretahi | 2006-09-08 19:59 | 季節の移ろい

ゆく季節を惜しむ

d0016007_22331619.jpg 昨日に続き、札幌は過ごしやすい1日でした。昨日半袖では肌寒かったので、今日は長袖で自転車に乗りました。ほんの少し冷たくなった風が、気持ち良いです。

 1ヶ月ぶりに百合が原公園へ出かけたのですが、公園のすぐ手前にある畑では、たまねぎの収穫をされていました。この畑をはじめ、東区はたまねぎの産地なので、あちこちにたまねぎ畑があるんですよ。札幌は、ちょっと郊外へ行くと畑が広がっているのが好きです。d0016007_232610.jpgこうやって機械で収穫する姿を間近で見ると、いつも楽しくてたまりません。(冬の排雪とか、私は大きな機械で行われる作業を見るのがどうも好きみたいです。) ちなみに、たまねぎの収穫ははじめて見ました。どの機械もそうですが、本当によく出来ているなと感心します。
 さて、この畑、今年は百合が原公園へとよく通ったので、作付けから成長、そして今日の収穫まで、ずっと見てきた気がします。畑に見る季節の移ろい。雪のない季節は駆け足で過ぎて行く気がします。

 今日のように涼しいと、すっかり秋だなと思います。コスモスが本当に綺麗です。今日みたいに風がそこそこある日には、細い茎を思いっきり揺らされて、それでも飛ばされないようにふんばっています。そんなところもなかなか健気で目が行きます。

去りゆく季節
[PR]
by haretahi | 2006-09-02 00:26 | 季節の移ろい

初めての百合が原公園

 今日の札幌、夏らしいお天気でした。空には青空が広がって、気温も上がり、でもカラッとしている。百合が原公園の芝生の上を吹きぬける風は、それは爽やかで気持ちのいいものでした。

 さて、どう見ても、百合が原公園、初めてじゃないですよね、私!? 実は、みかん夫以外の人とゆっくり見て歩いたのが初めてなんです。今日は若葉さんとお出かけしてきました。若葉さんは、植物を相手にお仕事をしていた方なので、とっても詳しいんですよ。もう、新しい発見が多くて、始終「へぇ~!」と言いっぱなしでした。例えば、お花にはネームタグがついているんですが、木にはついていません。なので、木には意識を向けたことがなかったのですが、今日は、「栗の木」「菩提樹」など木の名前を教えてもらったり、木に咲く花やその実をまじまじと見たりと、新鮮な驚きがいっぱいでした。また、草や花の名前も聞けばたいてい教えてもらえるので、いつも以上に楽しいんですよ。

d0016007_20305822.jpg 他にも、このオトギリソウ→。花事態、華やかだし、実の赤や黄色は私の好み。一人なら、写真を撮ってそれで終わりだったでしょう。でも、「この実はよくお花屋さんで売られているよ」と教えてくれました。「そう言えば!」と、繋がるわけです。言われなければ、単にかわいくて好き、で終わってしまって、気付きもしないことだったと思います。
d0016007_20395414.jpg また、この花←(名前聞いたかもしれないですが、忘れました^^;)、先週見たとき、小さな蕾がたくさんぶら下がっていて、それがきゅうりみたいな形でおもしろいなと思ってはいたんです。今日その花が咲いていて、彼女は下向きに咲いた花をくるっと自分の方へ向けて、「外は赤だけど、中は黄色いんだ」と一言。私、たぶん触ってみることはしなかったと思います。でも、そうしなければ決してわからなかった花の姿なんですよね。そういうのが、いちいち新鮮でした。

 でも、何でもどんどん触っていくのには、正直驚きました( ̄▽ ̄;) 知識があるからだとは思うのですが、私はちょっと怖くて出来ないから。ちなみに、実もつい食べてしまって、ダンナさんに怒られるそうです。(あっ、言っちゃった ^。-☆)

ユリ通信第4号はコチラ
[PR]
by haretahi | 2006-07-27 21:27 | 季節の移ろい

見方を変えてみる

 午後からまた夕立が来るということだったので、午前中に焦って百合が原公園へと出かけましたが、我が家あたりでは降られずに済みました。また、出かけた時間帯は青空も見えて、蒸し暑かったです。今日は涼しめの予報だったので長袖で出かけたら、裏目に出ました。ちょっと辛くて、ちょうどカメラのバッテリーも落ちたし、いつもほど丁寧には見ずに帰ってきました。(2時間くらいかな。) それでも、やはり綺麗でしたよ。遠目に見ても、沢山の花が咲いているのがわかりますから。

d0016007_16404412.jpgd0016007_16414779.jpg 今日は、いつもとちょっとだけ見方を変えてみました。←写真奥のサイロ展望台に登ってみたのです。そこから世界の百合広場を眺めると、デザインされて植えられているのがわかります。→分かりにくいかもしれませんが、手前は星型になっていて、奥もきれいな幾何学模様になっています。一つ一つを丁寧に見るのも楽しいですが、こういう見方も良いなと思いました。

 何でもそうですが、ちょっといつもと違った見方をすることで、新しい発見があったりするのって、得した気分で楽しいですね。

ユリ通信第3号はコチラ
[PR]
by haretahi | 2006-07-19 17:42 | 季節の移ろい

夕涼み

 ここ数日、とても蒸し暑いです。蝦夷梅雨の季節なので、雨が降る上、気温が上昇。札幌でも、30℃に手が届きそうな勢いです。本州の皆様から見れば、それでも「涼しい」のかもしれませんが、本州だとどこでもある「冷房」が、札幌でも意外とありません。こう蒸し暑くなってくると冷房が恋しくなってしまうのは、やはり本州人感覚なんですかね?!南国育ちでありながら、昔から暑がりな私、昨日あたりから、かなりバテてます。晴れの日好きでありながら、夏(暑さ)がニガテなんて、我ながらわがままこの上ない性格です( ̄▽ ̄;)

d0016007_11255831.jpg 昨日、「今夏一番の暑さを記録」し、その予報を聞いただけで朝からすっかり伸びてしまって、体が重くて仕方ありませんでした。とは言え、だらだらして一日が終わるのも忍びなく、夕方、少し涼しくなった頃から、百合が原公園へと夕涼みに出かけました。気候のせいか、いつもより人が少なかった気がします。一方で立派なカメラをお持ちの方は多かったかな。ラベンダーが咲いてきました。この涼しげな色、香り、安らぎます。しばらくそこでゆっくり味わいたいような気分でしたが、蜂に蝶に忙しそうで、オジャマしても悪いし、ユリを眺めに移動しました。

ユリ通信第2号はコチラ
[PR]
by haretahi | 2006-07-14 12:10 | 季節の移ろい

色とりどり

 いいお天気の札幌でした。お出かけ先から、初の携帯投稿。実は、出来ないと思っていたんですが、できるんですね。ちょっと臨場感を試みました。

d0016007_20533450.jpg お出かけ先なんてもったいぶったところで、行った先は百合が原公園です。これからは、ユリの季節、晴れて予定がなければ出かけます。今日は、風が強かったので、自転車乗りと写真撮りには、ちょっと大変な日でした。でも、明日から天気は下り坂。今日を逃すわけにはいかないのです!(笑)

 今日は、花の配色のコントラストが妙に目に飛び込んでくる日でした。d0016007_20583491.jpg
 最初に目にとまったのは、シロツメクサとブタナの花畑でした。花畑といっても、近いうちにきっと刈り取られてしまうだろう、草っぱらです。でも、ベンチを取り囲むようにびっちりと弧を描いて咲いた野の花は、力強くて眩しかった。何よりも先に、写真を撮りました。
 次は、リリートレインの駅の側。花のピンクや紫、芝や木の緑、空の青。それらが調和して絵になります。今日はこれを横目に眺めながらのランチ(↓下の記事)でした。d0016007_2143667.jpg
 最後は、見るも鮮やかな配色の花壇。ポピーの黄色にバラの赤。見ているだけで元気になりそうな組み合わせです。去年までは、赤いバラだけの花壇でしたが、ポピーが入ったことで、ぱぁっと明るくなりました。周りを取り囲むように植えられたラベンダーも随分紫が濃くなってきました。もう少しで、このあたりは風にのって、爽やかな香りが漂うようになるんですね。今日は一足先に、手で蕾をなでて、香りを楽しみました。あと、一歩です。

今年もお届けします。ユリ通信第1号。
[PR]
by haretahi | 2006-07-10 21:58 | 季節の移ろい